スポンサーリンク

オンコパネルが検出遺伝子数を拡大

LINEで送る
Pocket

遺伝子

現在保険診療で適用可能な遺伝子パネル検査には2種類あります。NCCオンコパネルとFoundationOneですね。

調べることができる遺伝子数はNCC オンコパネルは114個で対するFoundationOneは324個と差がありました。

この度NCCオンコパネルの検出遺伝子数が拡大されることになります。

シスメックスは本日(2月8日)、遺伝子変異解析セット(がんゲノムプロファイリング検査用)「OncoGuide™ NCC オンコパネル システム」に関して、検出可能な遺伝子の変異を拡大するなどの機能強化に伴う製造販売承認の一部変更申請について、今月(2021年2月)1日に承認を取得したことを発表した。

今回の適応拡大により、従来114 遺伝子の変異・増幅の検出であったものが、124遺伝子の変異・増幅、13遺伝子の融合とマイクロサテライト不安定性(MSI)の検出が可能になった。また同社は、全124遺伝子の生殖細胞系列遺伝子バリアントも参考情報として提供する、としている。

Medical Tribuneより
かあさん

MSI-Highが検出できることで、膵臓がん患者には朗報ですね。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • すばらしいクリスマスプレゼント がん研で手術が可能に!すばらしいクリスマスプレゼント がん研で手術が可能に! ブログ記事『ガン治療の名医100人【部位別完全リスト】 […]
  • がん治療は高血糖値を招きやすいがん治療は高血糖値を招きやすい 抗がん剤治療によって血糖値が急上昇することがあるとは聞いていたが、日経メディカルの『癌は糖尿病の“新たな合併症”』は、詳しく解説している。 要点を記すと、 […]
  • IPv4 over IPv6対応のルーターに変えてみたけどIPv4 over IPv6対応のルーターに変えてみたけど 使っているプロバイダ ASAHIネットがやっとIPoEに対応したIPv4 over IPv6接続ができるようになりました。 現状では […]
  • 私のインフルエンザ対策私のインフルエンザ対策 娘がインフルエンザに罹ったようで会社を休んで寝ている。昨年も娘からインフルエンザになり、家族に遷った。 本人はマスクをしているが、飛沫拡散防止のためで、家族 […]
  • 黒澤明の「夢」黒澤明の「夢」 暑い! […]
  • 血糖値の季節性変動血糖値の季節性変動 膵臓がんの患者さんでは血糖値管理でインスリンを打っている方も多いです。 私は、膵体部、膵尾部を切除して数年間はインスリンなしでも正常範囲内であったのですが、人間の体も徐々 […]
  • 日本の崩壊が始まった日本の崩壊が始まった 自民党にとっては、笑いが止まらない選挙結果だろう。原発事故の責任も、消費税の増税も民主党がやってくれたうえに、自爆したのだから。消費税の増税と原発を推進してきた自民党に単独過半数 […]
  • 『がんと仲良く暮らす』ひろさちや・佐藤昂 『老いてはがんに従え』という佐藤昂氏の著作があります。読みたいと思いつつ、手に入れられないでいます。アマゾンで購入すれば簡単に手に入るのですが、私の本購入の基準は、まず区の図書館 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です