スポンサーリンク

病院の受付で

今日はリパクレオン、ビオスリー、アヘンチンキをいただきにいつもの病院へ。

1967年にシシリー・ソンダース女史がイギリスでセント・クリストファー・ホスピスを設立したのが、近年の終末期医療の始まりといわれています。先代の鈴木荘一先生は、ソンダース女史の影響を受けて、日本で終末期医療を始めた草分け的な存在です。

今は息子さんの鈴木央医師が後を継いで、同じく地域の終末期医療、緩和ケアの中心的な活動を続けています。BS-TBS『ヒポクラテスの誓い』でもその活動が紹介されていました。

膵臓がんの術後、退院してすぐに投薬をこちらの病院でお願いすることにし、「膵臓がんの末期になれば先生にお願いします」と約束を取り付けてあります。

この先生で末期の苦痛が取り切れなければ、諦めもつきます。

まだしばらくはお願いする時期になりそうもないですが。

受付には新しい人形が飾られていました。(RICOH GR3 F2.8 S=1/25 ISO100)


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 無伴奏チェロ組曲無伴奏チェロ組曲 一足早く満開の桜。河津桜でしょうか?それとも陽光? 最近はバッハの無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV1007 […]
  • 重粒子線よりも手術重粒子線よりも手術 今週の初めにまた一人膵臓がんのブログ主さんが旅立たれました。家族の方でしょうか、最後の記事だとして報告されていました。 その中で気になったのは、亡くなられた患者さん […]
  • 道元の「生死」観:『正法眼蔵』がおもしろい(2) ネルケ無方氏がこの「現成公案」を一度英語にしてから現代語訳した本が出版されている。 『道元を逆輸入する』。なるほど、英語訳するためには道元の言わんとするところをしっか […]
  • 喫煙は COVID-19を重症化させる喫煙は COVID-19を重症化させる 5月31日は「世界禁煙デー」でした。6月6日までが禁煙週間となっております。 今年の禁煙デーは格別です。 この世界禁煙デーに先駆けて、WHOから「禁 […]
  • 内蔵HDDが不調かな?内蔵HDDが不調かな? メインで使っているデスクトップのデータを入れてあるD […]
  • study2007さん、末期がんの身で再稼働に満身の怒りstudy2007さん、末期がんの身で再稼働に満身の怒り 今日の東京新聞『こちら特報部』の記事をコピー。 余命宣告され、末期がんの大変な状況で、原発再稼働への満身の怒り。 今日は時間がないので、旅行から帰ってから追加、修 […]
  • がんと炎症(CRP値)がんと炎症(CRP値) がん患者が血液検査をすると、CRPが高くなることがあります。 「C反応性蛋白(CRP)」は、細胞組織に傷がついたり、臓器や粘膜が炎症したときに、体が防衛反応として発 […]
  • 今日の一冊(130)『キュア』田口ランディ今日の一冊(130)『キュア』田口ランディ がん患者にとって生とは、死とは? […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です