血液クレンジングって?

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

芸能人がSNSで「血液クレンジング(オゾン療法)」なるものをやっていて、賛否話題になってますね。

「水素水」のブームが下火になったと思ったら、今度は「オゾン」ですか。

日本酸化療法医学会のサイトでは、「オゾン療法」について

ヨーロッパで主に行われているオゾンガスを用いた様々な治療法の総称です。大量自家血オゾン療法では、100~200ccの血液を脱血し、そこにオゾンガスを混合、オゾン化した血液を体の中に戻すという治療法です。

だそうです。

これだけの疾患に効くそうですが

「何にでも効く」は一番簡単なインチキ療法の見分け方です。病気には好不調の波があります。たくさんの疾患をあげておけば、オゾン療法をやっている間にどれかは「良くなった」と感じるものがひとつぐらいはあります。

「ナノバブルオゾン水」なんてのもあるけど、NIH(米国国立衛生研究所)で免疫学やウイルス学を研究している医師、峰宗太郎氏によれば、「2016年よりオゾンの医療用の使用はFDAによって禁止されています」FDAでは、「オゾンは毒性のあるガスで、特定の治療や補助治療、予防治療において有用な医療応用は知られていない」と結論付けています。

「〇〇学会」と言ったって、業者(クリニック)が集まって商品の権威付けをやっているだけですから、騙されてはいけません。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 中川恵一 × 近藤誠 (3)中川恵一 × 近藤誠 (3) 内部被ばくについては、中川氏も近藤氏も考え方は大同小異で、ほとんど違いがない。二人とも内部被ばくの影響を過小評価している。 中川氏は、 […]
  • 緑黄色野菜のがん予防効果。 世界初、科学的に証明緑黄色野菜のがん予防効果。 世界初、科学的に証明 緑黄色野菜の抗がん効果に関してはこれまで、疫学的には様々なデータがあるといわれてきました。がん予防には野菜や果物、ファイトケミカルを摂ることはいわば常識のようになっていたのですが […]
  • 今日の一冊(51)『「がん」では死なない「がん患者」』今日の一冊(51)『「がん」では死なない「がん患者」』 がん患者の多くは餓死している 久しぶりの「今日の一冊」で、先日デジタル断食の際に読んだ本です。がん患者はがんではなくて餓死するのだと、長尾医師や梅澤医師もよくブログに書いて […]
  • ウイルス療法の第3相試験に中止勧告ウイルス療法の第3相試験に中止勧告 腫瘍が縮小=延命効果がある、とはならないのががん治療の世界です。 (T-VEC)も、無増悪生存期間(PFS)については統計学的有意差はなく(従って、全生存期間(OS)の延長 […]
  • 訃報:加島祥造さん訃報:加島祥造さん 詩人の加島祥造さんが亡くなった。 このブログに加島祥造さんの名前が登場するのは、膵臓がんが見つかって手術までの間、2007年6月23日の日付だった。『拾った命だから、のんび […]
  • デジカメ 試し撮りデジカメ 試し撮り 25日発売のCanon PowerShot G3 […]
  • 甲状腺がんの検査、異常なし甲状腺がんの検査、異常なし 今日はがん研有明で甲状腺がんの検査結果を聞きます。良性だとはいわれているが、甲状腺がんは細胞の増殖が遅いので、長く検査を続けた方が良いのいうので、1年毎に検査しています。 […]
  • 中村祐輔教授講演会中村祐輔教授講演会 22日の講演会に参加しました。目黒駅から東大医科研まで歩いて行く途中、自然教育園のとなりの公園で一本だけ咲いている桜を見つけました。ソメイヨシノではないでしょう。早咲きだから河津 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です