スポンサーリンク

膵臓がんで、リキッドバイオプシーが使えるようになる

LINEで送る
Pocket

中外製薬は3月23日、血液検体を用いて固形癌に対する包括的ゲノムプロファイリングを行う検査「FoundationOne Liquid CDx がんゲノムプロファイル」の承認を3月22日に厚生労働省から獲得したと発表した。リキッドバイオプシーを用いたがん遺伝子パネル検査が国内で初めて承認された。

FoundationOne Liquid CDx がんゲノムプロファイルは、進行固形癌患者を対象に、血液中の循環腫瘍 DNA(ctDNA)を用いて324個のがん関連遺伝子を解析する。がんゲノムプロファイリング機能とともに、複数の分子標的治療薬のコンパニオン診断機能も持つ。

日経メディカルOncologyニュース

膵臓癌患者はゲノム医療を受けるためには遺伝子パネル検査をしなくてはなりませんが、手術で摘出された腫瘍組織を使って遺伝子パネル検査ができるのは膵臓がん患者の2割に達しませんでした。

そのために膵臓がん患者は、超音波内視鏡下穿刺吸引法 (EUSFNA)を使って、組織生検をする必要がありました。しかしこの方法は患者への負担が大きいし、時には針を抜く過程で、腫瘍組織を胃に転移させるリスクがありました。

今回のリキッドバイオプシーの承認によって、膵臓癌患者がゲノム医療に到達できる可能性が広くなってきました。

中外製薬は、発売に向けての準備を急いでいます。

ポイント

  • FoundationOne Liquid CDx がんゲノムプロファイルは、米ケンブリッジに拠点を置くファウンデーションメディシン社(FMI)が開発した次世代シークエンサーを用いた血液検体による包括的ながん関連遺伝子解析システム。
  • 進行固形がんの患者さんを対象とし、324のがん関連遺伝子を対象とした包括的ゲノムプロファイリング(CGP)システムで、
  • 複数のコンパニオン診断機能を併せ持ったがん遺伝子パネル検査であり、腫瘍変異量(TMB)とマイクロサテライト不安定性(MSI)の解析ができる。
  • 腫瘍変異量(TMB-H)が高い患者には、免疫チェックポイント阻害剤が使用可能
  • マイクロサテライト不安定性が高い(MSIーH)患者には、ペンブロリズマブが使用可能
  • 転移性すい臓がん患者の遺伝子変異にマッチした治療決定への貢献が期待されます。
キノシタ

膵臓がんの治療法も日進月歩です。上手に情報を集めて治療に活用しましょう。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ZoomによるWeb交流会、34名の参加でした。ZoomによるWeb交流会、34名の参加でした。 本日の『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会は盛況に終わりました。 34名の参加でした。 初参加の佐藤典宏先生、常連の押川勝太郎先生には、沢山の参加者が熱心 […]
  • クリンソウとニッコウキスゲクリンソウとニッコウキスゲ 先週に予定していて雨で中止にした日帰り撮影旅行、26日に奥日光へ。千手が浜のクリンソウとキスゲ平のニッコウキスゲを撮りに行きました。5時に出発し、赤沼茶屋には7時半に到着したが、 […]
  • 丸山ワクチンは今・・・ 効くのか効かないのか丸山ワクチンは今・・・ 効くのか効かないのか 丸山ワクチンって? 「丸山ワクチン」については、最近のがん患者ではご存じない方も多いようですが、一時はブームになりました。 丸山ワクチンは、日本医科大学皮膚科教授だった丸 […]
  • ビタミンDとがん予防ビタミンDとがん予防 これまでもビタミンDの抗がん作用については多く報告されています。 (2017年11月) 长江大学(中国)の研究グループが "Medicine" […]
  • 「がんペプチドワクチン療法」は夢の治療法か?(5)「がんペプチドワクチン療法」は夢の治療法か?(5) 【情報を追加】最下段にペプチドワクチンに関する情報を追加しました。 一週間ぶりの更新です。年末にも書いたとおり、3月中旬まではめっぽう忙しく、ブログの更新は後回しの処遇を受 […]
  • 朝日新聞の報道は「終末期患者ビジネス」の利益を代弁か?朝日新聞の報道は「終末期患者ビジネス」の利益を代弁か? 朝日新聞のペプチドワクチンに関する記事に関する情報です。少し食傷気味なのですが、膵臓がん患者にとっても大事な問題ですし、紹介する記事は、これまでのいろいろな情報と比較しても非常に […]
  • 3件の膵臓がんの臨床試験結果3件の膵臓がんの臨床試験結果 久しぶりに、オンコロで膵臓がんの記事がアップされています。それも3件同時に。しかし、肯定的な結果は1件のみとなりました。 ・転移性膵がん患者が対象の第1/2 […]
  • 二重盲検法のマジック二重盲検法のマジック ふたたび『看取り先生の遺言 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です