スポンサーリンク

サイモントン療法とは?(6)

ダヴィド・S. シュレベール

「心」と「体」、「がん」の関係について、その科学的な根拠を示しながら、簡潔にまとまっているのは、シュレベールの『がんに効く生活ー克服した医師の自分でできる「統合医療」』でしょう。

がんに効く生活 克服した医師の自分でできる「統合医療」

がんに効く生活 克服した医師の自分でできる「統合医療」

ダヴィド・S. シュレベール
2,420円(01/21 00:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

この本については、このブログでもたびたび取りあげており、統合医療のバイブル的存在で、私のがん治療における基本的な指針となった著作です。

また、シュレベール自身も、膠芽腫という難治性のがんに侵され、彼自身が実際に実行したことが紹介されています。

第Ⅴ章 「心の力」では、がんを育てる環境をつくるのは「無力感」であり、それを克服するためには「瞑想法」が効果的だと、ていねいに説明されています。

がんの要因は多種多様ですが、一つはストレスです。ストレスの中でも、ひどい無力感ががんを育てる環境をつくるということについては、ほぼ合意ができているように思います。

しかし、だれでも、がんになったらこれまでの生き方を変えることはできます。そうすることが回復につながる可能性が高いのです。

無力感や絶望感ががんの成長を促すのなら、逆に心が穏やかであればがんの成長を抑えることができるのでしょうか。いくつかの注目すべき例が、その問いに肯定的に答えています。

若い獣医であったイアン・ゴウラーは、重度の骨肉腫に侵され、脚の切断と通常に治療をしたが、腫瘍の進行を食い止めることはできず、主治医からは余命数週間を宣告されました。

これ以上失うものは何もないと考えたイアンは、集中的に瞑想を行った。1時間の瞑想を日に3回、これを数ヵ月続けたのでした。更に徹底した食事療法を併用した結果、数ヵ月後胸部のこぶが消え、腫瘍が消失したのです。

イアンは、何が原因でがんが消えたのかとの質問に、「私たちの生き方や、人生の感じ方のおかげだと思います。」と答えています。

そして、その経験を『私のガンは私が治すーガンの予防と対策』として出版しています。

瞑想法は病を癒します。体の緊張を解きほぐし、免疫組織を再活性化して、直接肉体に効果を及ぼします。感情、精神面では平衡のとれた状態を取り戻し、ものごとに対する積極的な姿勢を生み出してくれます。そして知らず知らずのうちに、人間として安定した最高の状態へと導いてくれます。
そのような健康のための療法で、深い安静状態を実現するための「受動的な隈想法」がすべての基礎となります。

アメリカのサイモントンとマシューという放射線科医と心理学者の夫婦はリラクゼiシヨンとこの想像の力を結合させ、イメージ療法として治療に役立てています。『がんのセルフ・コントロール』(創元社)という名著に、患者が積極的にガンと戦っていく心理的な方法についての指導が紹介されています。

最初は体をリラックスさせます。それから目を閉じて、ガン細胞が衰えて消滅していく様子を思い描きます。自分が受けている治療は絶大な効き目があり、ガン細胞を破壊する力がある、そして侵された組織の周りにある健康な組織は、治療によって損傷を受けても完全に回復する、と信じます。体の自己免疫機能が白血球を通して残ったガン細胞を取り囲み破壊し、ガン細胞は体から完全になくなり、完全な健康体となった患者は人生をまっとうします。

サイモントンとマシューは象徴的な言葉を使ってこの過程を患者に想像させています。たとえば、ガン細胞はひき肉で白血球はそのひき肉に飛びかかって食い尽くす犬、という感じです。こういうイメージ療法は難しい理屈がいらず、誰でも簡単にできます。

次回も『がんに効く生活』から、瞑想についてもう少し見てみます。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 瞑想は免疫系を活性化する瞑想は免疫系を活性化する 8日間の集中的な瞑想が免疫系の強力な活性化を引き起こすことを発見した、という米国フロリダ大学からの研究報告です。 […]
  • 「心の平穏」を得るためには・・・『チコがん日記』お薦めです「心の平穏」を得るためには・・・『チコがん日記』お薦めです このブログでは、がん患者さんには「心の平安」がとっても大切ですと、ずっと書いてきました。 しかし正直言ってなかなか理解してもらえない。どうすれば心の平安が得られる […]
  • がんとマインドフルネス瞑想(4)食べる瞑想がんとマインドフルネス瞑想(4)食べる瞑想 レーズンだってよくみればさまざまな色・形を持っている 瞑想と言われると、目を閉じて横になり、鼻の先端から入る空気を意識して呼吸に意識を集中する。そうしたイメージを思い浮か […]
  • がんとマインドフルネス瞑想(3)がんとマインドフルネス瞑想(3) がん患者は、もっと心の平安に関心を なぜなら、それががんとの戦いにおいて、あなたができる一番大きな効果を与えることのできる項目だからです。 がん患者は常 […]
  • 心の平安:これがいちばん大切です心の平安:これがいちばん大切です がん患者なら誰しもが、自分だけにでも奇跡が起きてほしいと願うものです。 しかし残念ながら奇跡はめったに起きないから奇跡なんです。ちまたにはこれで癌が治ったというような高価 […]
  • がんとマインドフルネス瞑想(2)がんとマインドフルネス瞑想(2) 前回はマインドフルネス瞑想が、がんに対しても効果があるというエビデンスが増えてきたことを書きました。 私の場合はどうだったかと言うと、膵臓がんの告知をされたのが15年前で […]
  • がんとマインドフルネス瞑想(1)がんとマインドフルネス瞑想(1) がん患者へのマインドフルネスに基づく介入の研究が進んでその有用性が確認されつつあります。 マインドフルネスはがんに効果があるということです。 オフィスガール […]
  • 道元の「生死」観とマインドフルネス マインドフルネスの原理 マインドフルネスは、禅を中心に、広大な仏教体系の中でその基本的原理を忘れることなく医療に応用されたものと言えます。 マインドフルネスの考案者 […]

サイモントン療法とは?(6)” に対して3件のコメントがあります。

  1. 黒甘酒仙人 より:

    母親が癌で死亡しましたが抗癌剤の副作用ではないかと疑問を持ち、いろいろ調べて、癌は排出するしかない、体外に外に出す、戦前はもともと癌はほとんどなかった、その後右上がり、今は20代にも癌が出てくる、異常事態、癌が増えたのではなく、排出能力が弱くなってきて癌が蓄積するようになり、癌として病気になっている、癌は直ぐには大きくならないと書いて、この頃の進行癌が増えている、まるで新幹線並み、これはリーキーガット症候群が関係しているのではないか、研究しています。

    このサイトを勉強させていただきます、リンクをつけましたが不要なら直ぐ撤去します

    1. キノシタ より:

      黒甘酒仙人さん。コメントありがとうございます。
      リーキーガット症候群は聞き慣れない言葉ですが、一応仮説として提唱されているようですね。
      腸は免疫にとっても重要な臓器です。がんと何らかの関係があるのかもしれません。

      1. 黒甘酒仙人 より:

        重度自閉症で検索していると環境化学物質が問題になっています
        環境問題となると自閉症だけてなく、すべての人に影響を及ぼす可能性があります
        もちろん癌も例外ではありません。自閉症ですが。
        自閉症・ADHDなど発達障害の原因としての環境化学物質
        https://i.kawasaki-m.ac.jp/jsce/jjce23_1_1.pdf#search=%27%E8%87%AA%E9%96%89%E7%97%87%E3%83%BBADHD+%E3%81%AA%E3%81%A9%E7%99%BA%E9%81%94%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%AE%E7%92%B0%E5%A2%83%E5%8C%96%E5%AD%A6%E7%89%A9%E8%B3%AA%27
        癌の環境化学物質もあるはずです、

        癌と免疫力は表裏一体になっていて切り離すことはできません
        免疫力を知れば癌は10倍理解できます。

コメントを残す