スポンサーリンク

医療には唯一の正しい答えがあるのだろうか?

医療において、患者の意志決定はどのようにされているのか、治療において唯一の正しい答えはあるのだろうか。

治療をすべきかどうか、いくつもの治療法があり、それぞれにリスクとベネフィットがあるとき、患者はどのようにして選択しているのかを、ルポルタージュした本です。

決められない患者たち

決められない患者たち

Jerome Groopman MD, Pamela Hartzband MD
6,375円(01/21 12:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

EBMに従うのが最良の医療だといっても、

Image_001

エビデンスが常に「最善」とは限らない。いろいろなバイアスがある。患者の状況も常に変化し、全てが把握できるわけではない。医師の技能もピンからキリである。要するに、医療には多くのグレーゾーンがあり、将来起こり得る状況を予測することは難しい。

科学的根拠に基づいた医療とは、「科学的根拠」「患者の状況」「医師の臨床技能」「患者の価値観」の4要素を考慮し、より良い患者ケアに向けた意思決定を行うための行動指針』であるのだから、科学的根拠以外の要素も考慮するため、ときに科学的根拠が示す結果とは異なる判断をすることもあり得る、のです。

患者の価値観もときによって異なる。高血圧の薬を飲むことを拒否する「自然主義派」の患者でも、がんともなると手術や放射線も拒否しないで最善の治療を受けようとする。

患者の多くが、治療法の意志決定に際して「隣人のアドバイス」を最も重視していると統計的には示されている。「〇〇でがんが治った」などもこれに含まれるだろう。これを「可用性バイアス」と言うのだが、その治療法で失敗した多くの患者がいたとしても、成功した一人の患者のニュースが記憶に残り、治療の意志決定に影響する。

著者は、多くのエピソードを説明した上で、賢い患者となるための「結論」として次のように述べている。

  • 医学は不確実な科学だ
  • ある特定の医療行為が患者の人生にどのような影響を与えるかを予測できるはずもない
  • 医療のグレーゾーンでの選択は、単純でもなければ明快でもないことが多い
  • したがって、患者と医師の両方によって、微妙に調整された意志決定がされなければならない
  • ガイドラインという作業マニュアルに従って医療を提供するのが望ましいという医師や専門家がいるが、それは「患者中心の医療」ではなく「システム中心の医療」である
  • どの治療を望むかという点で、最大限主義者と最小限主義者がいる
  • 自然主義指向と新しい革命的な治療法が最善とする技術主義指向の患者がいる
  • 信じる者と疑う者というカテゴリーも存在する
  • 自分がこれらのカテゴリーのどれに当てはまるのかを検討した上で、熟考のプロセスを見直すことをお薦めする
  • 治療による利益よりも害のほうを重視する患者には「隣人のアドバイス」、親戚や友人の経験やメディアやインターネットでの経験談=「可用性バイアス」も指向を決定する最大のファクターになる
  • しかし、可用性バイアスの害を避けるためには、治療のリスクと利益に関する数字、治療必要数と有害必要数といった情報をたくさん集めて、その中に他人のエピソードを落とし込んで考えることが最善である
  • 意志決定において自分がどの程度の自律性と主導権を発揮したいかも考慮しておくべきである。主治医との信頼関係を構築し、それを確かめながらどの程度の主導権を発揮すれば良いのか、軌道修正していくことが理想である

賢い患者になるための指針である。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 癌の原因(マインドマップを使って)癌の原因(マインドマップを使って) 今日は父の日です。60歳の誕生日も間近です。家族で祝ってもらいました。子供たちからはサントリーの「山崎12年物」を二本。 「今年は告白はないでしょうね」とかみさん。そういえ […]
  • 新型コロナワクチン、当面は打たない新型コロナワクチン、当面は打たない 新型コロナに感染した弟も、一昨日3週間ぶりに退院しました。政府の方針では、重症患者用の病院は3週間経てば退院しなくてはいけないらしいです。退院する際にもPCR […]
  • 今日の一冊(142)『がん患者さんのためのマインドフルネス瞑想法』今日の一冊(142)『がん患者さんのためのマインドフルネス瞑想法』 今日の一冊を書くのは約2ヶ月ぶりですね。この間に読んだ本ももちろんあるのですが、積極的に紹介したいと感じる本には出会っておりません。 コロナのせいですかね。なんとな […]
  • がん患者にもスクワットがん患者にもスクワット がん患者はうつになりやすい 先日の旧『すい臓がんカフェ』(現在は『膵臓がん患者と家族の集い』)での講演でもお話しさせていただいたが、がん患者はうつ病になりやすい。うつになる […]
  • 百歳まで生きることに決めて、神様にお委せする百歳まで生きることに決めて、神様にお委せする 私は最近になって、ドクター(シーゲルのこと)が書いている次の一節の本当の意味が少しだけ分かったような気がしている。というより、この一節の意味を心底理解できれば、自分のがんを完全に […]
  • 抗がん剤で進行がんが治ると、多くの患者は誤解している抗がん剤で進行がんが治ると、多くの患者は誤解している 再発や転移のあるステージ4のがんは、抗がん剤で根治することはまず不可能です。しかし、7割から8割の患者が、進行したがんが抗がん剤で治ると誤解しています。しかも、主治医とのコミュニ […]
  • 『モモ』で考える、時間と死『モモ』で考える、時間と死 ミヒャエル・エンデの『モモ』は、灰色の男たち=時間どろぼうを登場させることによって、時間の節約=効率主義が、人々から人生のゆとりと生き甲斐を奪うということを、ファンタジーの形式で […]
  • 八海山と天ざる八海山と天ざる 今日の夕食は独りだったので、大森の蕎麦屋「やまと」へ 天ざるを頼んで、さてさ酒は何にしようか。 八海山の冷酒にしました。 出てきた器を見て納得、竹をくりぬいた […]

コメントを残す