スポンサーリンク

光免疫療法:他の療法と併用すると増強することができる

LINEで送る
Pocket

小林久隆氏は、光免疫療法の関する論文を精力的に発表しています。その中から、気になるものを抜粋して紹介します。

近赤外光免疫療法およびデュオカルマイシン抗体コンジュゲートによる近赤外光放出を用いた分子標的化癌併用療法。

グーグル翻訳も、最近はずいぶんと使えるようになりました。手抜きですが、こちらに機械翻訳を。


近赤外光免疫療法(NIR-PIT)は、抗体 – 光吸収体コンジュゲート(APC)を用いる高度に選択的な腫瘍治療である。しかし、NIR-PITの効果は、他の療法と併用すると増強することができる。ヘプタメチンシアニン足場に基づくNIR光ケージンググループは、光に暴露された後に標的の近くに生物活性分子を放出するように開発されている。ここでは、panitumumab-IR700(pan-IR700)とNIR放出化合物CyEt-Panitumumab-Duocarmycin(CyEt-Pan-Duo)を用いたNIR-PITの組み合わせを検討した。pan-IR700およびCyEt-Pan-Duoの両方が、in vitroでEGFR発現MDAMB468細胞株に特異的な結合を示した。インビボ研究では、NIR光照射の直後にCyEt-Pan-Duoをさらに注入すると、高い腫瘍蓄積および高い腫瘍 – バックグラウンド比が得られた。インビボでの併用療法の効果を評価するために、担癌マウスを4つの群に分けた:(1)対照; (2)NIR-PIT; (3)NIR放出; (4)NIR-PITとNIR-放出の組み合わせ。対照群と比較して、すべての処置群で腫瘍増殖が有意に阻害され(p <0.05)、有意に延長された生存が達成された(p <0.05対対照)。最大の治療効果は、NIR-PITおよびNIR-放出併用療法で示された。結論として、NIR-PITとNIR-放出の併用療法は、NIR-PITまたはNIR-放出療法単独と比較して、治療効果を増強した。対照群と比較して、すべての処置群で腫瘍増殖が有意に阻害され(p <0.05)、有意に延長された生存が達成された(p <0.05対対照)。最大の治療効果は、NIR-PITおよびNIR-放出併用療法で示された。結論として、NIR-PITとNIR-放出の併用療法は、NIR-PITまたはNIR-放出療法単独と比較して、治療効果を増強した。対照群と比較して、すべての処置群で腫瘍増殖が有意に阻害され(p <0.05)、有意に延長された生存が達成された(p <0.05対対照)。最大の治療効果は、NIR-PITおよびNIR-放出併用療法で示された。結論として、NIR-PITとNIR-放出の併用療法は、NIR-PITまたはNIR-放出療法単独と比較して、治療効果を増強した。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です