先進医療特約を付けようか

スポンサーリンク
【日 時】2019年6月22日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 90名
【内 容】
●講演:がんと心の関係~サイモントン療法による癒やし~
川畑のぶこ氏(NPO法人 サイモントン療法協会)によるサイモントン療法とマインドフルネスの講演およびエクササイズ
●患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
6月19日10:00AMまで参加申込み受付中です。
Pocket
LINEで送る

3+

アヒルさんマークの保険会社から電話が来て、

今の生命保険を見直しませんか? 70歳からは自己負担が2割、75歳からは1割負担になるので、もっと掛け金の安いプランに変更できますよ。

って言うのです。なんで保険会社が安いプランに? 新手のオレオレ詐欺か?

しかも、会って話がしたいというのです。ネット販売の保険会社も営業するようになったのか?

疑心暗鬼で会ってみました。

実際には、年金生活に入ると生活費を確保するために、真っ先に生命保険を解約する方が多いそうです。せっかくこれまで掛けてきて、これから病気がちになるのに勿体ない。そこで、少額プランへの変更をお薦めして、解約を防ごうという方針らしいです。

私の場合は、今は2割負担ですが、現役並み所得とぎりぎりの境界ですから、将来年によっては3割負担に戻る可能性もある。それに保険は「安心料」だと思っているので、このまま続けますが、逆に、今の保険に特約を付けようと考えている、と告げました。

考えているのは、先進医療特約。これを契約していたから陽子線治療や重粒子線治療を受けられたという膵臓がん患者さんも多いですね。ビオさんのダンナさんもそう。

今ある生命保険にプラスして特約を付けることができるようになっています。


スポンサーリンク

しかし、私の目的は違います。

陽子線も重粒子線も、仮に3度目のがんになったとしても使えるチャンスは少ないでしょう。(ないよりは良いけど)活性化自己リンパ球療法など、効果のなさそうなものには関心がありません。

多少点眼内レンズを用いた水晶体再建術」の方です。

老齢になれば、多くの方が白内障の手術をするようになる。健康保険で使えるのは単焦点のレンズだけです。多焦点レンズは、焦点の合う距離が複数なので、老眼鏡もいらなくなると言います。

先進医療でこの手術のできる眼科医院が急速に増えています。

この特約を付けても、1ヶ月99円の負担増です。ま、それだけ使える人が少ないってことですね。この会社でも、この特約を使う方は年間で1000件ほど、しかも多焦点レンズで使う方が圧倒的に多いそうです。

そろそろ脊柱管狭窄症手術・入院の保険金が下りてくるころだなぁ。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 国立がん研究センター&オンコロで先進医療が検索できるように国立がん研究センター&オンコロで先進医療が検索できるように 国立がん研究センター中央病院で先進医療として実施中の治験(第1相試験)の検索ができるようになったそうです。 このページから、①年齢、②治療、③日常生活など6 […]
  • 膵臓がんの臨床試験:WEE-1阻害薬膵臓がんの臨床試験:WEE-1阻害薬 WEE-1阻害薬には、抗がん剤の増刊作用、放射線感受性の増刊作用があり、がん細胞を死滅されるのに効果を発揮するということらしいです。日本でも、アストラゼネカ社が固形がんを対象に、 […]
  • 水虫の治療薬が胆道がん細胞の増殖を抑制水虫の治療薬が胆道がん細胞の増殖を抑制 慶應義塾大学の報道もまだ可能性の段階ですし、兵庫県西宮市の明和病院の園田医師らの臨床試験もまだ試験段階の治療法ですから、確かに効果があるとは断定できませんが、希望はありますね。水 […]
  • がんゲノム医療の公開講座がんゲノム医療の公開講座 今、がん診療の新しい時代を迎えようとしています。がんゲノム診療は今、医療者にとってだけでなく、がん患者、家族、市民、あらゆる立場にとっても「革新への挑戦と変革」の時です。この市民 […]
  • 抗がん剤の耐性を解除する記事の「まとめ」抗がん剤の耐性を解除する記事の「まとめ」   抗がん剤の耐性を解除する治療法について、何回か記事を書いてきましたが、それぞれの関連性や、要点をまとめてみました。 抗がん剤に耐性が付く […]
  • 市民公開講座「がんゲノム診療 これまで・いま・これから」市民公開講座「がんゲノム診療 これまで・いま・これから」 今、がん診療の新しい時代を迎えようとしています。がんゲノム診療は今、医療者にとってだけでなく、がん患者、家族、市民、あらゆる立場にとっても「革新への挑戦と変革」の時です。 […]
3+
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です