スポンサーリンク

がんの自由診療は悪なのか?

LINEで送る
Pocket

9月23日(土)に放映された『スーパープレミアム「医師の闘病から読み解く がんを生きる新常識」』、3時間の番組なので、やっと録画を視聴することができました。

がんを宿した医者が多数出演していましたが、みなさん、自分ががんになった時の衝撃を語っていました。主治医に対して「しょせん、人ごとなんだ」という感想を漏らす女医もいました。

医師の7割は標準治療以外を認める

意外だったのは、標準治療以外の自由診療を認めるか認めないかという質問に、7人の医者のうち5人が条件付きで認める(△)と答えたことでした。

Stationtv_x_20171004_083122833

左端の門田守人、国立がん研究センター理事・日本医学会会長は、当然「認めない」です。

△を書いた方も温度差があり、ご自身がまだ保険診療として認められていない腫瘍脊椎骨全摘術を受けられ、その後の再発で重粒子線治療を受けた女医さん、ご自身の胃がんに対して、術前化学放射線療法を受けた近畿大学学長で消化器外科医の塩崎均氏は「標準治療が効かなくなった患者が、自由診療をやりたいといわれたら、やってあげたい気もある」と語っていました。

海外ではエビデンスがあるが、日本ではまだ認められていない治療法ならという条件付きの方が多かったようです。免疫細胞療法などの巷の治療法には否定的な印象でした。

それぞれの考えがあって良い

医者も自分ががんになると、なんとか治りたい一心で標準治療以外の治療法を必死で探すのですね。あたりまえですが。

医師で僧侶で末期の膵臓がんの田中雅博さんは、一切の標準治療以外の治療法は拒否されました。

大腸がんの外科医で、末期の胃がんに罹った西村元一さんは、免疫細胞療法を受け、がん封じ寺詣でもしました。

それぞれの考え方があって良いと思います。標準治療以外は一切ダメという一部の腫瘍内科医の方が例外的な存在ですね。

確かに免疫細胞療法などを標榜する巷の悪徳クリニックは問題です。しかし一方で夫を膵臓がんで亡くした石森惠美さんは、免疫細胞療法に効果はなかったのですが、後悔はしていないと言います。それは、

夫は免疫療法のクリニックに行くのを楽しみにして、帰る時はいつもニコニコしていました。こうした怪しい免疫療法を批判する医師は、『そんなお金があったら世界一周旅行でもしたらいい』とよくおっしゃるのですが、患者や家族が求めているのは、普段と変わらない日常が続くこと。免疫クリニックは医師から受付の女性まで皆、夫の日常を支えるという姿勢を見せてくれました。

からです。少なくともその間「希望」があったのです。

「手術はできません。抗がん剤は延命治療です」「もう治療法はありません。あとは緩和ですね」と言われて、田中雅博師のように泰然と死を受け入れられる患者は多くはないでしょう。

がん拠点病院が樹状細胞療法をやっているのがけしからんと一部の腫瘍内科医が呟いています。西村医師が免疫療法を受けたことでも非難していた方たちです。でも、試しにやってみて効果が感じられなければ止める。あれば続けてみる、で良いのではないでしょうか。

エビデンスのない治療法に数百万円もかかると言うが、本人が納得の上なら結構でしょう。エビデンスのない治療法は金を取らないで臨床試験でやるべきだと言っています。正論かもしれません。しかし、数億から数十億円の費用を負担できる機関がどこにあるのでしょうか。アメリカのように、広く一般に行われている代替医療は国の財源で臨床試験をやればよいので。その上で効果が実証できなければ禁止すれば良いのです。

正しい医学的知識をかれらに教えたり、かれらの身体をモノとみなして介入すれば解決する問題ではない。むしろそこで重要になるのは、医学を目の前の患者にインストールすることではなく、標準化が不可能なそれぞれの患者の人生の文脈に、医学という知をどう混ぜ合わせていくか、医療者の持つ専門知と患者の人生の間にどのような再現性のない知を立ち上げ、実践し続けていくかである。
医療者の仕事は、医学を医療に変換することである。

番組でも(塩崎さんだったか)語っていたが、「これとこれの治療法があります。来週までによく考えて決めてください」、あるいは「アブラキサンとジェムザール、TS-1、FOLFIRINOXが膵臓がんで使える抗がん剤です。どれにしますか?」と患者に放り投げるがん拠点病院の医者。

こうした似非インフォームドコンセントが、がん難民をつくり、巷の自由診療、代替医療に追いやっているのではないか。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 「一日一万歩」は健康に悪い!「一日一万歩」は健康に悪い! よく一日一万歩歩け、と言いますが、かえって健康にはよくないという説があります。 「1日1万歩で健康になる」は大きなウソだった 東京都健康長寿医療センター研 […]
  • 肥満は膵がん術後の死亡率を2倍にする肥満は膵がん術後の死亡率を2倍にする 玄関先にスノーフレーク(鈴蘭水仙)が咲きました。pivoさんからこの花の名前を教えていただきました。 体格指数(BMI)の値が35を超える肥満者は、リンパ節 […]
  • 車のオイル交換は一年一回でよい車のオイル交換は一年一回でよい 一年ぶりに愛車ハリアーのオイル交換をした。前回は昨年の7月だから正確には1年2ヶ月ぶりになる。この間の走行距離は約10000キロ。入院後のここ数ヶ月はほとんど走っていないから例年 […]
  • 運動不足だから散歩写真運動不足だから散歩写真 コロナ禍以来、血糖値も高めを維持しています。なんとかしなきゃということで、ここ数日はカメラを持ち出して散歩写真です。 蒲田は高級食パンの<新>激戦区だそうです。それらの店を […]
  • 酔っぱらってレッスン 今日は神田で会議。その後の懇親会で生ビールを一杯と泡盛のロックを3杯飲みました。古酒の泡盛をなみなみと注いでくれたので、おいしくてぐいぐいと飲み干しました。チェロのレッスンがある […]
  • 集学的治療により、膵癌術後の肝転移が消失集学的治療により、膵癌術後の肝転移が消失 日本膵臓学会の学会誌『膵臓』8月号に載った症例報告です。 ステージⅡで膵頭十二指腸切除術を行い、術後はTS-1を服用 […]
  • 医者ががんになっても先輩患者の助言は役立つ医者ががんになっても先輩患者の助言は役立つ 西村元一さんの5月12日付コラムがヨミドクターにありますが、こんなことを話しています。 「患者同士が交流する意義」  今回、自分自身が患者の立場となり、今まで医師 […]
  • 焼きすぎの肉はすい臓がんの原因=米の研究焼きすぎの肉はすい臓がんの原因=米の研究 肉の炭になるような焦げは以前からがんのリスクを高めるとはいわれていましたが、膵臓癌のリスクは60%も高くなるそうです。 ミネソタ大学のアンダーソン氏らの研究です […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です