緊急入院してます。

スポンサーリンク
【日 時】2019年6月22日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 90名
【内 容】
●講演:がんと心の関係~サイモントン療法による癒やし~
川畑のぶこ氏(NPO法人 サイモントン療法協会)によるサイモントン療法とマインドフルネスの講演およびエクササイズ
●患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
参加申込み受付中です。
Pocket
LINEで送る

1+

ブログも4日ぶりですか。前回の記事を書いている途中から気分が悪くなり、39度の発熱に悪寒がするようになりました。

9日の仕事は急遽休みの連絡を入れて、近くの外科クリニックへ。

どうも前回の手術箇所に菌が感染し、化膿しているらしい。すぐに手術した病院に行くようにとの助言を貰ったので、翌日整形外科にあさイチで。

院長の診察があり、MRIを撮ったらそのまま手術室へ。緊急手術です。部分麻酔で1時間ほどの手術で膿を全部取り出しました。一部麻酔が効かない部分があって、唸ってました。

脊柱管狭窄症の術後の合併症で1%位の確率で起きるそうです。手術室は無菌といっても完璧ではないですから。

そのまま入院です。携帯の充電器すらも持参してないので、本日娘に入院道具一式を持参して貰いました。やく2週間の予定です。

 

バタバタしている間に、変な批判記事が出ていますね。CAR-T療法や免疫チェックポイント阻害薬が効かない患者がいるのは、エピジェネティクスが関係しているのではないかという記事に対してですが、

>私が、相当憎いのかな?

と書いてあるところを見ると、どうやら免疫療法について何か書くと、彼への批判になるようです。(批判記事ですらないのですが)

この方、以前から免疫(細胞)療法を批判への論評をすると、自分への批判と受け取って(これも理不尽な話しですが)攻撃をしてくるのですが、今回はそれでもないのにどうしてですかね。

まったく当人を念頭に置いていない記事なのですが、ヤクザか飲み屋の客引きのように、しつこく絡むのは止めてくださるよう、お願いいたします。

自意識過剰か、病的な被害妄想なのかもしれません。少し怖いです。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 退院しました。退院しました。 左側の椎間板にも異常はないし、これでしばらくは腰のことは考えなくても良いでしょう。ですが、1割くらいは再発して再手術が必要になるらしいです。そのためには、腰に負担をかけない正しい […]
  • 『すい臓がんカフェ』を終了した理由『すい臓がんカフェ』を終了した理由 今回の『すい臓がんカフェ』の活動終了と、その趣旨を引き継いで新たに立ち上げた『膵臓がん患者と家族の集い』に関して、皆さんにはご心配とご懸念をかけたことをお詫びいた […]
  • 術後24時間経った術後24時間経った 脊柱管狭窄症の手術が終わり、動けば傷口が少し痛いけど、徐々に治まってくるらしい。狭窄で圧迫されていた神経は、少し圧迫が少なくなったのか、手足のしびれ感がなくなったような気がします […]
  • 四万十のゲリラ医者四万十のゲリラ医者 岩間四万十茶屋から見た岩間沈下橋 先週四万十に行った折りに、立ち寄ったところが2カ所ある。 大野内科は、赤鉄橋の橋のたもと、トンボ公園に向かう途中にあった。(両方の看板が見えま […]
  • 事故が大きければ、政府は決して真実を知らせない(1) 原発関係の本を3冊。 『原発ホワイトアウト』 『福島原発事故 県民健康管理調査の闇 (岩波新書)』 『原発事故と科学的方法 […]
  • がん研有明の漢方がん治療:漢方で転移がんが消えた! がん研の星野惠津夫先生が2冊目の本を上梓されています。2010年に出版された『漢方で劇的に変わるがん治療』はがん治療における漢方の効果を説明したものでした。3年前に読んだ印象 […]
1+
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です