スポンサーリンク

膵臓がん長期生存患者となるためには

20180117002

膵臓がん長期生存患者にはネオアンチゲンとそれに反応するリンパ球が多い

中村祐輔先生のブログに表題の記事があがっています。

ネオアンチゲンや専門用語が多いので、すんなりと理解できないですが、要点をかみ砕いて書いてみます。

  • 長期生存している膵臓がん患者のがん細胞の表面には特殊な目印が出ている
  • これを目印にして、リンパ球の一種ががん細胞を攻撃する
  • どちらかが少なくても転移が多く予後が悪い

のです。

がん細胞の表面に出ている特殊な目印がネオアンチゲン(がん特異抗原)で、正常な細胞には発現しておらず、がん細胞だけにみられます。
CD8は、サプレッサーキラーT細胞の表面にある糖蛋白でできた抗原(目印)で、これを掲げているT細胞が分化して、がんを攻撃するCTL(キラーT細胞)ができる。

考えてみればあたりまえのことで、敵の居場所と規模を知っており、味方が多いほど戦に勝つ可能性が高いのです。

抗がん剤で免疫力を下げた状態(味方を攻撃する)で、免疫療法をやっても効果が得られるはずもありません。免疫療法は告知の直後にやるべき治療法です。

リンパ球が多いだけでは不十分で、その中にがんを攻撃する能力を持ったリンパ球がどれほどあるかが重要です。

リンパ球の3つの主要な種類は、T細胞、B細胞、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)で、その中でも細胞障害性T細胞、(がんの殺しやと言われる)NK細胞の数が問題です。

膵臓がん患者の予後は分からない

ネオアンチゲン反応性リンパ球が増えるかどうかは現時点では「神のみぞ知る」状態だ。ネオアンチゲンはT細胞受容体によって認識されるのだが、われわれの免疫系は多様性が桁外れに高く、個人個人によって持っているT細胞受容体は、全く異なると言ってもいいくらい、大きく異なっている。したがって、ネオアンチゲンに反応するリンパ球が患者さんの体内に存在するかどうかは、予測できない。

つまり、現時点では個々の膵臓がん患者の予後は分かりません。それじゃ現役の膵臓がん患者は打つ手がないのか?

そんなことはありません。運動や瞑想で遺伝子の発現状態を変えることができると研究報告されています。

夜更かしは遺伝子の働きを乱すから、規則正しい睡眠が大事です。

リンパ球のなかでも目印がなくてもがん細胞を認識して攻撃するNK細胞を増やすことができます。笑うことでもNK細胞活性が高くなります。

キラー・ストレスをなくすことも大事です。

NK細胞はがんとの闘いの最前線にいる免疫細胞ですが、NK細胞も脳と密接に情報交換をし、脳の状態=心のありように大きく影響を受けているのです。心のありようが、局所再発や転移にも影響を与えていると考えても良いと思います。(今日の一冊(62)『がんでも、なぜか長生きする人の「心」の共通点』より)

がんを攻撃するリンパ球を増やす食品としては、タイミング良く金魚さんがブログに書いています。
NK細胞活性

影響のある食品成分として分析されてるのは
ゲニステイン(大豆大豆)
クルクミン(ウコン)
βカロチン(緑黄色野菜)
ビタミンD・E(ナッツ類など)
DHA・EPA(魚など)
ケルセチン(玉ねぎ玉ねぎ)
ポリフェノール(緑茶や葡萄など)
アシタキサンチン(甲殻類)
普通に健康に大事って言われるものばかり

そして、シュレベールの『がんに効く生活』にほとんど網羅されている。これがあれば十分だと。

Nature の元記事 日本語要約


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 膵臓部分切除後の糖尿病発症の違い膵臓部分切除後の糖尿病発症の違い 今日は糖尿病内科医のクリニックで定期的な診察でした。 昨年の11月頃から空腹時の血糖値が徐々に上がってきて、最近は200mg/dLを超えることもしばしばあります。 […]
  • 「がんと闘う」が駄目な理由(わけ)「がんと闘う」が駄目な理由(わけ) ついつい私も「がんと闘う」と書いてしまうことが多いです。しかしこれにはいくつかの問題があります。 患者はがんと闘い、あるいは副作用とも闘います。しかし「闘い」とい […]
  • 組織内加温によりステージⅣの膵癌が縮小組織内加温によりステージⅣの膵癌が縮小 細い針の先端部分に加温ヒーターと温度センサーを取り付けたデバイスを、腫瘍内部に差し込んで、腫瘍の温度を60°cにまで上げます。これによって温度に弱いがん細胞を死滅させる技術です […]
  • 局所進行膵癌が粒子線治療の全額保険適用に局所進行膵癌が粒子線治療の全額保険適用に 重粒子線照射システム(放射線医学総合研究所) 膵臓がん患者さんにとっては嬉しいニュースです。  厚生労働省の先進医療会議は6日、医療費の一部で保険適用が認められるが […]
  • オミクロン株と糖尿病:膵臓がん患者は注意をオミクロン株と糖尿病:膵臓がん患者は注意を インドでオミクロン株による初めての死者が出ました。高齢の糖尿病患者そうです。 オミクロン株は感染力は強いが重症化率は少ないとも言われてはいますが、糖尿病患者は要注 […]
  • どうしてあの人だけが膵臓がんから生還できたのかどうしてあの人だけが膵臓がんから生還できたのか 週刊現代の2021年11/13.20合併号の「医療スペシャル」として膵臓がんが取り上げられています。 記事には、3人の膵臓がんサバイバーが登場します。 膵臓 […]
  • 「温熱動注化学療法」で、転移した膵臓がん患者が2年半延命「温熱動注化学療法」で、転移した膵臓がん患者が2年半延命 ブログの更新も随分と時間が空きました。正直今週はめちゃ忙しい。七十歳過ぎの老人がフルタイムで平日まるまる働かされています。 こんな腰痛持ちの老人を必要と思ってくれる人がい […]
  • メラトニンと膵臓がんメラトニンと膵臓がん 私は膵臓癌の手術が終わった直後からずっとメラトニンを服用しています。多分10年以上になるはずです。 もちろん膵臓癌の再発防止が主目的ですが、国際線のパイロットやCAはジェ […]

膵臓がん長期生存患者となるためには” に対して2件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    金魚さん
    腰痛からきているようで、
    腰痛はウィリアムズ体操を取り入れてから改善しています。
    どうやらスクワットのやり過ぎのような気がします。
    足の筋肉を増やすには良いが、腰には負担がかかるようです。
    ほどほどは難しい、仰るとおりです。

  2. 金魚 より:

    こんばんは~
    体調は戻られましたか?
    ちょうど、NK細胞のお話を書くなんて、びっくりしますね!
    とにかく、まんべんなく良い食材をいただくのが一番な気がします。
    偏り過ぎると、その食材がダメだったと言われるとショックも大きいですしね。
    美味しく無いのに無理すると、それがストレスになりそうですしね。
    あまり真面目に頑張り過ぎるのは、それ自体、病気を招く性格特性が際だってしまう気もいたします。
    ほどほど・・・って難しいです(笑)。

コメントを残す