サイモントン療法とは?(9)

スポンサーリンク
【日 時】2019年6月22日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 90名
【内 容】
●講演:がんと心の関係~サイモントン療法による癒やし~
川畑のぶこ氏(NPO法人 サイモントン療法協会)によるサイモントン療法とマインドフルネスの講演およびエクササイズ
●患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
6月19日10:00AMまで参加申込み受付中です。
Pocket
LINEで送る

2+

次回の『膵臓がん患者と家族の集い』は、6月22日(土)に開催します。

NPO法人 サイモントン療法協会の川畑のぶこ氏による講演:がんと心の関係~サイモントン療法による癒やし~を予定しています。

 

また、今回の開催には次の方の特別参加も予定しています。

  • 腫瘍内科医:押川勝太郎医師
    毎回参加されている押川先生は、YouTubeでがん情報を発信するユーチューバーです。ブログでも積極的に患者に役立つ情報を発信されています。

参加申込みと詳細は、オフィシャルサイトから。

もちろん、『膵臓がん患者と家族の集い』のメインは、講演後の患者さん同士の情報交換とおしゃべりタイムです。治療法や悩み、副作用対策、先進医療、代替医療など、関心のある問題を、同じ仲間と充分に話し合ってください。

また、今回から新たに4名の方が運営サポーターに加わり、10名で受付や会場運営のお手伝いをいたします。(毎回全員が参加するわけではないですが)よろしくお願いします。

私のサイモントン療法

私が膵臓がんを告知されたとき、瞑想法が有効だということは知っていましたが、サイモントン療法を始めたのは、1年後くらい、川畑のぶこさんの本を知ってからです。

この本に付属しているメディテーションCDを携帯プレーヤーに保存して、毎日寝る前に聞くようにしました。すると、まず腕が重くなり、呼吸は深く、そして次第に皮膚が温かくなるのを感じるのです。

ストレスも軽減し、がん細胞に対する考えも変わってきます。ストレスとがん、心と免疫の関係は、これまで何度も書いているので繰り返しませんが、イメージ療法の効果を確信することができました。

例えば、スーパーのレジに並んでいて、隣のレジが早く進んでも気にならなくなります。高速道路を走行中、隣の車線が早いとかもあまり気になりません。つまらないことでイライラしなくなるのですね。

さて、実際にメディテーションCDはどのような内容なのか。5つのメディテーションが収録されていますが、その中から「がんと癒やしのメディテーション」はこのような内容です。(長文になります)

『がんと癒やしのメディテーション』

今からがんと癒しのメディテーションを始めます。

それではイスの中で、あるいは横たわって、できるだけ楽な姿勢になってください。
そして徐々にリラックスしていきましょう。
あなたが、自分自身のリラックスの達人であるということを思い出してください。
普段眠る前にリラックスするように、リラックスしていきましょう。
あなた自身のやり方でリラックスしてください。

リラックスをするのにあなたの呼吸に意識を向けてみるのが効果的かもしれません。
一番やりやすいのは、深呼吸をして、その呼吸に意識を集中することです。
いつもよりゆっくりと、そして長く呼吸をしてみましょう。
息を吸うときに頭の中で「吸ってー」と唱えてみます。
そして息を吐く時に「吐いてー」と自分自身に言ってみてください。
息を吐く時に、少しだけ自分に微笑みかけてみましょう。
深呼吸をするたびに、体がどんどん、 どんどんリラックスしていきます。

今あなたが特別な場所にいることを想像してください。
安全で、心地よく、守られたスペースにいます。
それは日常にある空間かもしれません。
過去に体験した空間かもしれません。
あるいは、あなたの想像の世界だけに存在する場所かもしれません。
あなたがそこにいて、守られていて、安全で心地よく感じる場所で、しばらくそのままで、その特別な場所にいることを楽しんでください。

(1,2分間をおく)


スポンサーリンク

今、安全で、心地よくて、守られたスペースにいながら、私たちの日々がずっと続いていることを想像してみてください。
あなたの人生にとって、真に意味をもたらすもの、充足感をもたらすものについて想像してください。あなたに、喜びと深い充足感をもたらすものです。
そのような気づきがあるたびに、あなたの気が高まり、想像力も高まります。
喜びや充足感をもたらすものに従事している時に、あなたのエネルギーが高まり、どんどん、どんどん健康になっていきます。
喜びをもたらすもの、充足感をもたらすものに従事しているとき、あなたの中の自然治癒力が、どんどん、どんどん高まっていくのです。
これは非常に大きな力です。

それでは一つ面白いことを想像してみましょう。
あなたが歯を磨いてるところ想像してみてください。
朝や夜に歯磨きをする時、ブラシをかけるたんびに、何千もの細菌が体内に入っていきます。
ところがその細菌が、私たちの体に害を及ぼすことは全くないのです。
なぜなら、私たちの体の中には、このような細菌を見つけ出すセンサーがあって、それらを簡単に排除する仕組みが組み込まれているからなのです。
このメカニズムは、私たちの体の中にもともと備わっていて、他の病気にも適用されています。

がんがあればそれを簡単に見つけだし、簡単に体の外に排除していきます。
これは私たちが生まれた時から、その前から、すでに私たちの体の中に備わっているメカニズムなのです。これが私たちの本来の姿なのです。

私たちのこの本性に、敬意を払ってください。
そして、あなたが今ここですることは、あなたの体がただ自然に戻る、本来の姿に戻るということだけなのです。
自分たちの本性に戻って行く、自然に還っていく、ただそれだけなのです。
このことをサポートするのに、あなたの人生に喜びをもたらすもの、充足感を与えるもの、わくわくするもの、そういったことに取り組んで、あるいはそういったことを想像して、エネルギーを湧き出させてください。

あなたが自分の本性に戻った時、体の中にあるがん細胞は、免疫システムによって簡単に認識され、変質させられて体の外に排除されます。
そして、その自然治癒力を強化するエネルギーは、あなたの喜びや充足感からもたらされていることを覚えておいてください。

また、あなたが今受けている治療や、健康への取り組みから得られている、ということを知っておいてください。
あなたが今受けている治療や、健康への取り組みすべてが、あなたに健康をもたらしているということを想像してください。
それは既存の治療法かもしれません。
代替療法かもしれません。
食事療法かもしれません。
運動かもしれません。
あるいは、あなたの心や魂に関する取組かもしれません。

あなたの心にも体にも、それら全てが、とても有効に働きかけています。
あなたが健康のためにしていること、あなたの心や魂のためにしていること、あなたが今、健康のために行なっている一つ一つのこと全てが、あなたを助けているということ受け止めて、それを讃えてあげてください。

あなたが、喜びや充足感をもたらすものに取り組んでいる時に、がんに対して持っているイメージや思いが、健全なものに変わっていくことを想像してください。

それでは、がん細胞のことを考えてみてください。
がん細胞というものが、いかに弱くていびつで混乱している細胞か、ということを想像してください。
あなたの体が、ただ単に本来の機能を果たし始めた時に、そのがん細胞というものが、簡単に認識され、変質されて、体の外に排除されていくことが、簡単に行われていることを想像してください

知っておいてください。
がん細胞というのは、いまだかつて正常細胞を攻撃したことが一度もないのです。
がん細胞というのは、ただ単に増殖していって、体に広がっていくだけのものなのです。
がん細胞は、あなたの体を攻撃したりしません。
ただ体の中で増え続けるだけなのです。
このがん細胞は、あなたが本来のあなた自身に戻った時、そしてあなたの体が本来の機能を果たし始めた時に、簡単に検出され、健康に戻されていくということを知っておいてください。

それでは、そのがん細胞に耳を傾けてください。
がんはいったい、あなたにどのようなメッセージを発しているのでしょうか。
このがんは、いったい何を訴えようとしているのかに、耳を傾けてください。
がんというのは、いつでも愛あるメッセージを発しています。
愛情をもった、望ましいメッセージです。

そのメッセージというのは、あなたの人生にもっと喜びをもたらしなさい、もっと充足感を得られることに取り組む時間を作りなさい、ということです。
あなたの、真のあなたに迫りなさいということです。
そして、もっと自分自身に喜びをもたらしなさい。
深い充足感をもたらすことに取り組みなさいと言っているのです。
あなたの魂が、あなたを導くところに行きなさい、ということです。
そうすることによって、不要な痛みや苦しみを、あなたの中から排除していきなさい、ということなのです。

あなたのために良いことは、あなた以外の人の為にも良いことであるということを、知っておいてください。
その光輝く力というものは、私たち一人一人の周りに、いつもあるということを知っておいてください。
私たちの中にあるガイド、それを神様と呼ぶ人もいるかもしれませんが、それがいつも、私たちの内と外にあって、いつでも私たちを導いてくれているという深い信念を築いてください。
その内なる神は、私たちに優しさと幸せをもたらすものだということ知っていてください。
あなたが心をオープンにすることによって、あなたの健康が、どんどんどんどん増進していくことを想像してください。

今あなたが、健康的な活動に取り組んでいることを想像してください。
そしてあなたの体の中のエネルギーが、どんどんどんどん高まっていくことを想像してください。

それでは、少しずつ意識を部屋に戻してきてください。
あなたの周りにいる人を意識してください。
音を意識してください。
光を意識してください。

そして準備ができたら、あなた自身のペースでゆっくりと目を開けてください。

************** おわり ***************


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • サイモントン療法とは?(8)サイモントン療法とは?(8) 私たちの思考は四六時中、あらゆる方向に飛び回っています。いわゆる”モンキー・マインド”と呼ばれる状態なのです。一日中携帯電話にしがみつき、ゲームに熱中し、テレビドラマに時間を費や […]
  • サイモントン療法とは?(6)サイモントン療法とは?(6) がんの要因は多種多様ですが、一つはストレスです。ストレスの中でも、ひどい無力感ががんを育てる環境をつくるということについては、ほぼ合意ができているように思います。 しか […]
  • サイモントン療法とは?(7)サイモントン療法とは?(7) 自分の人生が思い通りにならないと感じたり、人生は喜びよりも苦しみの方が多いと感じたりするとき、脳はノルアドレナリンやコルチゾールなどのストレスホルモンを放出する。 これ […]
  • サイモントン療法とは?(3)サイモントン療法とは?(3) その当時のブログの記事が残っています。(自律訓練法を)しばらくやっていると不思議と手足が重く感じられて、暖かくなる。熱さを感じるほどになる。そうして続けていると頑固な肩こりも軽減 […]
  • サイモントン療法とは?(4)サイモントン療法とは?(4) 精神神経免疫学(PNI) 精神神経免疫学(せいしんしんけいめんえきがく […]
  • サイモントン療法とは?(1)サイモントン療法とは?(1) サイモントン療法は、アメリカの放射線腫瘍医カール・サイモントン博士により開発された、がん患者さんとご家族のための心理療法です。 1960年代、サイモントン博士が臨床の現場に実際 […]
2+
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です