Web交流会、終わりました

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

初めての『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会が無事に終わりました。

無事とも言えないか。

予想通り、マイクやスピーカーの接続不良に悩まされました。準備に30分くらい費やしましたかね。しかしこれは想定内のこと。

17名の参加でした。直前になって押川勝太郎先生が飛び入りされ、腹膜播種の参加者が4名いらっしゃったので、症状を聞きながらアドバイスされていました。

自己紹介の後、グループに分かれて懇談。これはリアルの「膵臓がんの集い」で、各テーブルにステージごとに分かれてグループを作っていたのと同じです。

まだ、こうした新しいツールへの障壁があるのでしょうか。60歳代以上が少ないです。

前回の1月の膵臓がんの集いと比較すると一目瞭然です。

しかし、コロナ後の世界は大きく変わりますよ。もとには戻りません。一気に改革が進むでしょう。それに着いていかなきゃなりませんよ。がん患者も。

Zoomは一番とっつきやすいアプリなんですが、それでも敷居が高いのでしょうか。

やってみれば何ということないですよ。

改善点としては、

  • スマホで参加される方のマイクとスピーカーのトラブルが多い。これはネットでも一般的に言われているようです。原因としては、Wi-Fiの接続速度が遅くなっている。あるいは、プロバイダの回線状況が悪い。
  • ハウリングが生じることがある。マイクとスピーカーを離す。スマホの場合はスピーカーの音量を下げる。

約3時間、活発に交流することができました。

次回も5月に計画します。日程が決まりましたらオフィシャルサイトでご案内します。

尻込みせずにご参加ください。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です