スポンサーリンク

がんクリニックの見分け方

LINEで送る
Pocket

緩和ケア医の大津秀一先生のブログが興味深い記事を載せています。

次のようながんクリニックは注意が必要

たくさんありますが、

Ⅰ 適応外の抗がん剤や分子標的薬、オプジーボやキイトルーダ等の治療を自費で行うところ

Ⅱ 2019年現在効果が確認されている免疫チェックポイント阻害薬ではない免疫治療中心のところ

Ⅲ 食事でがんが治ると謳っているところ

Ⅳ ビタミンC大量療法(→プラセボとの比較試験を欠いているので、どれだけ寄与するかは不明確とアメリカ国立がん研究所のホームページに記載)や温熱療法(→標準治療になるためにはまだまだ研究が必要なことがアメリカ国立がん研究所のホームページに記載)などの効果を過剰に伝えているところ

などが挙げられるでしょう。

美容整形外科や眼科、歯科医まで「免疫(細胞)療法」を謳っていますから、本当に氾濫しています。

ただ、がん患者が「もしかしたら私には・・・」と考える気持ちはよくわかります。統計的な科学的根拠はなくても、著効例はあるではないか。1%でも可能性があれば挑戦したいという気持ちです。経済的に余裕があればそれも良いでしょう。私ならやりませんが、というのが私の考えです。無下に否定はしません。

しかし、歯科医までが参入しているような治療法に、効果を期待できるのでしょうかね。

これらの免疫療法クリニックも、患者の血液を採りだして、白血球を培養して再び体内に戻すのですから、平成26年11月に施行された「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に、細胞を培養する施設が満たすべき基準が定められているのです。国への届出が必要になります。

こちらにそのリストがありますが、数えきれません。

上記の法律では「再生医療等委員会」の設置が義務づけられているのですが、「〇〇法人 認定再生医療等委員会」「日本先進医療医師会再生医療等委員会」などが面倒な手続きを一手に引き受けている様子がわかります。

クリニックの側は、患者から血液を採取して培養施設に送る。法律上の面倒くさいことは、金さえ出せば、これら委員会が代行してくれるという仕組みですね。

お目当てのがんクリニックがどの系列なのか、調べてみるのもおもしろいでしょう。

大津秀一先生は、8月31日の『膵臓がん患者と家族の集い』で、「膵臓がん患者の緩和ケア」という趣旨の講演をしていただく予定になっています。ご期待ください。

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • なぜ抗がん剤の耐性がつくのかなぜ抗がん剤の耐性がつくのか P-糖タンパク質はがん細胞に発現し、多くの抗がん剤を細胞外へ排出することにより、がん細胞を薬剤耐性にし、抗がん剤を効かなくする。 […]
  • がんが治るには法則がある。がんが治るには法則がある。 隠された法則がある 蔵本由紀さんの『非線形科学』によれば、「生命体から、非生命体まで、森羅万象を形づくる、隠された法則」があると書かれています。 「非線形科学」は、マ […]
  • 補完代替医療を考える(2)補完代替医療を考える(2) ある調査によれば、がん患者の4割以上がなんらかの抗がんサプリメントを使用しているといいます。実際はもっと多い気がします。 サプリメントにも流行や廃れがあります。サメの軟骨な […]
  • 切除不能な膵胆管癌にはハイパーサーミアが有効切除不能な膵胆管癌にはハイパーサーミアが有効 7月14~16日まで下関で開催された「第65回日本消化器外科学会」における発表です。温熱療法と化学療法、放射線療法の併用で生存率、生存期間で高い効果が得られたという内容です。 […]
  • ホメオパシーとアンドルー・ワイル 朝日新聞でホメオパシー関連の記事やブログが連続しています。このブログでも話題になる前からホメオパシーへの批判を書いてきたのですが、実際これほどまでに世間に広まっているとは思ってい […]
  • ビタミンD不足は膵臓がんのリスクを高めるビタミンD不足は膵臓がんのリスクを高める 「日光の少ない地域では膵臓がんの発症リスクが高い」との研究があります。カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究です。 ステロイド生化学と分子生物学のジャーナルの4月30日号オ […]
  • NHKスペシャル『働き盛りのがん』 12月29日(土)21:00から、NHK総合テレビでのNHKスペシャル『働き盛りのがん』(仮題)に、樋口強さんがスタジオトークで参加されるようです。内容はドラマ仕立てのようですが […]
  • ウィルコ・ジョンソンの選択ウィルコ・ジョンソンの選択 ロックのギターリスト、ウィルコ・ジョンソン(65歳)が末期の膵臓がんだと公表し、余命は10ヶ月とか半年とかだとのニュースが流れています。Twitterで「膵臓がん」で検索すると、 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です