スポンサーリンク

膵臓がんの診断はハイボリュームセンターで

LINEで送る
Pocket

相当以前に見た「ドクターG」の感想です。この程度の診断で自慢をするなんて、なんだかなぁ?膵臓がんの発見は、こうして遅れていくんですね。

吐き気がある60歳代の女性。病名の診断がつかない。
腹部CTで十二指腸が狭窄していることがわかる。

20170409012

結局は膵臓がんだったのだが、十二指腸が狭窄するほどの腫瘍がCT画像に写らないとは考えづらいと思うんだが? 単純CTだったからだね。造影CTなら腫瘍が見えたはずですね。だから、膵臓がんの可能性も考えて造影CTをやるべきではなかったでしょうか。

超音波検査で膵臓付近に黒い異常部分がある。これ、肥大化したリンパ節ですね。

20170409021

この時点でなぜ膵臓の超音波を見せないのだろう? 私でもこの時点で膵臓がんを疑うよね。

確定診断のために胃カメラ(内視鏡)を考えるが、十二指腸まで届かずに腫瘍の細胞が取れない。結局は大腸内視鏡を使って細胞診をして確定診断となるのですが、ずいぶんと時間がかかったのですね。

大腸内視鏡を試す前に、造影CTかMRIをやるべきではなかったですか?それですい臓がんと確定できると思います。大腸内視鏡を飲むのは辛かったでしょうね。

結局は膵臓がんから転移したリンパ節が肥大化して、十二指腸を圧迫。そのために閉塞して嘔吐をするようになったわけです。リンパ節に転移するほどの膵臓がんが造影CTで判断できないとは考えづらい。

20170409026

腫瘍が「良性か悪性か?」もナンセンス。リンパ節に転移して肥大させるほどの腫瘍が良性であるはずがないでしょ。

なんだかなぁ? という感じを持った番組でしたね。肝胆膵の専門医ならもっと迅速に診断できますよ。

転移した肝臓から細胞診をして確定診断

私の友人のこんな例もありました。都内西部のある病院で診断の結果、やはり十二指腸付近に影があり、肝臓にもたくさんの転移したとみられる大きな影がありました。確定診断をしようとするが、あとわずかのところで十二指腸の腫瘍部に届かず、細胞が取れない。これで何週間も無駄な時間を費やしました。

それでがん専門病院に連れて行ったら、「肝臓から細胞を取れば良いですよ」と言われたのです。膵臓がんが肝臓に転移していても、肝臓のがん細胞は膵臓がんの細胞です。これを取れば確定診断ができるのです。

膵臓がんの症例の少ない病院では、こんな基礎的なことも頭に浮かばないようです。

膵臓がんはハイボリュームセンターで

膵臓がんは診断にしろ手術にしろ、難易度の高いがんです。膵臓がんの症例数の多いハイボリュームセンターで診断や手術をすべきでしょう。

症例数の多い病院を探す方法は、こちらで紹介しています。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 腫瘍免疫と丸山ワクチンのエビデンス腫瘍免疫と丸山ワクチンのエビデンス 樹状細胞が、がん細胞を破壊して取りこんだがんの断片を樹状細胞の表面のClass-ⅡMHCという分子を介してがんの情報を伝えるのですが、Class-ⅡMHCを介した抗原提示ではキラ […]
  • 久留米大のがんワクチン、サガハイマット重粒子線治療が膵癌を対象に久留米大のがんワクチン、サガハイマット重粒子線治療が膵癌を対象に 昨日のTwitterでもつぶやいたのですが、久留米大学のがんペプチドワクチン事務局から次のようなお知らせがありました。 平成25年12月16日より、標準治療抵抗性の方のみを対象に […]
  • がん患者と新型コロナウイルスがん患者と新型コロナウイルス 新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。 がん患者としては、免疫機能が低下しているので心配になります。 佐藤典宏先生がブログで、中国の研究をもとに解説して […]
  • 百歳まで生きることに決めて、神様にお委せする百歳まで生きることに決めて、神様にお委せする 私は最近になって、ドクター(シーゲルのこと)が書いている次の一節の本当の意味が少しだけ分かったような気がしている。というより、この一節の意味を心底理解できれば、自分のがんを完全に […]
  • 統合医療を考えるなら、『がんに効く生活』を統合医療を考えるなら、『がんに効く生活』を 「海外 […]
  • 盂蘭盆会―墓参り盂蘭盆会―墓参り 7月15日の盂蘭盆会を前に、ぱらぱらと雨の落ちてくるなか、今日は浅草の菩提寺で墓参りです。 第17代 […]
  • 治すのはあなた自身です治すのはあなた自身です 「市民のためのがん治療の会」に掲載された吉村光信さんの「がんと心もよう」がすばらしい。 吉村さんは製薬会社で新薬の臨床開発に従事していた方です。健康診断でたまたま肝がんが見つかり […]
  • がんと自己組織化臨界現象 (1)がんと自己組織化臨界現象 (1) これまでに何度か複雑系について書いてきました。門外漢の私が、しかもがん患者がどうして複雑系という数理科学に関心を持つようになったのか。ひと言で言えば「がんは複雑系だから」というこ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です