スーパーシステムとしての免疫系

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付を始めました。
LINEで送る
Pocket

プロバイオティクス

先の記事ではプロバイオティクスについて書いたが、乳酸菌飲料などは、NK(ナチュラル・キラー)細胞の活性化に効果があるということだから、免疫系のシステムに働きかけることが期待できる。

免疫に関しては、まだまだ分からないことが多い。

多田富雄さんの『免疫・「自己」と「非自己」の科学』では、「免疫という劇場」で、T細胞、B細胞、サイトカインなどのたくさんの役者が互いに連携しながら「免疫」力を発揮する様子が、分かりやすく説明されている。

免疫・「自己」と「非自己」の科学 (NHKブックス)

免疫・「自己」と「非自己」の科学 (NHKブックス)

多田 富雄
957円(12/05 20:50時点)
発売日: 2001/03/23
Amazonの情報を掲載しています

しかし、自己免疫疾患である花粉症一つですらまともに治すことができないのが現状である。

がん細胞の免疫からの「逃避」、つまりがんの特徴を隠して白血球などからの攻撃を逃れること、あるいは「免疫の寛容」という複雑な現象についても、今の科学では分からないことばかりである。

プロバイオティクスがどこまでがんの再発を抑えることができるのか、十分なデータがあるわけではないが、少なくともいくつかのヒトの臨床試験で有効性を示すデータがある。

複雑系としての免疫、スーパー・システムとしての人間

こちらの記事で紹介した非線形科学とも関連するが、多田富雄さんは免疫は「複雑系」であるとして、

たった一種類の造血幹細胞から始まって、複雑な生命システムを作り出した免疫。その中には、マクロファージ、異なった機能と認識能力を持つ何種類ものT細胞、B細胞、そしてNK細胞などの多様な細胞が含まれ、さらにそれらの細胞群は、抗体、補体、サイトカインなどの液性の因子を介して複雑な連係プレイを行ないながら個体の「自己」というものを決定し、その全体性を維持している。

もともとは単一の細胞の自己複製から始まって、自ら多様なものを作り出し、その相互関係を介して自己の行動様式を決めている免疫は、より高次の複雑系として働いている、生命全体のひな形として眺めることもできると思う。

と書いている。

免疫系は、個々の細胞の相互作用によって、あたかも目的と意志があるかのように振る舞うことができる。

免疫系の成立とその運営、脳神経系や消化器系などのその他の高次生命システムとが共通して使っているルールがあるはずであり、多田富雄さんはそれを「超(スーパー)システム」と名付ける。

いくつもの複雑系がさらに有機的に関連し合いながら働いているのが「超システム」ということになる。

ここには現在医学がデカルト以来の要素還元主義にどっぷりとはまり込み、臓器は見るが全体としての「生きている人間」は見えない医者の態度などの批判ともなっている。

オプジーボなどの免疫チェックポイント阻害剤が開発され、複雑なスーパーシステムとしての免疫系の一端が明らかになりつつある。しかし、有機的に関連し合いながら働いている「免疫」の全容のほんの一部が分かっただけに過ぎない。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ペプチドワクチンで腫瘍が増大することがある 退院して6日目です。何とか、本来の体調に戻ってきたようです。 グラフィック・メディカル・マガジン「Mebio」12月号が「がん免疫療法の進歩と問題点」を特集しています。中村 […]
  • エピジェネティックな変化だから、末期がんでも治ることがあるエピジェネティックな変化だから、末期がんでも治ることがある がんの進行の第一段階はエピジェネティックな変化であり、それは逆行させることもできる。相当進んだがんでも、適切な条件を整えれば、エピジェネティックに逆行させることが可能である。微小 […]
  • 親鸞と複雑系科学親鸞と複雑系科学 昨年の4月25日の東電・保安院の外国人記者向けの会見に、一人も記者が出席しなかったとの報道がありました。普通の人間の感覚なら、記者会見を中止するのでしょうが、原子力保安院の方々は […]
  • 「逆システム学」から癌を考えてみると・・・ 児玉龍彦氏が、7月27日の衆議院厚生労働委員会において参考人として意見陳述した内容はすでに紹介したし、ネットでもマスコミでも話題になっている。国会で発言したチェルノブイリ膀胱炎や […]
  • がんも放射能も複雑系がんも放射能も複雑系 100万アクセスを超えました。ありがとうございました。このところ、急激にアクセスが増えていました。 […]
  • 新刊・近藤誠『抗がん剤は効かない』新刊・近藤誠『抗がん剤は効かない』 近藤誠氏の新しい本 近藤誠氏が新しい本を出した。2011年1月号の文藝春秋に載せられた「抗がん剤は効かない」、翌2月号での立花隆氏との対談「抗がん剤は効かないのか」を収録すると […]
  • がんと自己組織化臨界現象 (1)がんと自己組織化臨界現象 (1) これまでに何度か複雑系について書いてきました。門外漢の私が、しかもがん患者がどうして複雑系という数理科学に関心を持つようになったのか。ひと言で言えば「がんは複雑系だから」というこ […]
  • 手術は免疫療法 今日はこれからチェロのレッスン。「夢のあとに」は次回ということになって前回のレッスンから「イパネマの娘」に取りかかっています。ボサノバのリズムに四苦八苦です。どうしてもリズムに乗 […]
LINEで送る
Pocket

スーパーシステムとしての免疫系” に対して1件のコメントがあります。

  1. より:

    いつも更新ご苦労さまです
    免疫の理解という高い山の、人間はまだ裾野にいる状態だと思います
    癌は細菌やウイルスなどの外から来た異物ではなく
    あくまで自分の細胞が変異したものです
    ですから癌を宿した本人の特質もまた色濃く持っていて
    そのために免疫細胞は攻撃できないことがあります

    癌は病気であり、生命をおびやかす憎い敵であるのは間違いありませんが
    それと同時に本人の一部であるのも確かで、完全な新生物ではありません
    ではどうやってお引取り願うか
    自分は免疫で癌を撃退することができるまでには
    まだまだ膨大な時間がかかりそうに思います

    むしろ検診のほうに光明があるような気がしますね
    もし発生した癌を、ごく小さい状態で、簡便な検査で発見・特定できれば
    物理的手段で取り去るのは難しくないように思います

    1. キノシタ より:

      鳥さん。
      そうですね。リキッドバイオプシーなどの検査が日常的に行えるようになれば、腫瘍が小さなうちに発見できるでしょうから、期待できますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です