スポンサーリンク

オンコパネルが検出遺伝子数を拡大

遺伝子

現在保険診療で適用可能な遺伝子パネル検査には2種類あります。NCCオンコパネルとFoundationOneですね。

調べることができる遺伝子数はNCC オンコパネルは114個で対するFoundationOneは324個と差がありました。

この度NCCオンコパネルの検出遺伝子数が拡大されることになります。

シスメックスは本日(2月8日)、遺伝子変異解析セット(がんゲノムプロファイリング検査用)「OncoGuide™ NCC オンコパネル システム」に関して、検出可能な遺伝子の変異を拡大するなどの機能強化に伴う製造販売承認の一部変更申請について、今月(2021年2月)1日に承認を取得したことを発表した。

今回の適応拡大により、従来114 遺伝子の変異・増幅の検出であったものが、124遺伝子の変異・増幅、13遺伝子の融合とマイクロサテライト不安定性(MSI)の検出が可能になった。また同社は、全124遺伝子の生殖細胞系列遺伝子バリアントも参考情報として提供する、としている。

Medical Tribuneより
かあさん

MSI-Highが検出できることで、膵臓がん患者には朗報ですね。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 人はなぜ死を恐れるのか?人はなぜ死を恐れるのか? 人はどうして死ぬことを恐れるのか? がんの告知を受けたらだれでも「死」が頭をよぎります。がんが治る病気になったとはいえ、やはり「がん=死」という受け止め方が普通だと思うし、 […]
  • 長岡大花火を中継で長岡大花火を中継で 長岡の花火を一度は見てみたいが、多分生きている間には叶わないなぁ。で、テレビ中継で。 平原綾香の歌「ジュピター」に合わせて上がる「フェニックス」がいちばん良かった。 […]
  • 食事と運動でがん患者の生存率は伸びる食事と運動でがん患者の生存率は伸びる がん予防の食事は、がんができてしまった患者には効果がない、という医者もいますが、それは間違っています。 彼らが大好きなエビデンス(科学的な証拠)を使って反論してみます。 […]
  • これは見逃せない! 児玉龍彦(東大先端研教授)×津田大介をUSt生中継これは見逃せない! 児玉龍彦(東大先端研教授)×津田大介をUSt生中継 急遽決定!8月5日午後3時より児玉龍彦(東大先端研教授)×津田大介(ジャーナリスト)をUSt生中継  『現代ビジネス』は、8月5日午後3時より津田大介さんと児玉龍彦東京大学先端科 […]
  • 緊急入院中緊急入院中 13日土曜日に、また腸閉塞を起こして緊急入院しています。大学病院のERは自宅と目と鼻の先。こんな時には都合がよいが、今回はスマートフォンしか持ち出せなかったのでブログの更新もでき […]
  • がん放置療法:特報首都圏がん放置療法:特報首都圏 昨夜のNHK特報首都圏は『がん治療 […]
  • どうなる?膵癌ペプチドワクチンどうなる?膵癌ペプチドワクチン 大塚製薬がオンコセラピー・サイエンスとの契約を終了すると報じられています。大塚製薬が膵癌対象癌ワクチンOTS102のライセンス契約を終了2015/1/9 大塚製薬は、1月8日、オ […]
  • 四万十に行ってきた(2)四万十に行ってきた(2) 「トンボ自然公園」には23日に行ったのだが、前日が休館日のところ、祭日だったためこの日が休館日で、「トンボ館」「サカナ館」には入れず。ただ、園内は自由に散策できた。たくさ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です