スポンサーリンク

膵臓がんの5年生存率が10%に。アメリカの話です。

パンキャン・ジャパンのサイトの記事ですが、アメリカでは膵臓がんの5年生存率が10%になったそうです。

PanCANは、2011年に5%だった5年生存率を、2020年までに2倍にするという目標を立てました。

「生存率を2倍にするという目標を宣言したことから、がん研究と患者を直接支援する革新的なプログラムとサービスを導入するために重要な措置を講じてきました。」 主な例は、患者のがん細胞の遺伝子的な特徴が治療選択肢の決定とその治療結果に影響するかどうかを判断するために2014年に開始された「あなたのがんを知ろう(Know YourTumor®:KYT)」プロジェクトとゲノム医療に関連する患者サービスです。

遺伝子パネル検査によって、治療にアクセスできる患者も増えているようです。

日本の統計では、5年相対生存率は男:7.9%、女:7.5%です。

しかし日本では、残念ながら遺伝子の変異が見つかっても、治療にアクセスできる膵臓がん患者は稀です。せめて臨床試験への参加でもできればよいのですが、如何せん、膵臓がんの分子標的薬の開発を目指した臨床試験は9件ほどしかありません。アメリカとは大きなちがいです。

BRCA突然変異を有する膵臓がん患者に有効な分子標的療法であるオラパリブ(商品名:リンパルザLynparza®)は、12月下旬に米国医薬食品局(FDA)の承認を受けています。

日本でも早急な臨床試験が望まれます。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • がん患者に多い血栓症対策 がん患者は血栓塞栓症になりやすい がんになると全身の血液が固まりやすくなることが知られています。主に腺がんから分泌される粘性物質のムチンや、腫瘍細胞から分泌される組織因子、免疫 […]
  • 膵臓がんサバイバーになる秘訣膵臓がんサバイバーになる秘訣 ポジティブ思考、これも大切です。私はむしろこれが一番大切な要因ではないかとすら思っています。特にがん患者が無力感に襲われると、極端に免疫力が低下するのです。免疫細胞は絶えず脳と情 […]
  • 土屋医師の本音 明日は三春の滝桜を観に行く予定だが、大雪。開花も遅れている様子。どうなることやら。 前国立がんセンター病院長の土屋了介医師が書いた本。 がん治療を受ける前に知っておきたい55のこ […]
  • 「クローズアップ現代」とがん医療「クローズアップ現代」とがん医療 だらしない写真です。大寒のこのごろですが、窓からの陽をいっぱいに受けて裸足のままクラシックに陶酔しています。 ぽかぽかと暖かくて、音楽をバックにいつのまにかうとうと […]
  • 【緊急】パブリックコメントのお願い【緊急】パブリックコメントのお願い パンキャンjapanより「健康長寿社会実現のためのライフ・イノベーションプロジェクト」へのパブリックコメントにご協力をというお願いが届きました。パブリックコメントという形で、がん […]
  • 今日の一冊(64)『いま、希望を語ろう』今日の一冊(64)『いま、希望を語ろう』 スタンフォード大学の脳神経外科医で英文学の修士号を取得。36歳で肺がんの末期患者でもあるポール・カラニシが、死を前にして如何に生きる意味を見出したか、末期癌患者の希望とは何か […]
  • プラシーボ効果を利用する 「ストレスが少ない乳がん患者は、死亡や再発のリスクが低い」という研究結果が明らかになった。同じ研究チームの以前の研究では、乳がん患者への介入プログラムの有無で生存率に差があるとい […]
  • 今日の一冊(90)『人類の進化が病を生んだ』今日の一冊(90)『人類の進化が病を生んだ』   イギリスBBSテレビで科学番組を数多く制作してきたディレクター、ジェレミー・テイラーの『人類の進化が病を生んだ』です。 ダーウィン医学( […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です