スポンサーリンク

膵臓がんで、リキッドバイオプシーが使えるようになる

中外製薬は3月23日、血液検体を用いて固形癌に対する包括的ゲノムプロファイリングを行う検査「FoundationOne Liquid CDx がんゲノムプロファイル」の承認を3月22日に厚生労働省から獲得したと発表した。リキッドバイオプシーを用いたがん遺伝子パネル検査が国内で初めて承認された。

FoundationOne Liquid CDx がんゲノムプロファイルは、進行固形癌患者を対象に、血液中の循環腫瘍 DNA(ctDNA)を用いて324個のがん関連遺伝子を解析する。がんゲノムプロファイリング機能とともに、複数の分子標的治療薬のコンパニオン診断機能も持つ。

日経メディカルOncologyニュース

膵臓癌患者はゲノム医療を受けるためには遺伝子パネル検査をしなくてはなりませんが、手術で摘出された腫瘍組織を使って遺伝子パネル検査ができるのは膵臓がん患者の2割に達しませんでした。

そのために膵臓がん患者は、超音波内視鏡下穿刺吸引法 (EUSFNA)を使って、組織生検をする必要がありました。しかしこの方法は患者への負担が大きいし、時には針を抜く過程で、腫瘍組織を胃に転移させるリスクがありました。

今回のリキッドバイオプシーの承認によって、膵臓癌患者がゲノム医療に到達できる可能性が広くなってきました。

中外製薬は、発売に向けての準備を急いでいます。

ポイント

  • FoundationOne Liquid CDx がんゲノムプロファイルは、米ケンブリッジに拠点を置くファウンデーションメディシン社(FMI)が開発した次世代シークエンサーを用いた血液検体による包括的ながん関連遺伝子解析システム。
  • 進行固形がんの患者さんを対象とし、324のがん関連遺伝子を対象とした包括的ゲノムプロファイリング(CGP)システムで、
  • 複数のコンパニオン診断機能を併せ持ったがん遺伝子パネル検査であり、腫瘍変異量(TMB)とマイクロサテライト不安定性(MSI)の解析ができる。
  • 腫瘍変異量(TMB-H)が高い患者には、免疫チェックポイント阻害剤が使用可能
  • マイクロサテライト不安定性が高い(MSIーH)患者には、ペンブロリズマブが使用可能
  • 転移性すい臓がん患者の遺伝子変異にマッチした治療決定への貢献が期待されます。
キノシタ

膵臓がんの治療法も日進月歩です。上手に情報を集めて治療に活用しましょう。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 治療も政治もインフォームド・コンセント治療も政治もインフォームド・コンセント 昨日の記事『「週刊現代」の医療バッシング記事』で書いた血糖値管理の考え方で、同じ趣旨のことを内科医の酒井健司氏がアピタルに書いてくれた。 糖尿病を治療する目的は血糖値を下げ […]
  • 度の過ぎたパフォーマンス度の過ぎたパフォーマンス オスプレイが初めて災害救助活動に使われ、第7艦隊と在日米海兵隊もTwitterで盛んに実績をアピールしています。支援はありがたいですよ。しかしなぁ、オスプレイに対する国民感情を […]
  • 日本でも「光免疫療法」の治験が始まる-がん撲滅サミットに参加して日本でも「光免疫療法」の治験が始まる-がん撲滅サミットに参加して 昨日の朝日新聞に、 『がん治療の光免疫療法、国内でも治験へ 米で実績』の記事で 光を当ててがん細胞を壊す新たながん免疫療法の安全性を患者で確かめる臨床試験(治験)が、国内 […]
  • 早期の緩和ケアは必要か? 2006年にがん対策基本法が制定され、それにもとづき厚生労働省が策定したがん対策推進基本計画では、「治療の初期段階からの緩和ケアの実施」が重点的に取り組むべき課題として挙げられて […]
  • ルイ茶長さんの再発、余命宣告ルイ茶長さんの再発、余命宣告 同じ膵がん患者の茶長さんのブログに「再発しました。余命半年です」という書き込みがあり、驚いています。私と同じステージⅢの膵がんで膵頭十二指腸切除を昨年の10月にされて、術後1年を […]
  • 水素水ってなに?(2)水素水ってなに?(2) 長文です。専門用語が苦手という方は、最後の「私の結論」だけでも読んでくださいね。 水素水とは 今回は「水素水」です。最近は太田成男氏が提唱するこちらの方が人気があるようです。 […]
  • 彼岸花と道元の死生観彼岸花と道元の死生観 治らない癌になると、これからどうなるのだろう、いつまで元気でいられるのか、治りたい、治るためには何ができるだろうか、と不安になります。 中にはいかさまの代替医療にはまり込ん […]
  • プラシーボ効果は医学にパラダイムシフトを起こすか? 猛烈に暑いですね。窓を開けて寝ていても暑さで明け方には目が覚めてしまいます。ホメオパシー論争がマスコミでもネットでも盛んだし、それにアグネス・チャンの霊芝だとかパワーストーンが薬 […]

膵臓がんで、リキッドバイオプシーが使えるようになる” に対して2件のコメントがあります。

  1. 本田享子 より:

    パンカフェを閉じる事を先程、パンカフェで知りました。長い間本当にご苦労様でございました。
    私はまだ参加したばかりでしたが、木下さんからの”覚えていますよ”とのコメントを頂き、嬉しかったです。
    主人は5月より”オニバイド”で二次治療を開始、癌も小さくなり、順調に治療が進んでいます。
    木下さんのブログで紹介されていたiHerbでメラトニンなどを知り、飲用しています。
    本当に日進月歩の癌治療は情報を自分から取りに行かないとならないです。
    これからもブログを拝見させていただきます。

    また、ブログで知った佐藤先生のYouTubeにも励まされています。

    1. キノシタ より:

      ご主人の治療は順調なようでなによりです。オニバイドが効いているようですね。
      PanCafeは閉じますが、Zoomを使った『膵臓がん患者と家族の集い』は引き続き開催しますので、機会がありましたらご参加ください。
      よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です