スポンサーリンク

ペンローズの量子脳理論

LINEで送る
Pocket

今年のノーベル物理学賞は、ブラックホールの研究に貢献のあったロジャーペンローズ氏ら3人に与えられました。

日本のマスコミでは、事前に騒がれた中村祐輔先生をはじめとして、日本人は一人も受賞ができなかったので、報道も急速に尻すぼみになってしまいました。

駅前の本屋を徘徊していると、コーナーにペンローズ氏の書籍が並べられていました。

表紙を見せているを2冊は今回の受賞と関係のあるものですが、それ以外の背表紙を見せている書籍は、人間の意識や心を量子論の立場で論及したものです。

人間の意識、心はどこに存在しどういう機構で生じているのかに関するものです。

私がどうしてこうした分野に関心を持ったかと言うと、それはやはり膵臓がんを告知されたことが一番の大きな理由です。

当時は膵臓がんの5年生存率が5%以下と言われた時代です。使える抗がん剤もゲムシタビン1種類しかありませんでした。

高い確率で近い将来に死ぬことが想定されたわけですけれども、 死んだとき人の意識はどうなってしまうのだろうか。魂はあるのだろうか。そういったことに俄然と関心が向かったわけですね。

ここにあげられている本のすべてを読んでみましたが、彼の理論の核心は、「意識というのは脳の中のニューロンを構成しているマイクロチューブル(微小管)における波動関数の収縮として起こる」というのです。

意識はニューロンを単位として生じてくるのではなく、微小管と呼ばれる量子過程が起こりやすい構造から生じると主張しています。

意識は、マイクロチューブルにおける波動関数の収縮として起こる『ペンローズの量子脳理論』

脳の振る舞いに量子力学的な性質が関わっていることは間違いのないことですが、それと意識との関係はまだ未知数です。

しかし、近年積極的に研究が進んでいます。なかには「トンデモ」だとの批判もありますが(例えばジム・アル=カリーリの「量子力学で生命の謎を解く」など)、日本でも現在、治部眞里、保江邦夫氏などが研究を行っています。

脳と心の量子論―場の量子論が解きあかす心の姿 (ブルーバックス)

脳と心の量子論―場の量子論が解きあかす心の姿 (ブルーバックス)

治部 眞里, 保江 邦夫
発売日: 1998/05/20
Amazonの情報を掲載しています

難解な本が多いですが、ペンローズの量子脳理論に関心があれば、この一冊をおすすめします。

心は量子で語れるか―21世紀物理の進むべき道をさぐる (ブルーバックス)

心は量子で語れるか―21世紀物理の進むべき道をさぐる (ブルーバックス)

ロジャー・ペンローズ
1,144円(02/26 12:13時点)
発売日: 1999/04/20
Amazonの情報を掲載しています

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 「結果」を「目的」にする過ち「結果」を「目的」にする過ち 河津にて チェロのレッスンももう15章に入り、五度音程を同時に押す(ソとレ)とか、ピチカートで早いパッセージを弾くエクササイズになりました。このエクササイズでは […]
  • 院内コンサートとオムライス院内コンサートとオムライス 病院の一階ロビーで、シンガーソングライター&ドラマーと、経歴の多彩な清家みえ子さんのコンサートがあった。 なごり雪、心もよう、異邦人など、なつかしのフォークソング(この言葉 […]
  • 今日の一冊(101)「ステージ4をぶっ飛ばせ!」今日の一冊(101)「ステージ4をぶっ飛ばせ!」 ステージ4でも、明るく前向きに生きている患者が増えている 元聖路加国際大学病院の精神腫瘍科部長であった保坂隆先生の最新の著作です。私が読んだ他の著作も同時に挙げておきます。 […]
  • 川畑のぶこさんの講演、盛況でした。川畑のぶこさんの講演、盛況でした。 膵臓がんと闘う上で、自分の免疫力を高めることは、治療のベースとなります。そのためにみなさんはサプリメントや食事療法に関心が向かいますが、実は心のありよう、精神的な安定が、免疫と深 […]
  • 膵癌診療ガイドライン2019 一部改定膵癌診療ガイドライン2019 一部改定 5月14日、日本膵臓学会のホームページに、「膵癌診療ガイドライン2019」の一部改訂が発表されています。 改定箇所は、二次化学療法に […]
  • 治療歴のある転移性膵癌を対象にリポソーム化イリノテカン注射剤が米国で承認治療歴のある転移性膵癌を対象にリポソーム化イリノテカン注射剤が米国で承認 期待が膨らむニュースなのでコピペ。わずか2ヶ月の延命ですが、GEMに耐性ができたときのセカンドラインとしてエビデンスが出てきた。 『治療歴のある転移性膵癌を対象にリポソーム化イリ […]
  • 時間治療とメラトニン時間治療とメラトニン 昨日のNHKクローズアップ現代「”からだの時計”が暮らしを変える」で時間治療(クロノテラピー)が取り上げられた。肝臓に転移した腫瘍が、抗がん剤を投与する時間を変えただけで、驚異的 […]
  • がんの補完代替医療ガイドブック 第3版がんの補完代替医療ガイドブック 第3版 1週間ぶりです。確定申告(青色申告)を必死で作成していましたが、やっと終わりました。1年分をまとめてこの時期にやるので、例年のことですが疲れます。昨年も3.11の前に提出しておい […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です