がんゲノム検査が健康保険適用に

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

4月1日から、がんゲノム検査が健康保険適用となります。

これまでは先進医療として行われてきましたが、検査費用が24万5000円~91万5000円かかっていました。

がん遺伝子パネル検査の費用(オンコロのサイトから)

これが保険適用となることで、4月からは、たくさんのがん患者が殺到することが予想されます。がんゲノム検査を希望している患者は、がん相談支援センターで必要な書類を確認するなど、早めの準備をしておいた方がよろしいでしょう。

がんゲノム検査とは

膵臓がんには多くの遺伝子変異が見つかっており、あなたの膵臓がん腫瘍に、どのような遺伝子の異常があるのかを調べることができます。これが、がんゲノム検査(遺伝子パネル検査)です。

膵臓がんには、KRAS,TP53,CDKN2A(p16),SMAD4,BRCA1/2,ALK,NTRKなどの遺伝子変異があることが知られています。

もしも、他のがんで使われている治療と同じ遺伝子変異があれば、その治療法を使えるかもしれません。

膵臓がんでは、使える治療法が限られています。しかし、がんゲノム検査によって、他のがんで使われている治療法にアクセスする選択肢が増えることになります。

がんゲノム検査を受けた患者の半数に、治療の決定に影響を与える遺伝子変異が見つかっており、他のがんで使われている分子標的薬などによる治療、臨床試験へ参加する可能性が広がります。


スポンサーリンク

がん情報サービス「がんゲノム医療 もっと詳しく知りたい方へ

がんゲノム医療中核拠点病院には11カ所、がんゲノム医療連携病院には135カ所が指定されています。

オンコロのサイトから

対象となる患者

対象となるのは、「標準治療がない、標準治療が終了している、もしくは終了が見込まれる固形がんの患者です。

また、膵癌ではこのような記事もあります。↓

このゲノム医療において、膵がん治療に関するトピックがアメリカで報告されている。

「クリニカルシーケンスによって膵がんは大きく4つのタイプに分類されています。このうち、全体の約2%という特殊タイプともいえるMMR(ミスマッチ修復遺伝子)が欠損している膵がんには、免疫チェックポイント阻害薬の1つキイトルーダが効くことがわかったのです。すでにアメリカでは適応承認されており、将来日本でも使えるようになる可能性が高い薬です」(既に承認されている

「このほか、膵がん全体の10%を占めるHRR(相同組換修復関連遺伝子)に異常があるタイプは、プラチナ製剤が効きやすいとされていますし、BRCA1/2遺伝子変異に対するPARP阻害薬オラパリブの奏効も報告されています。特にBRCA変異に関しては、本院でもオキサリプラチンとTS-1の併用療法(SOX)が奏功した症例があります」

国内でも現在、PARP阻害薬ルカパリブの前向き研究も行われているという。今後、効果が期待できる薬が増えていき、エビデンスがさらに蓄積されていくことに期待したい。

4月から保険適用になるので、今すぐゲノム中核病院の相談支援センターに連絡し、がんゲノム検査を受けるために必要な手続きについて相談してください。

また、主治医にも相談し、適用になるかどうかを確認してください。

初年度ですから、受けられる患者の数が限られるおそれがあります。今から準備を始めましょう。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 新しいがん治療新しいがん治療 東京新聞って、朝日や読売に比べて医療記事が少ないのですが、本日の特集は「新しいがん治療」 CAR-T療法、光免疫療法、ウイルス療法の紹介でした。 CAR-T療 […]
  • 膵臓がんの臨床試験:WEE-1阻害薬膵臓がんの臨床試験:WEE-1阻害薬 WEE-1阻害薬には、抗がん剤の増刊作用、放射線感受性の増刊作用があり、がん細胞を死滅されるのに効果を発揮するということらしいです。日本でも、アストラゼネカ社が固形がんを対象に、 […]
  • ゲノム・シークエンス―世界の趨勢に遅れているゲノム・シークエンス―世界の趨勢に遅れている 先の記事「プレシジョン・メディシンのまとめ」の続きです。 前回の記事を書いたあと、遺伝子解析に関して調べてみたが、どうにも納得できない点がいくつかある。 全ゲノム […]
  • 遺伝子解析は全ゲノム検査へ遺伝子解析は全ゲノム検査へ 日経の記事を見ると、遺伝子検査でイギリスは一番進んでいる。 日本の遺伝子パネル検査はせいぜい数百の遺伝子解析だが、イギリスは 国民医療制度(NHS)の下で […]
  • 臓器横断型新薬の「エヌトレクチニブ」が膵臓がんで使える臓器横断型新薬の「エヌトレクチニブ」が膵臓がんで使える 転移・再発した膵臓がん患者の方に朗報です。 NTRK融合遺伝子陽性の固形がんに対する国内で初めての治療薬 中外製薬の9月4日付ニュースリリースによると、 「NTRK融合遺伝 […]
  • GI-SCREENからMONSTAR-SCREENへGI-SCREENからMONSTAR-SCREENへ 産学連携全国がんゲノムスクリーニング「SCRUM-Japan」の第三期プロジェクトを開始すると、国立がん研究センターのサイトに発表されています。 消化器がん […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。