ステージ4からの眺め「膵臓がん完治への闘い」

スポンサーリンク
【日 時】2019年6月22日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 90名
【内 容】
●講演:がんと心の関係~サイモントン療法による癒やし~
川畑のぶこ氏(NPO法人 サイモントン療法協会)によるサイモントン療法とマインドフルネスの講演およびエクササイズ
●患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
参加申込み受付中です。
Pocket
LINEで送る

0

このところ水虫治療薬で抗がん剤の効果を高めるという記事を続けていますが、その第3弾です。

今日の毎日新聞に掲載された、三輪晴美記者の久しぶりの連載記事です。三輪記者は、ご自身も乳がんのステージ4の患者です。

兵庫県川西市の副市長だった水田賢一さんが膵臓がんと診断されたのは2011年8月。手術はできるといわれ開腹したが、腹膜播種があってできませんでした。

知り合いの医師から紹介されたのが、抗がん剤の耐性を除く治療をしていた園田医師でした。抗がん剤の耐性を解除する治療法については、ここ何回かのブログで連続して取りあげてきましたので、そちらの記事を参照してください。

水田さんは、抗がん剤と併用した治療を3カ月半続けて退院します。検査の結果、膵尾部の腫瘍は縮小して、腹膜の腫瘍も画像上消えていたので、翌年1月に手術ができました。

ステージ4膵臓がん患者の余命は通常、中央値(データ全体の真ん中の数値)が12カ月に満たないが、同病院で手術に至った患者は29カ月だ。さらに治療開始から5年以上経過している患者が水田さんを含めて現在4人。

と紹介されています。水田さんは、診断後7年半が経ちますが、現在も元気でいます。

その元になったデータがこれでしょうか。(明和病院のサイトから)ただ、生存期間中央値は、下のグラフでは20.2ヵ月となっており、記事とは異なっています。

ITCZとは、イトラコナゾール, 抗真菌剤。抗真菌剤で、真菌の細胞膜合成を阻害し、抗真菌作用を示します。
通常、真菌血症・呼吸器真菌症などの内臓真菌症(深在性真菌症)、深在性皮膚真菌症、白癬・カンジタ症などの表在性皮膚真菌症、爪白癬の治療に用いられます。

とされています。いわば「水虫の治療薬」です。この薬が、がん細胞が、細胞膜錠にあるP-糖タンパク質を利用して抗がん剤を排出する作用を阻害すると期待されています。ただ、P-糖タンパク質は正常な細胞にもあるし、血液脳関門の毛細血管内皮細胞等に発現しているので、どのような副作用が生じるのかも懸念されます。

上のグラフを見ると、イトラコナゾール+アブラキサン+GEMの患者数は32人と少ないですね。かたやアブラキサン+GEMの患者数は431人と差があります。

FIT393さんがコメントで指摘されていますが、このグラフの元となった論文がNEMJ誌に掲載されています。(nab-パクリタキセル+ゲムシタビンによる膵癌生存率の増加)そこにあるグラフをベースにして、ITCZ+nabパクリタキセル+GEMの生存率曲線を付け加えたものになっているようです。

当然患者の背景も違ってくると思われますが、その点を考慮してあるのかどうか、定かではありません。

さらに言えば、ITCZ併用治療の患者32人のうち、離脱もしくは追跡不能の患者が16人と半数に昇っていることでグラフが上に膨らんでいる可能性があります。

また、治療開始後6ヵ月目まで一人も亡くなっていないということも気になります。比較的元気な患者を集めたのかもしれません。

患者の背景が統一されているのか、重篤な副作用などの有害事象がどの程度あったのかも分かりません。ま、臨床試験の論文ではないから致し方ないですね。

標準治療やガイダンスから外れていますが、臨床試験として行っているのですから、倫理的には問題ないと思います。

標準治療でない治療を受ける際は、細心の注意が必要だ。「治りたい」患者の気持ちにつけ込み、「ステージ4でもあきらめない」などと言って、効果の見込めない治療を高額で施す医療機関があるからだ。一方、目の前の患者の人生を思い、「できる限りのことはやる」という両医師のような治療もある。医師の熱意と努力で救われる命があるのだ。

私の考えでは、「希望は持てるが、本当に有効かどうかはまだ分からない」ということでしょうか。しかし、ステージ4の膵臓がん患者にとっては希望の持てる記事です。難治がんに対して、こうしたチャレンジは続けて欲しいものです。

この夏ごろには、水田賢一氏が文芸社から闘病記を自費出版されるそうです。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 抗がん剤の耐性を解除すれば膵臓がんだって完治する抗がん剤の耐性を解除すれば膵臓がんだって完治する ステージ4のトリプルネガティブ乳がんと告げられ、5度の脳転移経験もある田村博子さんは、園田医師の治療法を受けて”完全寛解”し、現在も元気に活躍しています。これほどの絶望的な状況か […]
  • なぜ抗がん剤の耐性がつくのかなぜ抗がん剤の耐性がつくのか P-糖タンパク質はがん細胞に発現し、多くの抗がん剤を細胞外へ排出することにより、がん細胞を薬剤耐性にし、抗がん剤を効かなくする。 […]
  • 肝臓に転移しても諦めない肝臓に転移しても諦めない またこちらの病院は、兵庫県がん診療準拠点病院ですが、膵頭部がんの患者で多発肝転移を有している方の症例が紹介されています。放射線治療と動注療法の集学的治療により膵頭部にあった腫瘍は […]
  • オートファジーを阻害することで膵臓がんを論理的に治療する可能性オートファジーを阻害することで膵臓がんを論理的に治療する可能性 患者さんのガンマーカーを見ながらクロロキンの量を増やしていく治療を行い、なんとクロロキンの濃度が1200mgを超えた時、急速にガンマーカーが低下し、CTで転移癌の大きさが減少した […]
  • 今日の一冊(102)「糖尿病と膵臓がん」長尾和宏今日の一冊(102)「糖尿病と膵臓がん」長尾和宏 膵臓に関心がない糖尿病専門医 「20年間も大病院の糖尿病専門外来に通っていたのに、気づいたら膵臓がんの末期でした」とか、「糖尿病の治療はずっと続けていたけれど、膵臓の検査を […]
  • 膵臓がん患者の火葬場から放射線が検出される膵臓がん患者の火葬場から放射線が検出される アリゾナ州で放射線治療を受けたがん患者さんを荼毘に付した後の火葬場から、海抜0mの放射線量の200倍近い放射線が検出され、メイヨークリニックが結果を米国医師会雑誌(JAMA […]
0
Pocket
LINEで送る

ステージ4からの眺め「膵臓がん完治への闘い」” に対して1件のコメントがあります。

  1. FIT393 より:

    Von Hoff DD, et al. Increased survival in pancreatic cancer with nab-paclitaxel plus gemcitabine. N Engl J Med.369(18):1691-703, 2013
    この発表のグラフの引用でしょうね。

    1. キノシタ より:

      なるほど、そっくりですね。自分ところのデータじゃないってことか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です