スポンサーリンク

高額な自由診療に騙されないために

LINEで送る
Pocket

大須賀覚医師が高額な自由診療(免疫細胞療法)の裁判を上げて批判のツイートをしています。

医療問題弁護団の大瀧弁護士の寄稿、私もよく引用させてもらっています。

 

治らないがんを持った患者は、先に一つでも可能性があるのならチャレンジしてみたいと考えるのです。その気持を否定することはできません。

しかし、「治った患者もいる」というのですが、分母を云わないのです。何人の患者のうち何人が治ったのか、あるいは効果があったのか。その効果とはどういうものか。

こうしたデータを出してくれる自由診療クリニックは皆無です。

ただ、期待をもたせて、愛想はいいし、断定的に言ってくれます。

「あなたにあと5年、10年の人生をプレゼントしたい」なんて、歯の浮くようなことも平気で言います。切羽詰まっている患者は「地獄に仏」と感じるのですね。

本当は「地獄の悪魔」だとも知らずに。

こちらのクリニックなんか、ひどいものです。

こうした罠から逃れる方法はあるのでしょうか。告知されたばかりの患者にこうした嘘を見抜けというのは酷でしょう。

  1. 適応外の抗がん剤や分子標的薬、オプジーボやキイトルーダ等の治療を自費で行うところ
  2. 「免疫治療」を謳っているが、効果が確認されている免疫チェックポイント阻害薬ではない免疫治療中心のところ
  3. 食事でがんが治ると謳っているところ
  4. ビタミンC大量療法や温熱療法などの効果を過剰に伝えているところ
  5. 必ず治りますと断定的に請け負うところ
  6. これで治った患者がいるといいながら、詳細なデータは出さないところ

などは危ないクリニックと考えて良いでしょう。

患者会などで経験者の話を聞いてみることもよいのではないでしょうか。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • タルセバの膵臓がん関連情報まとめ (1)タルセバの膵臓がん関連情報まとめ (1) エルロチニブ(タルセバ)が承認されることになり、膵癌に適用される抗がん剤は、ゲムシタビン(ジェムザール)、TS-1に次いで始めて分子標的薬が使えるようになった。1月にNHK「福祉 […]
  • 光免疫療法の治験が正式に発表 国立がん研究センター東病院光免疫療法の治験が正式に発表 国立がん研究センター東病院 毎日新聞に出ましたね。 昨年の「がん撲滅サミット」で、国立がん研究センター中東病院 […]
  • 日比谷公園「3・10原発ゼロ大行動」日比谷公園「3・10原発ゼロ大行動」 今日の日比谷公園は、突然空の一部が黄色くなり、冷たい風が舞い上がった。寒冷前線の通過で煙霧現象が起きたと気象庁が発表している。黄砂かとも思ったが一瞬の間に空が激変したから「煙霧」 […]
  • ガンの患者学研究所 (2)ガンの患者学研究所 (2) 「転移はがん細胞が弱った証」という安保徹氏の論理は、ホメオパシーの「好転反応」と同じです。レメディを飲んでいて症状が悪化したとき、「それはよくなる前に一時的に悪化することがあり、 […]
  • 患者会、サポートグループ、膵臓がんの集いの役割って?患者会、サポートグループ、膵臓がんの集いの役割って? がんの知識を仕入れることも大切ですが、知識だけではがんと闘えません。知識を判断できるインスピレーションと、判断に迷ったときに相談できる良い仲間を持つことが、がんの知識以上に大切で […]
  • がん患者に多い血栓症対策 がん患者は血栓塞栓症になりやすい がんになると全身の血液が固まりやすくなることが知られています。主に腺がんから分泌される粘性物質のムチンや、腫瘍細胞から分泌される組織因子、免疫 […]
  • ECRR2010年勧告の概要・和訳完成 ECRR(欧州放射線リスク委員会)2010年勧告の翻訳は、こちらの美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会にアップされているが、このほど山内和也氏の監修の元、書籍としても出版さ […]
  • テラ、慶應医学部と進行膵がんに対するWT1樹状細胞ワクチン療法の共同臨床試験テラ、慶應医学部と進行膵がんに対するWT1樹状細胞ワクチン療法の共同臨床試験 1月6日のニュースですが、テラ(株)と慶応大医学部が共同でWT1ペプチドワクチンの第一相試験を実施するとアナウンスされています。首都圏でWT1ペプチドワクチン療法を受けられる機会 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です