AIで膵臓がんを分子レベルで見分ける


【日 時】2020年8月16日(日) 13:30~15:30(開場:13:15)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】無料
【定 員】 約50名
【内 容】ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

参加申込受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

ビッグデータ、AI・・・医療の分野も人工知能や機械学習が応用され、個別化医療がますます広がる様相になってきました。

機械学習の「教師なし学習」を使って、膵臓がんを分子レベルで見分け、適切な治療法の開発に道を開く研究がされています。

一言で膵臓がんと言っても、臨床的にはいくつかのタイプ(サブタイプ)に区別されています。それぞれのサブタイプごとに適切な治療薬を設計するためには、各サブタイプにおける生物学的プロセスを分子レベルで理解する必要があります。

南アフリカにあるケープタウン大学では、膵臓がんを二つのサブタイプに分類されることを見つけ、分子的特徴を特定することに成功したとのことです。

これらサブタイプは、特にmRNAレベルとDNAメチル化パターンに特徴的な違いを示しました。さらに、膵臓がんの細胞株ごとに薬剤応答性を予測できる可能性も示されました。

結論:AIの教師なし学習で膵臓がんをサブグループに分類し、適切な治療法を開発できる道筋ができた。また、薬剤の効果も事前にある程度分かるようになるだろう。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • AIを使って膵臓がんを早期発見AIを使って膵臓がんを早期発見 自覚症状がなく、見つけにくい膵臓がんですが、ステージ0やⅠで早期発見されれば、生存率は大きく向上します。 日本では「尾道方式」などの現場での工夫がされていますが、ア […]
  • 今年一番印象に残った本『AI VS. 教科書が読めない子どもたち』今年一番印象に残った本『AI VS. 教科書が読めない子どもたち』 今年読んだ本で最も印象に残ったのは、数学者 新井紀子氏の『AI VS. 教科書が読めない子どもたち』です。 新井氏は、 AI […]
  • 人工知能(AI)によるがん診断人工知能(AI)によるがん診断 日本病理学会が人工知能(AI)を使った病理診断技術の開発をし実用化を目指すと報じられた。 病理医不足は深刻だから、これでがん患者の治療が良い方向に向かうことを願うが […]
  • 医療と人工知能(AI)医療と人工知能(AI) 将棋やチェスの世界で人工知能が勝ち続けて「王者」になって話題です。医療の分野でもIBMのワトソンのように、医師を補助する人工知能が注目されてきましたが、さらに、医者に代わ […]
  • がんは克服できるのかーシンギュラリティとAIがんは克服できるのかーシンギュラリティとAI シンギュラリティの提唱者であるレイ・カーツワイルは、2045年までには、コンピュータの処理能力が人間の脳を超える「技術的特異点」を迎えるという。しかし、 不老不死はムリ […]
  • 膵臓がんのWeb交流会、開催します!膵臓がんのWeb交流会、開催します! 二ヶ月ぶりですが、先日のアンケートを踏まえて『膵臓がん患者と家族の集い』のWeb交流会を開催します。 アンケートでは、オンラインでの開催を希望する声を多くいただきま […]
  • 『膵臓がん患者と家族の集い』アンケートの結果『膵臓がん患者と家族の集い』アンケートの結果 コロナ禍でも「膵臓がんの集い」をどのようにして開催し、運営していったら良いのか、皆さんにお願いしたアンケートですが、19名の方からご意見をいただくことができました。 具体的 […]
  • アンケートのお願いアンケートのお願い 新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。全国の感染者数は、東京都も大阪も愛知に福岡、1日の陽性患者数としては過去最高を更新し続けています。 東京都は一気に366 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です