蒲田でミニオフ会

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

今日は朝から久しぶりのチェロ。先週の出張は久しぶりのきつい肉体労働だったので、足腰と腕も痛くて弓を持つ元気もなく、1週間ぶりのチェロレッスンとなった。

Exerciseでちょっと腕を慣らしてEtude。ハイポジションを少し練習した。まだまだ音程も音質も気に入らないなぁ。ま、あきらめずに練習あるのみ。『音楽家のためのアレクサンダー・テクニーク』を読み進めている。結構参考にはなる。

「虹の彼方に」を数回弾いてからフォーレの「夢のあとに」。これはずっとやりたかった曲だが、ハイポジションのテクニック不足で棚上げにしていた曲。いよいよ挑戦してみることにした。今日は運指をいろいろと考えて鉛筆で書き込んだだけ。

午後はミニオフ会。ブログに何度かコメントをいただいているバカ建築屋さん(Hさんとしておきます)と蒲田駅のルノアールで2時間ほどの、コーヒーだけのオフ会でした。Hさんは下戸だということでした。かわいそうに。

蒲田のルノアールは、昔若かった(よけいか?)妻とのデートの待ち合わせ場所によく使ったところです。40年前と内装も変わらず営業を続けていて懐かしい雰囲気でした。

Hさんはブログではなく、Twitterで膵臓がんの情報を発信されている方です。話していると、二人の共通点がたくさんあることを発見!

  1. 出身は四国の高知と香川だが、長宗我部氏の流れをくんでいるよう。
  2. がん研有明で膵臓がんの手術をした
  3. ステージはⅢで、膵体部・膵尾部を切除
  4. なんと、血糖値の管理は同じ大森駅前のクリニックで(クリニックで会ったことはまだない)
  5. 仕事が原子力施設に関係している

こんなにたくさんの共通点があるというのは、もしかして前世からの因縁か?

むさ苦しいおじさん二人なので、写真は撮っていませんが、あっという間に時間が過ぎ、たくさんの話をすることができました。

パンキャンの勉強会も良いけど、たんなるおしゃべり会も頻繁にあるといいよね。

「再発や転移なんかは気にしないで、のんびりと生きるさ」というHさん。「そうですよ。そういう心の平安状態が免疫力も活性化して、完治する可能性が高くなるのでしょう」と私。がんとうまく付き合っている方でした。こういう人が完治して生き残る確率が高いんだよなぁ。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • がん治療で無視できない腸内細菌がん治療で無視できない腸内細菌 腸内フローラ 次世代シークエンサーといわれる遺伝子解析装置の開発など、最近の分子生物学の進歩により、腸内細菌の新しい事実が明らかになってきました。 なんと、潰瘍性大腸 […]
  • ガンの患者学研究所 (1) 久し振りに安保徹氏に関することです。安保徹氏は非常に分かりやすい(トンデモ)人物です。『安保免疫理論と上野式代替医療でガンは治る―なぜ三大療法でガン患者は治らないのか?』から何カ […]
  • WHO:レムデシビルの有効性示せずWHO:レムデシビルの有効性示せず 世界保健機関(WHO)が実施した抗ウイルス薬レムデシビルの臨床試験で、レムデシビルは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の死亡率改善に対する効果は認められな […]
  • 散歩写真で12,000歩散歩写真で12,000歩 昨日もよく歩いた。12000歩、1時間44分、8.7kmであった。 ただ歩くのも退屈なので、気ままに散歩写真を撮りながら歩いている。 下は呑川 […]
  • PET-CTによる被ばく量はどのくらいか?PET-CTによる被ばく量はどのくらいか? PET-CTとは? PET-CTとは、代謝を画像化するPET検査と、CT検査を同時に行うことができる、がん診断のための装置です。 がん細胞は正常細胞よりも多く […]
  • 今日の一冊(141)『エンド・オブ・ライフ』佐々涼子今日の一冊(141)『エンド・オブ・ライフ』佐々涼子 2012年に『エンジェル・フライト 国際霊柩送還士』で開高健ノンフィクション賞を受賞した著者の最新作。 佐々涼子の友人、膵臓がんになった看護師 […]
  • 今日の一枚『ハローウィン』今日の一枚『ハローウィン』 病院の受付です。月一回幾たびに人形が変わります。 今日はハローウィンの飾り。 RICOH GR3  f2.8  1/40秒  ISO […]
  • 今日の一冊(109)「がんと腹水治療 -末期がん・肝硬変 先端医療の現場-」今日の一冊(109)「がんと腹水治療 -末期がん・肝硬変 先端医療の現場-」 CART療法は、1981年に保険認可されているものの癌性腹水治療法として一般に普及していないのが現状です。癌細胞や白血球、フィブリンなどの細胞成分の多い癌性腹水では、狭いファイバ […]
LINEで送る
Pocket

蒲田でミニオフ会” に対して2件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    バカ建築屋さん。話したかったことは尽きないですが、またの機会を願っています。
    「なんとかなるものはなんとかする。なんともならないものは成り行きに任せる」
    良寛はかく言う。「災難に逢う時節には、災難に逢うがよく候。 死ぬ時節には、死ぬがよく候。 是ハこれ災難をのがるる妙法にて候」
    これが、がんと共存して命を生きる方法かと。

  2. バカ建築屋 より:

    キノシタ様
    いやぁ相変わらずお忙しいスケジュールの中とは気付きませんでした。
    恐れ入ります。ありがとうございました。
    少々離れてますけど、住まいが面する通りも同じようですね!
    とことん調べて納得の上で「気にしない」ってのを目指すつもりが
    実際は、なるようになるさ?ってところですかね
    今後ともよろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です