スポンサーリンク

院内がん登録全国集計での膵癌

LINEで送る
Pocket

XT2F1180

巾着田の曼珠沙華


膵臓がんの6割は手術ができる?

マスコミで、「すい臓がん患者の4割 発見時にはすでにステージ4」などと報じられています。じゃあ、6割は手術できるの?と受け取りかねません。

国立がん研究センターから「がん診療連携拠点病院等院内がん登録全国集計」が発表されたので、詳細を見てみました。

PDFファイルがん診療連携拠点病院院内がん登録全国集計 2014年全国集計報告書(PDF:5,410KB) new!

すい臓がんのステージ分類として、国際的に使われているものが「UICC(国際対がん連合)分類」です。日本膵臓学会の「膵癌取扱い規約」にもとづく分類とは、やや異なっています。この集計はUICCに基づいている点に注意が必要です。

膵癌のUICC分類

Pancreas6_list2_2

「膵癌取扱い規約」による分類

Pancreas02_2

UICCと日本膵臓学会の「膵癌取扱い規約」の病期分類には、おおよそ以下のような関係があります。

20160927_16_30_55

つまり、膵癌取扱い規約では0~Ⅲ及びⅣaの一部が手術可能であるが、UICC分類では0、Ⅰ~Ⅱが手術可能なのです。私たちは一般に膵癌取扱い規約の分類を用いているので、錯誤が生じます。(0期は上皮内がんとも呼ばれています。異常な細胞が形成され、膵臓の内層に限局して認められます。これらの異常な細胞はがんになり、近くの正常な組織に拡がる可能性があります。 )

  • 2014年に受診した患者(自施設で診断または他施設で既に診断されたのちに自施設を初診した、全悪性新生物及び頭蓋内の良性及び良悪性不詳の腫瘍の登録患者)の腫瘍データである。
  • 治療を行わない経過観察例も含まれる。セカンドオピニオンのみを目的とした初診を登録対象とするか否かは各施設の判断に任されている。

重複して登録されている患者がいるのです。匿名のデータベースなので重複チェックができないのです。

ステージも治療前ステージ術後病理学的ステージ総合ステージの3つがあります。手術ができた場合は病理検査でステージが確定しますが、できない場合はCTの結果などからステージを決定します。また放射線治療を選択した場合も同様ですね。統合ステージは、

治療開始時点でのがんの状態をより正確に表しているとされる術後病理学的ステージを第一優先とし、術前治療が行われた術後病理学的ステージの適用外及び術後病理学的ステージが不詳であった例、腫瘍切除を行っていない例では、治療前ステージを用いてがんの治療開始時点での病期を示す指標として総合ステージを算出した。

となっています。

そうした目でこの集計の膵癌の部分を眺めてみます。UICCステージ分類(総合ステージ)では次のようになっています。

20160927_16_41_19

なぜⅢ期よりもⅡ期が多いの?との疑問も、UICCだから膵癌取扱い規約のⅢ期とⅣaが含まれているとしたら疑問は解消ですね。Ⅲ期は膵癌取扱い規約のⅣaのみだからです。

手術ができないと言われるⅢ~Ⅳが13.0+45.3%で合計58.3%。じゃぁ42%は手術できたのかというと、

20160927_16_45_53

術後病理学的ステージ集計が30.0%であるので、手術可能は30%が真の値に近いでしょう。

しかし、詳細はもっと複雑です。

20160927_16_48_58

Ⅳ期でも手術のみが1.6%、手術+他の組み合わせが合計で13.2%もあります。全症例の6%です。Ⅲ期も同様に4.7%です。

一方で0~Ⅱ期でも「薬物療法のみ」というのが、0.6、4.1,9.4%で全症例の3.2%もあります。

マスコミの「4割は手術ができないステージ4で発見される」という不十分な報道は、ICCと膵癌取扱い規約の区別がついていない。また、詳細な報告の中身を読んでいないことに原因がありますね。

膵臓がんで手術できるのは15~25%、と言われてきましたが、着実にその割合は増えています。ステージⅣb(UICCではⅣ)でも6%は手術にチャレンジしています。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 福島原発事故、遺伝子異常が現れるのは10世代先 スイスでは原発の二〇三四年までの段階的廃止と新設禁止を全州議会(上院)が承認して、脱原発の法案成立が確実になった。そのスイスのニュースを日本語で紹介して いるswissinfo. […]
  • 原発の再稼働、バカなこと言うな原発の再稼働、バカなこと言うな このところ地震が多い。今日も13:40頃に福島沖でM5.5(実際はM5.0)の地震があった。Signalnowexpressをインストールしてあって、緊急地震速報がパソコンの画面 […]
  • 患者会に参加することで生存率が高まる患者会に参加することで生存率が高まる 「患者会」あるいはオフ会に参加することはどのような効果があるのか、考えてみます。もちろん、同じ膵臓がん患者として、どのような治療法をやっているのか、副作用対策はなど、これ […]
  • 入院中でも散歩写真入院中でも散歩写真 昨日は高級住宅地の御殿山付近を歩いたのですが、私の関心を惹くような被写体には出会えませんでした。原美術館も行く予定をしていたのですが、月曜日が定休日でした。 「御殿山トラス […]
  • のりぽきーとさん、闘病記をクラウドファンディングで出版のりぽきーとさん、闘病記をクラウドファンディングで出版 お母さまの膵臓がん闘病記を4コマ漫画で書かれているのりぽきーとさんが、闘病記を出版するためにクラウドファンディングで資金を募集しています。 100万円の目標 […]
  • 運動で、がん細胞が消える運動で、がん細胞が消える 本日7日付の日経新聞「今どき健康学」に、運動がASC遺伝子のメチル化と関係していて、運動すればメチル化率が高くなり、若返り効果があると紹介されている。 またASC遺伝子は細 […]
  • BNCT(ホウ素中性子補足療法)の治療効果BNCT(ホウ素中性子補足療法)の治療効果 今年6月に、頭頸部がんに対して保険収載となったBNCT(ホウ素中性子補足療法)ですが、脳腫瘍に対しても保険申請の手続きが進んでいるようです。 光免疫療法が膵臓がんに適用でき […]
  • 玄米菜食主義玄米菜食主義 仕事で倉敷に出張。駅までの途中の公園はもう梅の花が満開で、スズメが花の蜜に飛び回っていた。ノートパソコンをリュックに入れて結構重いカバンになったが、手術前の80キロ近い体 […]
LINEで送る
Pocket

院内がん登録全国集計での膵癌” に対して2件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    ハマリョウさん
    おかしいなぁと思ったら原典に当たるということですね。

  2. ハマリョウ より:

    納得しました。今年の発表は専門過ぎて分かりにくい説明ですね。
    今年度に入って、国立ガンセンターのセンター長が代わって、
    ちょっと悪い方向に変わった感じがしています。

コメントは受け付けていません。