「膵臓がん患者と家族の集い」のご案内


リアルとリモートのハイブリッド開催です。YouTubeの"がん治療"インフルエンサーとなられた押川勝太郎先生の講演です。同じ病気の仲間とつながってみませんか?

【日 時】2023年2月26日(日) 14:00~17:00(開場:13:45)
【会場1】大田区産業プラザ PiO 6階D会議室
     定員:60名 参加費:1000円
【会場2】YouTubeによる参加
     定員なし 参加費:無料
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【内 容】
第1部 講演:押川勝太郎先生『膵がん治療の7つの落とし穴』
第2部 患者さん同士の交流会(PiO会場参加者のみ)

申込受付中です。
詳しくはオフィシャルサイトで


血液クレンジングって?

芸能人がSNSで「血液クレンジング(オゾン療法)」なるものをやっていて、賛否話題になってますね。

「水素水」のブームが下火になったと思ったら、今度は「オゾン」ですか。

日本酸化療法医学会のサイトでは、「オゾン療法」について

ヨーロッパで主に行われているオゾンガスを用いた様々な治療法の総称です。大量自家血オゾン療法では、100~200ccの血液を脱血し、そこにオゾンガスを混合、オゾン化した血液を体の中に戻すという治療法です。

だそうです。

これだけの疾患に効くそうですが

「何にでも効く」は一番簡単なインチキ療法の見分け方です。病気には好不調の波があります。たくさんの疾患をあげておけば、オゾン療法をやっている間にどれかは「良くなった」と感じるものがひとつぐらいはあります。

「ナノバブルオゾン水」なんてのもあるけど、NIH(米国国立衛生研究所)で免疫学やウイルス学を研究している医師、峰宗太郎氏によれば、「2016年よりオゾンの医療用の使用はFDAによって禁止されています」FDAでは、「オゾンは毒性のあるガスで、特定の治療や補助治療、予防治療において有用な医療応用は知られていない」と結論付けています。

「〇〇学会」と言ったって、業者(クリニック)が集まって商品の権威付けをやっているだけですから、騙されてはいけません。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す