スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの患者会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
12/9(木)9:00AM 参加申込締め切り

詳しくはオフィシャルサイトで

紹介状なしでの大病院受診、再診でも2500円の意味

これはすべての患者が知っていた方が良い。

医療ガバナンス学会『本当の狙いは?「大病院で再診2500円」のインパクト

4月1日からの診療報酬改正で、紹介状なしで大病院を受診したら+5000円、再診の都度+2500円が新たに自己負担となることは知っていた。しかし、それだけではないようだ。

「紹介状なし」で大病院で受診した際、通常の医療費に加えて「初診で5000円以上」「再診で2500円以上」の全額追加自己負担が義務化

現状でも紹介状なしでの受診に特別料金を取っている大病院はあるが、これが義務化される。この5000円以上、2500円以上は保険適用の対象ではなく、「全額を自己負担」しなければならない。

さらに、90日分の薬の処方は認められず、30日以上の処方を出す際には「残薬の管理」を求めるなど、医師の責任が重くなる。それじゃと、30日毎に行くことで問題はないかというと、これがまた違う。それは症状が安定している患者と見做せるのだから、近くの200床以下の中小病院や診療所に文書による”逆紹介”しなければならない。患者が紹介を断ると、それ以降は再診ごとに2500円の全額自己負担が生じることになる。

  • 再診2500円の自己負担義務化は、大病院受診を抑制するのみならず、大病院通院中の患者を中小病院や診療所へ誘導する強力な方策

風邪でも大病院を受診する患者がいるなど、この方策自体は合理的なんだと思いますが、ペナルティを科してまで強引にやるのはどうか。

初診の「特別の料金」の支払いを求めないことができる患者として、
(1)自施設の他の診療科を受診している患者
(2)医科と歯科との間で院内紹介された患者
(3)特定健康診査、がん検診等の結果により精密検査受診の指示を受けた患者(4)救急医療事業、周産期事業等における休日夜間受診患者
(5)外来受診から継続して入院した患者
(6)地域に他に当該診療科を標榜する保険医療機関がなく、当該保険医療機関が外来診療を実質的に担っているような診療科を受診する患者
(7)治験協力者である患者
(8)災害により被害を受けた患者
(9)労働災害、公務災害、交通事故、自費診療の患者
(10) その他、保険医療機関が当該保険医療機関を直接受診する必要性を特に認めた患者

とあるので、健診でがんの疑いといわれ、いきなり大病院に行っても追加負担は求められないようです。

がん患者では、紹介状なしで大病院を受診する患者はほとんどいないでしょうが、「もう打つ手がありません。近くの病院を紹介するのでそちらに行ってください」と言われて「いや、やはりこの病院でお願いします」と言った時点から+2500円となりかねません。

がん患者には特別な配慮が必要でしょう。がん難民が増えるのではないかと危惧します。制度がどんどんと複雑になっていき、医者も対応が大変でしょうね。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 【追加情報】膵がんに対する樹状細胞療法の試験【追加情報】膵がんに対する樹状細胞療法の試験 「昼寝」  春爛漫、留守番も眠くなります。 共同通信によると、「メディネットの契約医療機関である瀬田クリニック新横浜と名古屋大学医学部附属病院が、2005年6月から切除不能局 […]
  • がん患者に朗報―臨床試験が探しやすくなるがん患者に朗報―臨床試験が探しやすくなる 昨年には臨床研究法が成立、しかし・・・ 昨年4月に、臨床研究法が成立しています。 同法は、医薬品などの臨床研究のうち、製薬会社などから提供された資金や、国の未承認 […]
  • 治すのはあなた自身です治すのはあなた自身です 「市民のためのがん治療の会」に掲載された吉村光信さんの「がんと心もよう」がすばらしい。 吉村さんは製薬会社で新薬の臨床開発に従事していた方です。健康診断でたまたま肝がんが見つかり […]
  • 奇跡のデンプン療法は低用量抗がん剤治療だった奇跡のデンプン療法は低用量抗がん剤治療だった 千葉徳州会病院の副院長 […]
  • 「求めない」 加島祥造、老子、セネカ「求めない」 加島祥造、老子、セネカ 加島さんはこう言う。「求めない」と言ったって人間は求める存在なんだ。それは承知の上での「求めない」なんだ。僕が「求めない」というのは、求めないですむことは求めないってことなんだ。 […]
  • メンテナンスは大事メンテナンスは大事 梅雨も開けたからガラスコーティング 長い梅雨も開けたので、久しぶりに愛車の洗車。半日かけて手洗いとガラスコーティングです。 今は良いガラスコーティング剤がネットで手に入る […]
  • スマートウォッチで血糖値測定 最近朝の空腹時の血糖値が高いんですよね。腰痛もあって運動不足でしょう。少し糖質を摂り過ぎなのかもしれません。 針を刺す時のあの何とも嫌な感じは、なかなか慣れないで […]
  • 喫煙は COVID-19を重症化させる喫煙は COVID-19を重症化させる 5月31日は「世界禁煙デー」でした。6月6日までが禁煙週間となっております。 今年の禁煙デーは格別です。 この世界禁煙デーに先駆けて、WHOから「禁 […]

紹介状なしでの大病院受診、再診でも2500円の意味” に対して1件のコメントがあります。

  1. Fox より:

    こんにちわ。・・・・・初めて投稿します。総合病院で、化学療法を通院して抗がん剤に耐性がついて、TS-1に代わった途端、追放になった。検査データーを引き続き、お願いしたら、治療ありきの検査だから、やっていないとの回答でした。地元の病院では、腫瘍マーカーの検査がいきとどかず、CEAをとったら、CA19-9、Span、Dupanはとれない。その病院の相談員が言うには、初診で外来に並べたって。・・・呆れてしまう。

コメントを残す