膵癌術後化学療法は、GEMからTS-1になるだろう

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

DP1M-100-0797

久しぶりにDP1 Merrillで散歩。自販機の背景の絵は新潟県十日町市の美人林でしょうか? どらえもんの「どこでもドア」のようです。


膵臓がんの術後化学療法はGEMよりもTS-1が優位であると、先日JASPAC-01試験の結果が出た。Abstractに関してはこちらに書いたが、「癌Experts」誌には杏林大学医学部主要な医科学教授:古瀬純司先生の解説「日本人における膵癌術後補助化学療法の標準はS-1に」が載っている。こちらには生存率曲線もあり、古瀬先生の見解も知ることができる。
Image_001

  • ゲムシタビン群の2年生存率は53%(95%信頼区間:46-60)
  • S-1群の2年生存率は70%(95%信頼区間:63-76)
  • 全生存率(OS)のハザード比が0.56で、死亡リスクを44%下げることを意味するが、これは驚異的な数字である。
  • プラセボ対照試験のように大差がついたのは大きな驚きです。

Image_002

  • 無再発生存期間(RFS)中央値はゲムシタビン群が11.2ヶ月
  • 同様に、S-1群は23.2ヶ月
  • ハザード比はこちらも0.56

結論は、

  • この結果は、S-1の術後補助化学療法としての有効性をしっかりと示した
  • CONKO-001試験のOS中央値は約23カ月。JASPAC-01試験では25.5ヵ月であり、ほぼ同等
  • 無再発生存期間中央値は、JASPAC-01試験の方がやや悪い。ですから、特に良い症例だけを登録した試験ではないことになります。
  • 進行癌で同程度の効果を示した薬剤同士が、術後補助化学療法では大きな差がついた理由の1つは、直接の抗腫瘍効果の差、つまり、
  • S-1の方が、肉眼では検出できない微小な遺残癌をきちんと排除する力がある。

CONKO-001試験はヨーロッパでの試験であり、今回は日本人を対象とした試験ですから、民族の差があるのかもしれません。TS-1がアジア人に対してより効果があるという情報がどこかにあったような気がします。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 甲状腺がん甲状腺がん 月曜日に甲状腺がんの細胞診をやってきました。先週の超音波検査結果で「たぶん嚢胞で良性だろうが念のため」と言われ、細胞診となった次第です。「超音波ガイド下穿刺吸引細胞診」というそう […]
  • タルセバ承認へ。OCV-101 第Ⅱ相試験 国立がん研究センター東病院タルセバ承認へ。OCV-101 第Ⅱ相試験 国立がん研究センター東病院 タルセバが6月から承認されるようです。 厚生労働省の薬食審医薬品第二部会は5月30日、新薬など9成分を審議し、承認を了承した。中外製薬の抗がん剤タルセバへの膵がんの適応追加、HP […]
  • 福島の子どもたちの甲状腺がん福島の子どもたちの甲状腺がん 福島の子どもたちの甲状腺検査結果が公表され、話題になっています。毎日新聞2月13日付の紙面では、震災時18歳以下の子どもの甲状腺検査で、新たに2人が甲状腺がんと診断され、昨年9月 […]
  • 膵がんの多剤併用療法は有効か?膵がんの多剤併用療法は有効か? 23日、パンキャン主催の「膵がん勉強会 X'mas スペシャル […]
  • 看取り先生(岡部健)の遺言 『看取り先生の遺言 […]
  • がんと食事(3)がんと食事(3) DP2 Merrill F7.1 1/400秒 […]
  • 薬・抗体医薬 週末は音楽と読書三昧。チェリスト長谷川陽子の師であるフィンランドのアルト・ノラスのCD『チェロ・カンタービレ』を聴く。静謐なチェロの音色にオーケストラの華麗な響きが伴って、ときに […]
  • 甲状腺がんの超音波検査結果甲状腺がんの超音波検査結果 甲状腺がんの疑いがあるといわれて、今日は超音波検査の結果を伺いにがん研に行ってきました。まだこの時点では、私の手術をしていただいた肝胆膵外科部長のS先生です。 検査目的:膵がん術 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です