腫瘍内科医はユーチューバー

スポンサーリンク
【日 時】2019年8月31日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:緩和ケア医 大津秀一先生「膵臓がんの緩和ケア~これだけはおさえておくこと~」(仮)
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
参加申込み受付中です。
LINEで送る
Pocket

再手術して2日目、徐々に頭の働きも正常に戻ってきました。人間、トゲが一つ刺さっていても正常な判断に支障が出るのですね。まして背骨が炎症していたらそりゃまともなことも書けません。

朝日新聞digitalに、押川勝太郎先生の紹介ができていますね。

押川先生とはブログの「がん治療の虚実」以来のお付き合いです。

アフィリエイターの中では「ブログはオワコンだ。これからはユーチューバーだ」と言われて久しいですが、早速その流れに乗っています。

遠隔緩和ケアの大津秀一先生もそうですが、押川先生ら若いお医者さんが、ITを浸かった新しいことにチャレンジしています。今後はAIを使った新しいチャレンジが出てくるのでしょう。

私なんぞ、1時間の動画を見るよりは、その文字起こしをしたものの方が早く読めて便利なのですが、以外と高齢者でもYouTubeを好む傾向があるようです。

6年の浪人生活をして医学部に入学したとは、やはり並みの経歴の持ち主ではなさそうですね。常識的な優等生タイプとは違うのが押川医師です。

『膵臓がん患者と家族の集い』には毎回手弁当で参加してくださってますが、あまり有名になって来れなくなっても困るなぁ。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 医者と患者のすれ違いはなぜ起きるのか?医者と患者のすれ違いはなぜ起きるのか? 「科学的な個別性」を患者は求めているわけですが、近年、個別化医療(プレシジョン・メディシン)に力を入れられています。患者の「自分に効く治療法」への要求にある程度は応えられる望みが […]
  • 製薬企業と大学病院、学会のダメな関係製薬企業と大学病院、学会のダメな関係 今朝の東京新聞朝刊です。 <税を追う>製薬71社が寄付288億円 大学病院や学会へ ワセダクロニクルが医師個人に渡った資金をデーターベース化していますが、こち […]
  • 複々線化、完成です。複々線化、完成です。 今日は整形外科で脊柱管狭窄症の術後のチェックです。 「お変わりはありませんか」という先生に、 「おかげさまで間欠跛行は全くなくなりました。長い距離を歩いても足 […]
  • 高齢者や虚弱な患者には、低用量抗がん剤でも同じ効果高齢者や虚弱な患者には、低用量抗がん剤でも同じ効果 がん治療の一部の領域では、“少量がより好ましい”ということが一般的に言われ始めており、患者の生活の質の向上に成果をあげています。 抗がん剤治療は基準量でなけ […]
  • 使えない、がんゲノム検査使えない、がんゲノム検査 中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)が29日、「がん遺伝子パネル検査」を保険適用すると決め、6月1日から適用される見通しです。 マスコミでもバラ色の政策のよう […]
  • 静岡がんセンター:副作用対策の冊子を公開静岡がんセンター:副作用対策の冊子を公開 静岡がんセンターで使用している、患者さんのためのがん薬物療法説明書をダウンロードできます。病気の種類・使用する薬の組み合わせ別に、患者さんに知っておいてほしい内容を1冊にまとめま […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です