野菜を先に食べて血糖値を下げる

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付を始めました。
LINEで送る
Pocket

最終更新日

膵臓がんの方で血糖値の管理に苦心している方も多いことでしょう。私もこのところHbA1cが上昇傾向で、炭水化物・糖質をなるべく摂らないようにしていますが、外食ではそれもままなりません。

同じ食事をしても、炭水化物を先に食べるのか、野菜や肉などを先に食べるのかで、食後の血糖値に大きな違いが生じます。

食事の順番で血糖値がどれだけ変わるのか?」によると、

グループA:最初にパンなどの炭水化物を食べ、その15分後に、鶏肉などの蛋白質とレタスなどの野菜を食べます。
食後60分の血糖値:199.4(mg/dL)

グループB:最初に蛋白質と野菜を採り、その15分後に、炭水化物を摂取します。
食後60分の血糖値:125.6(mg/dL)

なんと、こうした簡単な対応で平均で37%の差があります。インスリン値でも49.6%の差があったそうです。

近年、食後の高血糖値が続くと、心血管疾患のリスクが増加すると言われています。糖質、炭水化物の過剰摂取は食後高血糖を招き、インスリン産生量を増やすことにより、糖尿病の発症リスクが増加するのは言うまでもありませんが、高インスリン血症はがん細胞を増殖させる作用があります。がん細胞を抱えている患者は気をつけたいものです。

話題は変わりますが、仕事でちょこっと潮来当たりまで行ってきた。あやめ祭りをやっているはずだが、もうアヤメはしおれかけているだろうからパス。

トンボ公園 トンボの姿は見えないが・・・

IMG_0273

IMG_0294

IMG_0311

IMG_0314

IMG_0324

酒々井ICを降りて「酒々井プレミアム・アウトレット」へ寄り道。
わんちゃんがたくさん歩いていた。

IMG_0342

IMG_0347

ボクにもアイス頂戴!

IMG_0341

ゴディバで80%オフのチョコを買った。どなただったか、膵がんのブログで倉敷のアウトレットでこのチョコを買ったと言われていた方がいた。酒々井のゴディバにもあった。

IMG_0340

これが一袋500円。但し賞味期限が7月6日までです、と念を押されたが、そんなもの気にしない。もちろん、私は血糖値が気になるから食べない。一個くらいならいいか?

Img_0357


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

野菜を先に食べて血糖値を下げる” に対して1件のコメントがあります。

  1. 高橋 より:

    >糖質、炭水化物の過剰摂取は食後高血糖を招き、インスリン産生量を増やすことにより、糖尿病の発症リスクが増加するのは言うまでもありませんが、高インスリン血症はがん細胞を増殖させる作用があります。
    肉を食べると分泌されるIGF-1も、糖尿病の発症リスクを増加させ、がん細胞を増殖させるそうです。
    遺伝的に成長ホルモンとIGF-1が分泌されない民族は、糖尿病とがんが起きません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です