『カノン』脳間海馬移植が可能となった近未来が舞台


【日 時】2020年6月14日(日) 13:15~15:30(開場:13:00)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 20名
【内 容】ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

DP3M1792

新日鉄住金 鹿島製鉄所の夜景。出張のついでに撮影した。


カノン (河出文庫)

カノン (河出文庫)

中原清一郎
920円(05/31 03:59時点)
発売日: 2016/12/06
Amazonの情報を掲載しています

中原清一郎の小説『カノン』は、脳間海馬移植が可能となった近未来が舞台です。

「馬の脳」と呼ばれる「大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)」には、「海馬(かいば)」という部分があります。海馬は、タツノオトシゴのような形をしています。
日常的な出来事や、勉強して覚えた情報は、海馬の中で一度ファイルされて整理整頓され、その後、大脳皮質にためられていくといわれています。つまり私たちの脳の中で、「新しい記憶」は海馬に、「古い記憶」は大脳皮質にファイルされているのです。

58歳の寒河江北斗は膵臓がんの末期で(膵癌は治らないがんの代名詞だからなぁ)ベッドに寝たきりの状態です。余命幾ばくもないことを知っている。しかし、何とか生きたい。健康な体に戻りたい。氷坂歌音(かのん)は32歳のジンガメル症候群という記憶障害にかかった女性。直近から過去に向かって徐々に記憶が薄れ、脳内物質を体に送る機能が衰えて最後は死に至る病である。

歌音には4歳になる男の子がいて、彼女は記憶が薄れていく自分の代わりになって、息子の達也の母親となってくれる相手を探している。この二人が脳幹海馬移植に同意して、歌音の体に寒河江北斗の記憶が「上書き」される。歌音は膵臓がん末期の体にその記憶を移して、徐々に死に向かっていく過程を体験することになるが、それでもかまわない、息子のことが第一だと考えている。

なにがなんでも生きたいという北斗と、子供のために死に逝く体に閉じ込められても良いという歌音。58歳の男性の意識が32歳の女性の体に入るのだから、いろいろと波瀾万丈。

アイデンティティはどこに存在するのか。脳か体なのか。心とは、記憶とは何か。生きるとは何か、死とは。生きるに値することがあるのか。難しい問題を投げかけながらも、一気に読ませる作者の力量にも感歎します。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • マインドフルな人は免疫能力が高いマインドフルな人は免疫能力が高い   「マインドフルネスストレス低減法」については何度か紹介してきたが、この本は、アメリカの企業においてマインドフルネスがどのように定着しているのか […]
  • 今日の一冊(16)『三毛猫ホームズの遠眼鏡』今日の一冊(16)『三毛猫ホームズの遠眼鏡』 原宿「スーパーよさこい」こちらもベストショットに数えて良いかも 何の因果か、癌の王様と言われる膵臓がんになってから、音楽の趣向が変わった。それまではヴィヴァ […]
  • 今日の一冊(14)『新自由主義の自滅』今日の一冊(14)『新自由主義の自滅』 アベノミクスの失敗は誰の目にも明かです。最近は「アベノミクス」という言葉もあまり聞かなくなりました。株が乱高下して恐慌の様相すら取りざたされています。「尻尾(株)が犬(実体経済) […]
  • マットレス交換 Airyが気持ちいいマットレス交換 Airyが気持ちいい     がん患者にとって、快適な睡眠はとても大切です。 睡眠が不足すると、体温、血圧などのリズムを調整している体内時計が乱れ、がんや糖尿病などの疾患のリスクに関係してい […]
  • ウィーン・フィルのニュー・イヤー・コンサートウィーン・フィルのニュー・イヤー・コンサート あけましておめでとうございます。 三が日はスマホの電源も切り、ブログもTwitterにもアクセスせず、パソコンもほとんど触らず過ごしました。たまにはITと無縁で過ごすの […]
  • がんと免疫 「がんは免疫機構の監視をくぐり抜けて大きくなったのだから、自己免疫力ではがん細胞をやっつけることは難しい」 これは正しいでしょうか? 免疫とは、自己と非自己を区別する […]
  • 今日の一冊(15)『明日この世を去るとしても・・・』 がん哲学外来理事長の樋野興夫さんの新著です。『明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい』 がん哲学外来とは、がん哲学外来のホームページ […]
  • 小説『悪医」に読む、終末期の治療の止め時小説『悪医」に読む、終末期の治療の止め時 私に死ねと言うんですか 現役の医師であり作家でもある久坂部羊氏の『悪医』は、末期がん患者に「もう治療法はありません」と言わなければならない医師の悩む姿と、言われた患者の […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です