製薬企業と大学病院、学会のダメな関係

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

今朝の東京新聞朝刊です。

<税を追う>製薬71社が寄付288億円 大学病院や学会へ

ワセダクロニクルが医師個人に渡った資金をデーターベース化していますが、こちらは大学病院の医局や学会に渡った資金です。

製薬企業からの、こうした金がなければ、医局の運営も学会の運営もままならないということなのでしょう。でも、結局はわれわれの税金から出されているのです。だとしたら、もっと患者を丁寧に扱ってもらいたい。(無理か!)

日本の大手製薬企業の販売費・一般管理費は、売上高の50.8%です。全産業では18.4%ですから、かなり高い。その内訳は、研究開発費は31.4%、宣伝費・営業管理費が64.6%となっています。

つまり、薬の開発に費用がかかるから薬価が高いのではなく、宣伝費に金がかかるからなんですね。(大学病院や学会への寄付は「宣伝費」として処理されているはず)

日本高血圧学会が、高血圧の降圧目標を80-130mmHgに下げると決定しましたが、これも本当に学術的なことだけが理由なのか、疑問に思っています。相当寄付金が流れているのではないでしょうか。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ビッグ・ファーマの真実 毎日新聞と朝日新聞で報道されました。でましたね。やはりというか、汚いというか。肺がん治療薬「イレッサ」の副作用被害で患者と遺族が国と輸入販売元のアストラゼネカ社(大阪市)に損害賠 […]
  • 3人に1人の医師に製薬会社マネーが3人に1人の医師に製薬会社マネーが 一瞬、まちがいでは?と思ってしまった。なにしろ医師の3人に1人は、製薬会社からの講師謝金やコンサルタント料をもらっているという。 製薬会社71社が、2016年の1年間に医師 […]
  • 臨床試験のデータ捏造疑惑とEBMの危機臨床試験のデータ捏造疑惑とEBMの危機 京都府立医大の松原弘明教授による臨床試験のデータねつ造疑惑が話題になっている。毎日新聞「バルサルタン:京都府立医大の効果に関する論文3本撤回」。朝日新聞デジタ […]
  • 医療費に関するウソ医療費に関するウソ 明月院門前のアジサイ、クラシックブルーで現像 国保の保険料通知が届いた。年収は減ったはずなのにまた上がっていた。 医療費について政府やマスコミが流している […]
  • 今日の一冊(70)『悪の製薬:製薬業界と新薬開発がわたしたちにしていること』今日の一冊(70)『悪の製薬:製薬業界と新薬開発がわたしたちにしていること』 読み終えるのに少々エネルギーが必要でした。同じ著者の『デタラメ健康科学』はわりとすらすらと読めたが、翻訳者が違うせいでしょうかね。しかし、内容は詳細でしっかりと根拠があり […]
  • 当日でも、CT検査ができて結果も分かる医院当日でも、CT検査ができて結果も分かる医院 CT検査の予約が取れない 膵臓がんの疑いがあると言われ、大きな病院で検査を受けようとしても、造影CTの予約は2週間先、結果が出るのはさらに2週間から1ヶ月先と言われることが多い […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。