あの世へのベルトコンベアは、エビデンスで掃き清められている

スポンサーリンク
【日 時】2019年8月31日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:緩和ケア医 大津秀一先生「膵臓がんの緩和ケア~これだけはおさえておくこと~」(仮)
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
参加申込み受付中です。
LINEで送る
Pocket

01

日経の記事『がん標準治療 実施72% 国立がんセンター調査、前年上回る

なんだか、意味不明な調査だなぁ。

「体調や年齢などの関係で実施しなかった例を除くと、6つの標準治療の実施率は9割を超えた」と書かれているのだから、問題ないのではないか。

1割がガイドラインを遵守していないことを問題にしているとしたら、標準治療をはき違えているのは国立がんセンターの方ではないだろうか。ガイドラインは参考にすべきものであって、これが100%実施されているとしたら、返って逸脱だろう。

朝日新聞の記事『がん拠点5病院で研究外の免疫療法 厚労省調査

診療連携拠点病院5カ所で、有効性が認められていない「がん免疫療法」を臨床研究以外の枠組みで実施していたことが29日、厚生労働省の調査でわかった。治療費が全額患者負担となる治療が、標準治療の提供が求められている拠点病院で確認された。厚労省は今後、科学的根拠が確立していない免疫療法は原則、臨床研究で実施するよう求めていく方針だ。

これもそうだ。標準治療以外は認めない。臨床研究としてやれというお達し。

中村祐輔氏がブログで書いているが、

がん対策基本法の成立に尽力された議員の遺族が、「標準法をして、それが終われば、ベルトコンベアに乗せてポスピスに送る。議員はそうなることを最後まで心配していました。」と涙ぐんだ目で私に言われた

確かに「標準治療は最高の治療です」と考えている人たちにとっては、ベルトコンベアに乗せるのが仕事らしい。

患者の「私も治療に参加したい。自分のことだから」という想いは、「エビデンスのない治療は人体実験です」という、一見正当らしく見える意見によって無視される。

あの世へのベルトコンベアは、エビデンスで掃き清められている。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

あの世へのベルトコンベアは、エビデンスで掃き清められている” に対して1件のコメントがあります。

  1. ハマリョウ より:

    全く、がんセンター、多分中央、何を考えているのでしょうかね。
    がん情報センター長が、理事長の意向を受けてやっているのか、
    独自にやっているのか?ですね。
    でも、中央病院の先生には困っている人も多くいるようです。
    昔は、国立がんセンターで修業を積む医師が多かったのですが、
    今はどうなっているのでしょうか?
    その辺、調べて貰えませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です