サードオピニオン

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

四次元ピンポイントの「スーパー・フォーカル・ユニット」による放射線治療の適用が可能かどうか、サードオピニオンを受けた。

天王洲アイル駅の近くの報知新聞社前で待ち合わせて面接場所へ。「明るいがん治療」の著者である植松稔先生の直接の面接。どことなく若いころの堀内孝雄に雰囲気が似ていました。

部屋に入るなり、「元気そうなのでびっくりしました。すい臓を摘出された患者さんは、へろへろになって入ってくるので、予想と違って驚いています。」と言われた。メールでの打ち合わせで「付添いの方はいないのか?」と質問をされたのは、普通では一人で来るすい臓癌患者が少ないのを指していたようだ。

このように言われたのはこれで3回目。癌を見つけてくれた糖尿病治療をお願いしていた先生、地域の終末医療に積極的に活動しているアヘンチンキを処方していただいている先生。このお二人からも同じことを言われました。どうやら私は『元気すぎるすい臓癌患者』らしい。

植松先生は「癌研での手術が上手だったのか、あなたの体が手術にうまく適用できる体質なのかでしょう」とも。母が同じように何度も手術をして(確か3回)、同じように元気でしたから、その体質を受け継いでいるのかもしれません。

肝心の診察結果ですが、PET-CTの画像を見て「う~ん、何とも言えない感じですね。まだ手術の影響で画像の全体が赤くなっています。癌の転移かどうかは何とも言えない状態ですね。画像診断医の先生のコメントのように、造影CTをもう一度撮ってから、どうするかを判断した方が良いと思います。」とのことでした。小さい(5ミリ程度)うちに発見したので分からないということでしょう。もっと大きく育ててからなら間違いない診断になったのかと思うと、複雑な気持ちです。

その他は以下のような点が確認できました。

  • 大動脈に近い腫瘍でも放射線照射は可能である。
  • 私の装置で治療したすい臓癌患者はいるが、すい臓癌自体の予後が良くないために放射線治療の成績について何かをいえるようなエビデンスはない。
  • 治療は土日もやっている。その方が結果が良い。
  • 約3週間、21日連続して治療を行う。
  • 治療開始はお盆明けから可能である。
  • 費用は約150万円。

ということでした。

すい臓癌を確定していただいた山王の病院でCTを撮る予定でいます。


今日は自宅で2時間ほどチェロのレッスン。こんなブログの記事を見つけました。

チェロといえば,最近なかよくなったある先生が
癌であと2ヶ月の命といわれてから家に帰り
ずっと毎日チェロを弾き,朝日を見て
過ごすうちに,癌がどんどん消えたお話を聞きました。感動した私は,そのお話を絵本にしました。
宮沢賢治のお話にも出てくるように,チェロには
人を癒す力があるようです。
(セロ弾きのゴーシュ)あれは,ただのおとぎ話ではなかったのですね!!

末期がんからの生還をした寺山心一翁さんの記録「ガンが消えた~ある自然治癒の記録」もチェロにはガンを癒す力がありそうだと書かれています。

宮沢賢治の有名な童話に、『セロ弾きのゴーシュ』があります。物語に書かれているように、チェロの音には癒す力があります。なぜチェロの音色には癒しの力があるのでしょうか。
末期のガンから回復する道のりで、毎日チェロを弾いていた『ガンが消えた~ある自然治癒の記録~』の著者・寺山心一翁が、チェロを演奏しながら『セロ弾きのゴーシュ』に隠された秘密を解き明かし、癒しのスイッチが入った瞬間について語ります。

セロ弾きのゴーシュ」の野ネズミの親子のように、私の下手なチェロにもガンを癒す力が秘められているかもしれません。楽しみながら弾くことです。それが何よりの治療です。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 食事療法について 食事療法でがんが治るのか。これについては賛否両論ある。骨折ならすぐに外科治療あるいは整形外科を受診すべきだろう。しかし高血圧なら、一時的に血圧降下剤が効くにしても、根本的には生活 […]
  • がん哲学がん哲学 「がん哲学」という聞き慣れない言葉を最近知った。順天堂大学医学部教授、 樋野興夫氏の造語だという。 先日放映されたNHKスペシャル『立花隆 思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑 […]
  • 代替療法について考える(1)代替療法について考える(1) がん患者にとって、代替療法は大きな関心事です。なぜか? […]
  • 7年目の検査 完全治癒宣言7年目の検査 完全治癒宣言 昨日は1年ぶりのがんの定期検査でした。 腫瘍マーカー、造影CT検査の結果は「異常なし」。いくつか正常範囲から外れた項目もありますが、極わずかであり問題なし。 先生 […]
  • がんと自己組織化臨界現象 (4) 地震は"できごと"です。森林火災も砂山の雪崩も"できごと"であり「現象」です。”地震”という具体的な物質があるわけではありません。あたりまえのことです。自己組織化臨界”現象”の具 […]
  • 転移ではなかった転移ではなかった サードオピニオンで四次元ピンポイントの放射線治療をする予定だったが、植松先生の提案でもう一度CTを撮ることになった。 昨年のすい臓がんを見つけたときにお世話になった山王の伊 […]

サードオピニオン” に対して1件のコメントがあります。

  1. トクナガ より:

    日本の曲は日本人奏者に限られるかな、と思っていたのですが・・「浜辺の歌」は母の好きな歌ですし、私も聴いてみたい曲が入っているミッシャ・マイスキーのアルバム、注文しました。
    ありがとうございました。

  2. キノシタ より:

    ミッシャ・マイスキーのCDには日本の歌(浜辺の歌・荒城の月など)が録音されたものが多くありますね。
    病気の癒しにはモーツアルトがよいとも言われます。でも演歌が好きな人なら演歌でもよいと私は思います。

  3. トクナガ より:

    常々チェロの音色は内臓に響くような気がしておりましたので、癒しの力がある事も頷けます。折に触れて母にも聞かせたいと思いました。ただ母はクラシックには興味がないようなので、チェロで演奏されている昔の歌のCDを探してみようと思います。

この投稿はコメントできません。