糖質の少ないブラン(ふすま)パン

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

137億年の物語 宇宙が始まってから今日までの全歴史
クリストファー・ロイドの世界的ベストセラー『137億年の物語 宇宙が始まってから今日までの全歴史』では、「地球の生命を脅かす脅威トップ10」で第1位が「隕石の衝突」です。6650万年前に、ユカタン半島に大きなクレーターを作った隕石が恐竜を絶滅させた(という仮説が有力)のですから、400基以上もの原発を抱えた今では、それほど巨大な隕石でなくとも、人類と全ての生物を絶滅させることもあり得る大きな脅威です。

まぁしかし、私が生きている間には、そのようなことは起こらないだろう(と、3.11前は、誰もがそう考えていた)。


話は変わります。

Imageyositakapc051_2
たくさんの糖尿病のブログで人気になっているブランパンシリーズがローソンで販売されています。製造元は山﨑製パンです。しかし、近所のローソンを何カ所か探したのですが、どこにも置いてなく、近くのローソンで店長に「取り寄せ」を依頼しました。店長曰く「これは知らなかった。良い勉強になりました。今後置くようにします」と感謝されました。

ブラン=小麦のふすまを使ったパンで、糖質もカロリーも相当少ないものです。「ブランパン2個入り」は製造中止になったそうで、他の3種類を試してみました。

味も食感も、ほとんど普通のパンと変わりません。私の好みは「ハチミツ豆乳クリームブラン」ですね。しかし、少々値段の高いのが・・・。糖質制限食は一般的にエンゲル係数が高くなりますね。

豆腐ハンバーグブランが一番糖質が少なくて、8.9g/個です。ほろにがショコラブランが11.8g。ハチミツ豆乳クリームブラン:11.0g。

1回の食事で摂る糖質を20gに抑えるのが理想的です。2個なら食後血糖値が60mg/dL上がる計算です。(1gあたり3~4mg/dLの上昇)

このパンを食べた2時間後の私の血糖値は、

  • ブランパン2個、ゆで卵:163 mg/dL
  • ブランパン3個、サラダ:172 mg/dL

でした。3個でも大丈夫そう。非常に良い成績です。これなら食後血糖値の目標である200mg/dLも楽勝です。あんドーナツの好物だったのですが、今後はこのパンで代用できそうです。

P1020581

P1020585


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • Medエッジの膵臓がん関連記事Medエッジの膵臓がん関連記事 最近Medエッジに膵臓がんに関する記事が連続しています。 アレルギーのある人は膵臓がんになりにくいと判明、果物と葉酸でも防げる 膵臓がんに多い「膵管腺がん」、がん化の新しいメカニ […]
  • アブラキサンの話題、2題アブラキサンの話題、2題 アブラキサン(nab-パクリタキセル)が本年度中に膵癌に保険適用になりそうですが、海外(邦訳)と国内の臨床試験の結果が出ています。 進行膵臓癌を対象にしたMPACT試験の解析更新 […]
  • がん研究センターの英断と民間調査委員会の胡散臭さ 『患者必携 […]
  • 『膵臓がん患者と家族の集い』にご参加、ありがとうございました『膵臓がん患者と家族の集い』にご参加、ありがとうございました 当日の朝の天気予報でも、雨は昼過ぎには上がり、晴れ間も見えるというようなことを言っていましたよね。 5ヶ月ぶりとなった膵臓がんの集い、会場は大田区産業プラザ PIO […]
  • 原子力ムラの”勘違いした”逆襲原子力ムラの”勘違いした”逆襲 このブログでも取り上げた、年末に放映されたNHK 『追跡!真相ファイル:低線量被ばく […]
  • 修善寺温泉に行ってきました修善寺温泉に行ってきました 一泊二日で伊豆の修善寺温泉に行ってきました。 東名高速がリニューアル工事で、大井松田ー御殿場間の左ルートが閉鎖され、大渋滞が予測されるので、箱根経由のルートに変更。しかしこ […]
  • mFOLFIRINOX療法で71.4%が手術可能にmFOLFIRINOX療法で71.4%が手術可能に 4月16日から18日まで名古屋市で開催された第115回日本外科学会定期学術集会で、埼玉医科大学総合医療センター肝胆膵外科の二宮理貴氏の発表。 『Borderline […]
  • やっと退院やっと退院 2度目の手術・入院からやっと退院しました。 「脊柱管狭窄症の手術なんて、膵臓がんに比べたらかすり傷」と考えていたのですが、傷口から黄色ブドウ球菌に感染し、39度の熱に、炎症 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です