スポンサーリンク

ガン治療の名医100人【部位別完全リスト】

LINEで送る
Pocket

現代ビジネスに『ガン治療の名医100人【部位別完全リスト】?この人でダメなら仕方ない』の企画が載っています。

東大病院を辞めたから言える「がん」の話 (PHP新書)
ま、この手の企画の信憑性はイマイチだとは思いますが、やはり気になります。大場大医師の『東大病院を辞めたから言える「がん」の話』にも、ある病院が、数百万円を渡して病院ランキングに載せてもらったという話が書かれています。

今回の企画は病院ではなくて医師本人ですから、大学病院の勤務医の安い給与では大金を積むことは難しいはずで、その点、金で買ったランキングの可能性は低い。

ユニークなところでは、がん哲学外来の樋野興夫医師、すばるクリニックの伊丹仁朗医師、平岩正樹医師、このブログでも何度か取り上げている、原発の放射線影響に警鐘を鳴らしてきた北海道がんセンター名誉院長の西尾正道医師らがいます。私がセカンドオピニオンを受けたUASオンコロジーセンターの植松稔医師も。

腫瘍内科医では勝俣範之医師、パンキャンの活動にもよく参加している奥坂拓士医師。

私の主治医であり、手術をしてくださったがん研有明病院 肝胆膵外科部長の齋浦明夫先生の名もありました。

膵臓がんが専門。日本屈指の外科医で、「若き神の手」と呼ばれる。難易度の高い手術に日々取り組む努力家。

との紹介でした。

私の膵臓がんが再発・転移もしていないで8年を迎えられたのは、齋浦先生の術式がすばらしかったことが最大の要因だと思って感謝しています。今年の診察でこんなことも言っていました。

がん研で膵臓がんの手術をした患者では、6年目に再発した方が一人いるが、その後はいません。あなたは8年目だから、まず大丈夫だと思いますよ。

ご自身の術式に絶対の自信を持っている印象を受けました。

齋浦先生、いつも笑顔で患者にも丁寧な説明を心がけています。そのせいもあり、診察が予定通りに始まることは稀で、1~2時間遅れは普通でした。超多忙なためか、いつも数カ所のひげを剃り残して、色白でハンサムな顔に黒い毛が目立ちます。

しかし、なんで最後に済陽高穂の名があるんだろ? いい企画だと思ったが、唯一の汚点だなぁ。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 米国対がん協会『がんになってからの食事と運動』(2)米国対がん協会『がんになってからの食事と運動』(2) 『「がん」になってからの食事と運動』には、オメガ-3サプリメントについて次のように書かれています。膵臓がんの場合は、オメガ-3系脂肪酸サプリメントが、短期の体重、日常生活動作など […]
  • がん研有明 手術8割減へがん研有明 手術8割減へ がん研有明病院で、手術に係る看護師が新型コロナウイルスに感染したことがわかって、医師や看護師など110人が自宅待機。 手術も8割減となるって。日曜日も手術すると先日 […]
  • 膵臓がん長期生存患者となるためには膵臓がん長期生存患者となるためには 膵臓がん長期生存患者にはネオアンチゲンとそれに反応するリンパ球が多い 中村祐輔先生のブログに表題の記事があがっています。 ネオアンチゲンや専門用語が多いので、すんなり […]
  • 「クローズアップ現代」みました。「クローズアップ現代」みました。 「クローズアップ現代」の『実現するか "夢"のがんワクチン』を見ました。パンキャンジャパンが出てくるのかと思っていたら、アメリカのパンキャン本部、それにジョン […]
  • おかえり、寅さんおかえり、寅さん 川崎チネチッタで『おかえり、寅さん』を観てきました。 満男も後藤久美子の演じるイズミも、みんな上手に歳をとったなぁ。一方でおいちゃん、おばちゃんをはじめ、歴代のマドンナの何人か […]
  • がんと心、サイコオンコロジーがんと心、サイコオンコロジー がんの”種子”を作り出す精神的要因が特定されたことはない。しかし、心理的なストレスはがんが成長するのに好ましい土壌に大きな影響を与えているだろう。少なくともがん細胞の成長を促す可 […]
  • 最近、あなた笑えてますか 樋口強さんが肺がんを告知されたのが1996年、43歳の時。膵がんに負けず劣らずの最強といわれる肺小細胞がんである。3年生存率5%、5年生存率・・・・データがない。13年経った […]
  • がん研究センターの英断と民間調査委員会の胡散臭さ 『患者必携 […]
LINEで送る
Pocket

ガン治療の名医100人【部位別完全リスト】” に対して5件のコメントがあります。

  1. 松沢 久 より:

    こんばんは
    昨日、一人で病院へ行き、妻にも相談せずに先生にお願いしてしまいました。キノシタ氏に影響を受けたのかな、と思います。
    本文公開構いません。名前だけHMで公開して下さい。

  2. キノシタ より:

    松沢さん。
    すばらしいクリスマスプレゼントですね。
    私もブログを続けてきた甲斐があります。
    コメント欄では目立たないので、是非本文で紹介させてください。

  3. 松沢 久 より:

    お疲れ様です。
    今回のキノシタ氏の投稿を拝見して、がん研有明病院のセカンドオピニオン外来を受けました。運よく齋浦先生とお会い出来ました。現在通院している大学病院では、私の膵癌手術は出来ないという事で、はっきり言って駄目で元々という思いでしたが、お話しを聴くと手術可能との事で、何かひとつトンネルの出口が見えた様に思いました。本当に出口を抜けられるのは何年もかかるのでしょうが、この機会を幸運と捉えて治療を受けるつもりです。関西在住ですが頑張ってみます。
    情報ありがとうございました。

  4. キノシタ より:

    松沢さん。
    こちらこそよろしくお願いします。

  5. 松沢 久 より:

    いつも新しい情報提供していただき、ありがとうございます。
    今後もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です