100年に一度の無能内閣

Web交流会のご案内


【日 時】2021年2月7日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】無料
【定 員】20名
【内 容】
第一部 「がんゲノム医療とリキッドバイオプシー」について患者の和田さんが解説
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

オバマがアメリカの新しい大統領に選出された。彼を誕生させたのは、経済の悪化であり、その担い手となったのは、貧困層・若者である。フリードマンが提唱し、レーガン以後の経済政策の中心となってきたシカゴ学派の敗退が始まった。

日本のマスコミでは、TBSなどの報道番組において「資本主義」という言葉がよく発言されるようになってきた。これまでは「自由主義経済」であった。それが「資本主義」という言葉に変わった。「資本主義」の対極にあるのは「社会主義」である。ソビエトの崩壊により、資本主義万能の時代が続いたが、どうやら資本主義もおかしいぞ、ということだろう。

小林多喜二の「蟹工船」が書店にも平積みされてよく売れている。ヨーロッパではマルクスの再評価、資本論が見直されている。新自由主義経済の破綻が明らかになった今、古典への回帰が起きているのだ。

この100年に一度(麻生総理の言)の未曾有の変革期に、アメリカは1年半をかけて自らの将来を託す指導者を選んだ。「ブッシュの経済政策は間違っている」「イラク戦争は間違いだ」という世論がアメリカの大勢だということだ。

日本はどうか? 一人1万6千円の「給付」と引き替えに、消費税の5%アップだという。高速道路がどこまで行っても1000円だとか。インド洋でのアメリカの艦船への給油活動も続けるという。中国などの新興国が、これからの世界経済の牽引役となろうとしているときに、「日本軍の南京大虐殺はなかった」などという自衛隊幹部が出る始末だ。破綻しつつある新自由主義経済対策をより一層続けようとしているのだから、我々日本の将来は暗澹としたものに違いない。

『この100年に一度の経済危機のなさか、どうやら100年に一度の無能内閣が誕生したようである』と、藤原新也氏が書いている。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 国がネオアンチゲン療法の効果を認めた?国がネオアンチゲン療法の効果を認めた? この前の記事「医師の闘病から読み解く がんを生きる新常識2」にイチリキさんからコメントをいただいていますが、返信は長文になりそうなので、こちらに載せます。 イチリキさんのコ […]
  • 正月は温泉気分 元日から石和温泉の和穣苑で温泉気分でした。「一の宿?楽部」の宿でして、このところ続けてここに加盟している宿にお世話になっています。30部屋以下のこじんまりした宿ばかりだというのが […]
  • 2020-01「膵臓がん患者と家族の集い」参加者コメント(1)2020-01「膵臓がん患者と家族の集い」参加者コメント(1) 10月は台風19号の影響で中止をした結果、5ヶ月ぶりの開催となる『膵臓がん患者と家族の集い』の申し込みが始まって半月になります。 これまでの申込者をみると、7割が二 […]
  • 親鸞と複雑系科学親鸞と複雑系科学 昨年の4月25日の東電・保安院の外国人記者向けの会見に、一人も記者が出席しなかったとの報道がありました。普通の人間の感覚なら、記者会見を中止するのでしょうが、原子力保安院の方々は […]
  • OTS、新生血管阻害剤 OCV-101 第Ⅱ相臨床試験開始OTS、新生血管阻害剤 OCV-101 第Ⅱ相臨床試験開始 オンコセラピーサイエンスが2月1日、大塚製薬と共同で新生血管阻害剤OCV-101の第Ⅱ相臨床試験を開始すると発表しました。OCV-101はOTS11101のコード名を今回の試験よ […]
  • クローズアップ現代+「“最先端”がん治療トラブル」クローズアップ現代+「“最先端”がん治療トラブル」 「“最先端”がん治療トラブル▽高額な料金を支払ったのに…」 昨夜のEテレ『クローズアップ現代+「“最先端”がん治療トラブル▽高額な料金を支払ったのに…」』を観ました。 […]
  • ひたち海浜公園のネモフィラひたち海浜公園のネモフィラ 昨日は5時出発で、ひたち海浜公園のネモフィラを見に行ってきた。 2014年4月13日に一度来ている。→「ひたち海浜公園の水仙とネモフィラ」 時間的にゆっくりと撮れた3 […]
  • 製薬企業と大学病院、学会のダメな関係製薬企業と大学病院、学会のダメな関係 今朝の東京新聞朝刊です。 <税を追う>製薬71社が寄付288億円 大学病院や学会へ ワセダクロニクルが医師個人に渡った資金をデーターベース化していますが、こち […]
LINEで送る
Pocket

100年に一度の無能内閣” に対して5件のコメントがあります。

  1. miho より:

    キノシタ様、お返事ありがとうございました。
    ずっと動揺した日々が続いておりましたので、
    昨夜の書き込みも感情のままに自分の気持ちだけだらだらと書いてしまって
    今読み返してみると恥ずかしいです。
    申し訳ありません。
    周りで支える家族がしっかりしなくてはと思うのですが、
    まだまだ気持ちが揺らぐというのが正直な気持ちです。
    ですが・・・いつか弟にももう少し心の整理が付いた時には、
    キノシタ様のこちらのブログを是非伝えたいなとそう思っています。
    とてもとても勇気を頂いています。ありがとうございました。

  2. キノシタ より:

    テアラさま
    お友達の方によろしくお伝えください。悩みを持ったもの同士が励まし合うことも、癌を治癒へ導く有効な方法だと思います。
    私自身も12月に予定している検査がどのような結果になるか、心配になることもあります。しかし、「己が影響を及ぼすことのできる範囲に力を集中する」こと、それしかできることがありません。
    影響を及ぼしうる範囲外のことに心を奪われている人がいかに多いことでしょう。

  3. キノシタ より:

    mikoさんへ
    弟さんのこと、ご心配だと思います。
    膵頭十二指腸切除術では、術後の体力もなかなか回復しないでしょうし、再発の可能性におびえている様子もよく分かります。
    ですが、統計の数値は厳しくても、患者にとっては0%か100%しかありません。
    末期の膵臓がんが、奇跡のように消失した方もたくさんいます。どうやら心の持ち方が大きく影響しているのではないかと思います。
    癌=死、という恐れの気持ちが自己免疫力を弱めて、本来なら白血球が弱いがん細胞を退治してくれるはずなのに、否定的な感情がそれを邪魔します。
    病院での正統医学の治療を続けながら、「自分で作った病気は、自分で治す」「主治医は自分自身だ」という心構えが、この病気への大事な対処方法ではないかと、今は考えています。

  4. テアラ より:

    オンクル様 
    アドレス ありがとうございました。
    私の大切なメル友の親友が膵臓癌になり入院したとのこと、 彼女はインターネットで調べ 大変悩んでおります。最初に思い浮かんだのがオンクルさんのブログでした。前向きに癌と取り組んでおられる姿に 以前から感動しておりました。オンクルさんのような方もいらっしゃる事を彼女に伝えたいと思います。   向寒の折 くれぐれもご自愛くださいませ。    テアラ

  5. miho より:

    初めまして、いつも拝見させて頂いていました。
    私の弟が膵臓がんになり、先日膵頭十二指腸切除術の手術を受けました。
    退院して、今日からジェムザールを開始しました。
    実は、弟夫婦から今回の手術の事、(癌かもしれない)という事は手術の前日に知らされました。心配をかけたくないという気持ちから、父にも姉にも子供達にも誰にも知らせずに夫婦二人だけで相談していたようです。
    良性か悪性の腫瘍かわからない・・・という事で手術に臨んだのですが、
    結果、悪性の癌であるという事を後で私達家族は知らされました。
    どうしてもっと早く知らせてくれなかったのか・・・。
    弟はとても元気で体調もよく、本当にあまりにも突然の事で、
    目の前が真っ暗になるとはこういう事を言うのだな・・とその時に思いました。
    病院も紹介された所一軒でそのままま決めてしまったみたいで、
    今となっては沢山悔やまれる事もありますが、
    悔やんでもいられない、先に進まなくては・・と、
    それから私の情報収集が始まりました、
    膵臓がんという癌を知れば知るほど、
    悲しくて夜も眠れなく、とても落ち込む日々でしたが、
    こちらのブログを拝見してから、
    とても勇気づけられています。
    今は毎日のように通わせていただいています。
    何かいいものはないか・・何か良く効く飲ませるものはないか・・と焦ってしまっていましたが、玄米菜食、早寝早起き・・・
    そんな当たり前の事が本当に大事なんだな・・って本当にそう思います・・。
    長くなってしまいました。ごめんなさい。
    これから抗がん剤の副作用がどれだけ襲ってくるのか、
    とても不安な気持ちになりますが、そんな時にはまた書き込ませてください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です