少量の酒でもがんリスク増加:さて呑兵衛はどうする?

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

呑兵衛には気になる、少量のお酒でも癌になるリスクが増加するとの報道がありました。

娘
忘年会シーズンに気になるニュースだわ。ドキドキ

生涯アルコール消費量とがんのリスク

1日ワイン1杯程度の少量のアルコールでも10年間飲酒を続けると、がんになるリスクが5%上がるとの研究結果を東京大などのチームが9日、米医学誌に発表した。少量の飲酒は循環器病などのリスクを下げるとの報告もあるが、がんに関しては量に応じて危険性が高まるとしている。

少量のアルコールで、がんのリスクが高まるとの研究は最近、海外でも報告されているが、日本人を大規模に調べた研究は初めて。チームの財津將嘉東大助教(公衆衛生学)は「リスクを自覚してお酒と付き合ってほしい」と話している。(共同通信)

もとの論文はこちらです。

  • 独立行政法人労働者健康安全機構が構築した全国 33 箇所の労災病院の入院患者病職歴データベースを用いて、新規がん 63,232 症例と対照 63,232 症例から、低~中等度の飲酒とがん罹患のリスクを推計しました。
  • がん全体の罹患リスクは低~中等度の飲酒でも容量依存的に上昇し、飲酒指数が 10 drink-year (例えば 1 日 1 杯を日常的に 10 年間継続)で、罹患リスクは 1.05 倍程度上昇しました。
  • 低~中等度の飲酒においても、全がんの罹患リスクは軽度上昇する可能性が示されました。
本研究では、生涯飲酒量は、日本酒1合(180 mL)、ビール中瓶1本(500 mL)、ワイン1杯(180mL)、またはウイスキー1杯(60mL)を標準化された飲酒1単位(推定アルコール含有量 23g)として、1 日の平均飲酒量(単位)に飲酒期間(年)を掛けたものを飲酒指数(drink-year)として定義しました。

缶ビール(500ml)一本を10年間飲み続けると、がんになるリスクが5%(オッズ比 1.05 90%信頼区間 1.04~1.06 )増加する。20年間では6%増加するとなっています。

元論文の表を見ると、10drink-yearで膵癌になるリスクは、オッズ比 1.02(0.95~1.09)ですね。

欧米での研究

2018年には『ランセット』誌に「1990〜2016年の195の国と地域のアルコールの使用と負担」との論文が載りました。

この論文は、世界195カ国で実施された592の研究を統合した大規模研究でした。また、心筋梗塞や乳がんを含む23個の健康指標に対してアルコールの影響を総合的に評価したものでした。

この論文は衝撃を持って受け止められました。なぜなら、それまでは少量であれば健康に良いが、過量になると悪影響があると考えられていたアルコールが、たとえ少量でも健康に悪いという報告であったからです。

横軸に飲酒量(1杯=純アルコール換算で10g)、縦軸にあらゆる病気になる相対リスク(動脈硬化もがんも合わせて重みづけ平均を取ったもの)を表している。


スポンサーリンク

日本の研究では、一杯の推定アルコール含有量 23gとしており、こちらは10gですから、半分以下ですが、それでも一杯を超えると次第にリスクが増加しています。

この論文では、あらゆる病気になるリスクを述べているのですが、がんでは少量でもリスクが増加すると結論されていました。

日本における上の研究と同じ結果ですね。

呑兵衛はどうする? 私の結論

複数の研究でアルコールは少量であれば動脈硬化を原因とした病気によって死亡する確率を減らす可能性があると報告されており、これが「少量の酒は健康に良い」といわれる根拠になってきた。

少量のアルコールが健康に良いかどうかは、動脈硬化への影響とがんへの影響の「つな引き」で決まるということである。

がんになるリスクが5%増加するというが、造影CTで被ばくしてもがんになるリスクは増加する。ICRP(国際放射線防護委員会)によれば、1000mSvの被ばくで生涯にがんになるリスクが5%増加するとされている。

CT検査による全身被ばく線量は最大でも15mSv程度とされているから、飲酒ほどではないが、こちらもがんになるリスクはある。

一日一杯程度のお酒なら、動脈硬化で死亡するリスクを減らすが、がんになるリスクは増える。しかしその差は僅かなものだろう。

親族にがんになった人がいれば、お酒は最小限にし、また過去に酒が原因で怪我をしたとか、事故を起こしそうになったという人も控えたほうが良い。

そして、人間は病気にならないためだけに生きているわけではないのだから、1~2杯程度のお酒はリスクを承知で続けるという選択も間違いではないと思う。

親父(キノシタ)
親父(キノシタ)
よし!今夜も飲めるね (/_・)/
でも、百薬の長ではないと分かったんだから、ほどほどにね。
息子
息子

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 食物繊維の多い食事は、2週間で大腸がんのリスクを劇的に下げる食物繊維の多い食事は、2週間で大腸がんのリスクを劇的に下げる 食物繊維の多い低脂肪食は、短期間で腸内細菌のパターンに影響することが明らかになり、大腸がんのリスクを減少させる。 […]
  • 数ヵ月前の私は、私ではない数ヵ月前の私は、私ではない 福岡伸一の「もう牛を食べても安心か」(文春新書)には、ナチズムから逃れてアメリカに亡命したユダヤ人の生化学者シェーンハイマーによる水素の安定同位元素H-2を使ったねずみの […]
  • 奇跡のシェフ-がんと14年間共存奇跡のシェフ-がんと14年間共存 昨年このブログ「気になる本『奇跡のシェフ』」でも紹介した神尾哲男さんが亡くなったそうです。 2002年に前立腺がんの末期で余命ゼロを宣告されながらも、独自の食事療法でがんと […]
  • 改訂された米国がん予防ガイドライン改訂された米国がん予防ガイドライン 昨日から水溶の下痢が続いており、おかしいなと思っていたのですが、どうやらインフルエンザに罹ったらしい。膵臓癌になってから初めての風邪・インフルエンザです。今日は1日寝ていました。 […]
  • 今日の一冊(134)『お茶の科学』今日の一冊(134)『お茶の科学』 お茶には強力な抗酸化作用があることが知られています。抗酸化作用によってがん細胞を死滅させることができます。 このブログでは何度も […]
  • がんと栄養、カテキンについて ネスレ栄養科学会議が監修した『栄養とがん』という本があります。がんと免疫、がん患者の栄養療法など、今日の研究の到達点を専門的に解説したものです。多くはマウス実験や試験管レベルの研 […]
  • 大阪大学におけるがんのケトン食療法大阪大学におけるがんのケトン食療法 『外科と代謝・栄養』誌の10月号に「~がんに対する糖質制限食治療の可能性~大阪大学におけるがんケトン食療法5年間の取り組みについて」との記事がありました。 阪大における […]
  • がんも放射能も複雑系がんも放射能も複雑系 100万アクセスを超えました。ありがとうございました。このところ、急激にアクセスが増えていました。 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です