スポンサーリンク

がんクリニックの見分け方

LINEで送る
Pocket

緩和ケア医の大津秀一先生のブログが興味深い記事を載せています。

次のようながんクリニックは注意が必要

たくさんありますが、

Ⅰ 適応外の抗がん剤や分子標的薬、オプジーボやキイトルーダ等の治療を自費で行うところ

Ⅱ 2019年現在効果が確認されている免疫チェックポイント阻害薬ではない免疫治療中心のところ

Ⅲ 食事でがんが治ると謳っているところ

Ⅳ ビタミンC大量療法(→プラセボとの比較試験を欠いているので、どれだけ寄与するかは不明確とアメリカ国立がん研究所のホームページに記載)や温熱療法(→標準治療になるためにはまだまだ研究が必要なことがアメリカ国立がん研究所のホームページに記載)などの効果を過剰に伝えているところ

などが挙げられるでしょう。

美容整形外科や眼科、歯科医まで「免疫(細胞)療法」を謳っていますから、本当に氾濫しています。

ただ、がん患者が「もしかしたら私には・・・」と考える気持ちはよくわかります。統計的な科学的根拠はなくても、著効例はあるではないか。1%でも可能性があれば挑戦したいという気持ちです。経済的に余裕があればそれも良いでしょう。私ならやりませんが、というのが私の考えです。無下に否定はしません。

しかし、歯科医までが参入しているような治療法に、効果を期待できるのでしょうかね。

これらの免疫療法クリニックも、患者の血液を採りだして、白血球を培養して再び体内に戻すのですから、平成26年11月に施行された「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に、細胞を培養する施設が満たすべき基準が定められているのです。国への届出が必要になります。

こちらにそのリストがありますが、数えきれません。

上記の法律では「再生医療等委員会」の設置が義務づけられているのですが、「〇〇法人 認定再生医療等委員会」「日本先進医療医師会再生医療等委員会」などが面倒な手続きを一手に引き受けている様子がわかります。

クリニックの側は、患者から血液を採取して培養施設に送る。法律上の面倒くさいことは、金さえ出せば、これら委員会が代行してくれるという仕組みですね。

お目当てのがんクリニックがどの系列なのか、調べてみるのもおもしろいでしょう。

大津秀一先生は、8月31日の『膵臓がん患者と家族の集い』で、「膵臓がん患者の緩和ケア」という趣旨の講演をしていただく予定になっています。ご期待ください。

がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 週刊新潮に膵臓がんの最近治療情報週刊新潮に膵臓がんの最近治療情報 週刊新潮の11月26日号に、富山大学附属病院 […]
  • 野菜と果物によるがん予防効果は小さい? JNCI(Journal of the National Cancer […]
  • ビッグ・ファーマの真実 毎日新聞と朝日新聞で報道されました。でましたね。やはりというか、汚いというか。肺がん治療薬「イレッサ」の副作用被害で患者と遺族が国と輸入販売元のアストラゼネカ社(大阪市)に損害賠 […]
  • 今日の一冊(108)「医療の現実、教えますから広めてください!!」今日の一冊(108)「医療の現実、教えますから広めてください!!」 介護者を持つ患者では、介護者のいない患者と比べて1.52倍も死亡リスクが高い、という結果でした。さらに結婚している患者では2.92倍も死亡リスクが高く、一番生存期間が長かったのは […]
  • 7.1は歴史に残る、安倍によるクーデターの日7.1は歴史に残る、安倍によるクーデターの日 戦後レジュームが気に入らない、戦争を従っている安倍晋三がついにクーデターをやった。5月にタイで戒厳令を敷いていた軍部が、憲法を停止し軍事クーデターを宣言した。我々は他人事のように […]
  • 有田焼の焼酎カップ有田焼の焼酎カップ 年末に有田焼の窯変金彩焼酎カップを購入しました。定価10,800円のが3,500円だというので、お買い得なのかな? […]
  • 膵臓がんの粒子線治療膵臓がんの粒子線治療 他にも巨大な肝細胞癌や肺癌、局所進行膵癌で粒子線治療が標準治療成績を上回る可能性を示す事は出来たが、粒子線治療施設で治療方法に違いがある事などからエビデンスが高いデータとは言えな […]
  • 「最悪のシナリオ」は今後も起こり得る「最悪のシナリオ」は今後も起こり得る 毎日新聞12月24日の記事『福島第1原発:「最悪シナリオ」原子力委員長が3月に作成』はやはりそうかという感慨と、この政府は東日本の国民が致死的な大量被ばくすることも覚悟していたの […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です