「膵臓がん患者と家族の集い」のご案内


10/23『膵臓がん患者と家族の集い』

【日 時】2022年10月23日(日) 14:00~17:00(開場:13:45)
【会場1】大田区産業プラザPiO 6階D会議室
【参加費】1,000円(会場1への参加者のみ)
【会場2】YouTubeでのオンライン同時配信:参加費は無料
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【定 員】合計 約 100名
【内 容】
第1部 講演:「膵臓がんから15年、治った理由」木下義高
第2部 患者さん同士の情報交換・交流会
リアル会場での参加とYouTube同時配信のハイブリッド開催となります。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

高額な自由診療に騙されないために

大須賀覚医師が高額な自由診療(免疫細胞療法)の裁判を上げて批判のツイートをしています。

医療問題弁護団の大瀧弁護士の寄稿、私もよく引用させてもらっています。

 

治らないがんを持った患者は、先に一つでも可能性があるのならチャレンジしてみたいと考えるのです。その気持を否定することはできません。

しかし、「治った患者もいる」というのですが、分母を云わないのです。何人の患者のうち何人が治ったのか、あるいは効果があったのか。その効果とはどういうものか。

こうしたデータを出してくれる自由診療クリニックは皆無です。

ただ、期待をもたせて、愛想はいいし、断定的に言ってくれます。

「あなたにあと5年、10年の人生をプレゼントしたい」なんて、歯の浮くようなことも平気で言います。切羽詰まっている患者は「地獄に仏」と感じるのですね。

本当は「地獄の悪魔」だとも知らずに。

こちらのクリニックなんか、ひどいものです。

こうした罠から逃れる方法はあるのでしょうか。告知されたばかりの患者にこうした嘘を見抜けというのは酷でしょう。

  1. 適応外の抗がん剤や分子標的薬、オプジーボやキイトルーダ等の治療を自費で行うところ
  2. 「免疫治療」を謳っているが、効果が確認されている免疫チェックポイント阻害薬ではない免疫治療中心のところ
  3. 食事でがんが治ると謳っているところ
  4. ビタミンC大量療法や温熱療法などの効果を過剰に伝えているところ
  5. 必ず治りますと断定的に請け負うところ
  6. これで治った患者がいるといいながら、詳細なデータは出さないところ

などは危ないクリニックと考えて良いでしょう。

患者会などで経験者の話を聞いてみることもよいのではないでしょうか。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す