高額な自由診療に騙されないために

スポンサーリンク
【日 時】2020年3月15日(日) 13:00~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:佐藤典宏先生「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら

1月25日(土)6:00から申込み受付を始めます。

LINEで送る
Pocket

大須賀覚医師が高額な自由診療(免疫細胞療法)の裁判を上げて批判のツイートをしています。

医療問題弁護団の大瀧弁護士の寄稿、私もよく引用させてもらっています。

 

治らないがんを持った患者は、先に一つでも可能性があるのならチャレンジしてみたいと考えるのです。その気持を否定することはできません。

しかし、「治った患者もいる」というのですが、分母を云わないのです。何人の患者のうち何人が治ったのか、あるいは効果があったのか。その効果とはどういうものか。

こうしたデータを出してくれる自由診療クリニックは皆無です。

ただ、期待をもたせて、愛想はいいし、断定的に言ってくれます。

「あなたにあと5年、10年の人生をプレゼントしたい」なんて、歯の浮くようなことも平気で言います。切羽詰まっている患者は「地獄に仏」と感じるのですね。

本当は「地獄の悪魔」だとも知らずに。

こちらのクリニックなんか、ひどいものです。

こうした罠から逃れる方法はあるのでしょうか。告知されたばかりの患者にこうした嘘を見抜けというのは酷でしょう。

  1. 適応外の抗がん剤や分子標的薬、オプジーボやキイトルーダ等の治療を自費で行うところ
  2. 「免疫治療」を謳っているが、効果が確認されている免疫チェックポイント阻害薬ではない免疫治療中心のところ
  3. 食事でがんが治ると謳っているところ
  4. ビタミンC大量療法や温熱療法などの効果を過剰に伝えているところ
  5. 必ず治りますと断定的に請け負うところ
  6. これで治った患者がいるといいながら、詳細なデータは出さないところ

などは危ないクリニックと考えて良いでしょう。

患者会などで経験者の話を聞いてみることもよいのではないでしょうか。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • ウコン(ターメリック)はがんに効くのか、効かないのか?ウコン(ターメリック)はがんに効くのか、効かないのか? ウコン(ターメリック)はがんに効果があるのか。賛否両論あります。 私も継続してウコンを摂っています。ウコンを摂取するときの科学的根拠と注意点をまとめてみました。 […]
  • 牛蒡子が膵臓がんに有効かも、の報道について牛蒡子が膵臓がんに有効かも、の報道について 4月25日のよみうりオンラインで、牛蒡子が膵臓がんに有効との記事が流れた。この報道に関して、ネットでは盛んにブログが立って。私のブログ(4/9)にも陶さんがコメントとして紹介され […]
  • ウコン、ターメリック、クルクミン 今朝は全粒パンに目玉焼き、野菜にはバージンオリーブ油の食事。 全粒パンはBoulangerie […]
  • 時間治療とメラトニン時間治療とメラトニン 昨日のNHKクローズアップ現代「”からだの時計”が暮らしを変える」で時間治療(クロノテラピー)が取り上げられた。肝臓に転移した腫瘍が、抗がん剤を投与する時間を変えただけで、驚異的 […]
  • NHK「どう向き合う? がん“代替療法”」明日放送 明日土曜日22時から、NHK 『追跡!A to Z どう向き合う? がん“代替療法”』が放送されます。ゲストはタレントの山田邦子と東北大学大学院教授 […]
  • 代替療法について考える 20日もブログを更新しないあいだに、外はもう春の装いをはじめたようです。早咲きの桜は、枝の先端に蕾を用意しています。先月は新潟の松代で積雪4mの雪景色を巡り、先の週末は沖縄で初 […]
  • 帚木蓬生「聖灰の暗号」 久しぶりに帚木蓬生の作品を読んだ。『聖灰の暗号』 」上・下だ。 聖灰の暗号〈上〉 (新潮文庫)帚木 蓬生 by […]
  • がんと食事(4)がんと食事(4) DP2 Merrill F5.6 1/160秒 ISO200 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です