ガン治療の名医100人【部位別完全リスト】

スポンサーリンク
【日 時】2020年3月15日(日) 13:00~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:佐藤典宏先生「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら

1月25日(土)6:00から申込み受付を始めます。

LINEで送る
Pocket

現代ビジネスに『ガン治療の名医100人【部位別完全リスト】?この人でダメなら仕方ない』の企画が載っています。

東大病院を辞めたから言える「がん」の話 (PHP新書)
ま、この手の企画の信憑性はイマイチだとは思いますが、やはり気になります。大場大医師の『東大病院を辞めたから言える「がん」の話』にも、ある病院が、数百万円を渡して病院ランキングに載せてもらったという話が書かれています。

今回の企画は病院ではなくて医師本人ですから、大学病院の勤務医の安い給与では大金を積むことは難しいはずで、その点、金で買ったランキングの可能性は低い。

ユニークなところでは、がん哲学外来の樋野興夫医師、すばるクリニックの伊丹仁朗医師、平岩正樹医師、このブログでも何度か取り上げている、原発の放射線影響に警鐘を鳴らしてきた北海道がんセンター名誉院長の西尾正道医師らがいます。私がセカンドオピニオンを受けたUASオンコロジーセンターの植松稔医師も。

腫瘍内科医では勝俣範之医師、パンキャンの活動にもよく参加している奥坂拓士医師。

私の主治医であり、手術をしてくださったがん研有明病院 肝胆膵外科部長の齋浦明夫先生の名もありました。

膵臓がんが専門。日本屈指の外科医で、「若き神の手」と呼ばれる。難易度の高い手術に日々取り組む努力家。

との紹介でした。

私の膵臓がんが再発・転移もしていないで8年を迎えられたのは、齋浦先生の術式がすばらしかったことが最大の要因だと思って感謝しています。今年の診察でこんなことも言っていました。

がん研で膵臓がんの手術をした患者では、6年目に再発した方が一人いるが、その後はいません。あなたは8年目だから、まず大丈夫だと思いますよ。

ご自身の術式に絶対の自信を持っている印象を受けました。

齋浦先生、いつも笑顔で患者にも丁寧な説明を心がけています。そのせいもあり、診察が予定通りに始まることは稀で、1~2時間遅れは普通でした。超多忙なためか、いつも数カ所のひげを剃り残して、色白でハンサムな顔に黒い毛が目立ちます。

しかし、なんで最後に済陽高穂の名があるんだろ? いい企画だと思ったが、唯一の汚点だなぁ。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • がんの名医が選ぶ「私が診てもらいたいがんの名医」50人がんの名医が選ぶ「私が診てもらいたいがんの名医」50人 本日付で現代ビジネスに『がんの名医が選ぶ「私が診てもらいたいがんの名医」50人』の記事が載っています。がんの専門家として何千件も症例を診てきた医師が、何の因果か、同じ病に倒れる […]
  • 第4のがん治療法への期待、CU制度の構築を第4のがん治療法への期待、CU制度の構築を DP2 Merrill F3.5 1/1250秒 ISO200 以前に紹介した『がんペプチドワクチン療法 第4のがん治療法への期待 (第4のがん治療法への期待 第 […]
  • 四万十のゲリラ医者四万十のゲリラ医者 岩間四万十茶屋から見た岩間沈下橋 先週四万十に行った折りに、立ち寄ったところが2カ所ある。 大野内科は、赤鉄橋の橋のたもと、トンボ公園に向かう途中にあった。(両方の看板が見えま […]
  • 医者にかからないのは、良い医者にかかったのと同じ医者にかからないのは、良い医者にかかったのと同じ DP2 Merrill F9.0 1/400秒 […]
  • 近藤誠氏の「がんもどき」を考える 近藤誠氏の近著『あなたの癌は、がんもどき』では、がんもどき理論から得た結論として、第10章の最後に次のように書いている。  私自身も、死を意識する年齢になり、何で死ぬのがい […]
  • 【必聴】死を前にして人は何を思うのだろう?【必聴】死を前にして人は何を思うのだろう? 転移したがんの多くは標準治療では治らない。抗がん剤治療も、生活の質(QOL)の維持と延命効果を期待して投与される。しかし、中には例外的に治癒あるいはがんとの共存が長く続く患者がい […]
  • がんと炎症(CRP値)がんと炎症(CRP値) がん患者が血液検査をすると、CRPが高くなることがあります。 「C反応性蛋白(CRP)」は、細胞組織に傷がついたり、臓器や粘膜が炎症したときに、体が防衛反応として発 […]
  • 『今あるがんを眠らせておく治療』『今あるがんを眠らせておく治療』 今日は私の62歳の誕生日。3年前に癌研に入院した日でもあります。一週間遅れの父の日も重ねて、昨夜は家族で祝ってくれました。娘からは山崎の12年を2本。少し飲み過ぎで食べ過ぎだった […]
LINEで送る
Pocket

ガン治療の名医100人【部位別完全リスト】” に対して1件のコメントがあります。

  1. 松沢 久 より:

    こんばんは
    昨日、一人で病院へ行き、妻にも相談せずに先生にお願いしてしまいました。キノシタ氏に影響を受けたのかな、と思います。
    本文公開構いません。名前だけHMで公開して下さい。

  2. キノシタ より:

    松沢さん。
    すばらしいクリスマスプレゼントですね。
    私もブログを続けてきた甲斐があります。
    コメント欄では目立たないので、是非本文で紹介させてください。

  3. 松沢 久 より:

    お疲れ様です。
    今回のキノシタ氏の投稿を拝見して、がん研有明病院のセカンドオピニオン外来を受けました。運よく齋浦先生とお会い出来ました。現在通院している大学病院では、私の膵癌手術は出来ないという事で、はっきり言って駄目で元々という思いでしたが、お話しを聴くと手術可能との事で、何かひとつトンネルの出口が見えた様に思いました。本当に出口を抜けられるのは何年もかかるのでしょうが、この機会を幸運と捉えて治療を受けるつもりです。関西在住ですが頑張ってみます。
    情報ありがとうございました。

  4. キノシタ より:

    松沢さん。
    こちらこそよろしくお願いします。

  5. 松沢 久 より:

    いつも新しい情報提供していただき、ありがとうございます。
    今後もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です