水虫の治療薬が胆道がん細胞の増殖を抑制

スポンサーリンク
【日 時】2019年6月22日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 90名
【内 容】
●講演:がんと心の関係~サイモントン療法による癒やし~
川畑のぶこ氏(NPO法人 サイモントン療法協会)によるサイモントン療法とマインドフルネスの講演およびエクササイズ
●患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
参加申込み受付中です。
Pocket
LINEで送る

0

またまたマイムリーなニュースがありました。

遺伝子解析の結果と臨床データを組み合わせ、新たなバイオマーカーを特定し、薬物スクリーニングを行なったら、白癬菌(水虫)治療薬のアモロルフィンとフェンチコナゾールが胆道がん細胞の増殖を抑制することが分かったとのニュースです。

水虫の治療薬ががんに効く。そうですね。最近このブログで取りあげた、水虫の治療薬が抗がん剤の耐性を解除するのに効果があり、それを用いた臨床試験で、ステージⅣの膵臓がん患者 水田賢一さんの腫瘍が緩解したという毎日新聞の記事も紹介したところです。

4本の記事のまとめがこちらに挙げてあります。

慶應義塾大学の報道もまだ可能性の段階ですし、兵庫県西宮市の明和病院の園田医師らの臨床試験もまだ試験段階の治療法ですから、確かに効果があるとは断定できませんが、希望はありますね。

水虫の治療薬でがんが治るはずがない、このような先入観を棄てて、事実と道理に基づいた積極的なチャレンジを膵臓がん患者は待っているのです。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

0
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です