スポンサーリンク

がん患者に多い血栓症対策

LINEで送る
Pocket

がん患者は血栓塞栓症になりやすい

がんになると全身の血液が固まりやすくなることが知られています。主に腺がんから分泌される粘性物質のムチンや、腫瘍細胞から分泌される組織因子、免疫システムの細胞から分泌されるサイトカインなど、さまざまな物質が血小板、血管内皮などに作用して凝固能亢進状態=血栓塞栓症が起こると考えられています。さらに、臥床や感染症、手術や薬剤も、がん患者における血栓症発症に関与していると考えられています。

エコノミークラス症候群ともいわれていますし、医療分野ではトルソー症候群として知られています。

凝固能が亢進しているがん患者さんでは、脳梗塞のほかに静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症、肺血栓塞栓症)も起こしやすいことが知られています。抗がん剤によって発症する脳梗塞にも注意が必要です。高齢者では、動脈硬化が進んでいる状態に加えて、抗がん剤の影響で食事ができず、十分な栄養や水分を取ることができなくなったりすると、二次的に脳梗塞を発症しやすくなります。

がん患者の死因の第2位が血栓塞栓症による

がん患者における血栓塞栓症の発症頻度は約11%であり、がん患者の9%は血栓塞栓症で亡くなっており、悪性腫瘍と診断された患者では死因の第2位にあげられます。

がんの原発部位ごとの静脈血栓塞栓症の発症割合

がん患者には、対凝固療法としてワルファリンなどが投与されるが、この治療による出血率は、がん患者群で25.3%,非がん患者群で9.9%であり、がん患者では出血を合併する割合も高いくなっているので注意が必要である。

有効な対策

エコノミークラス症候群ともいわれているように、長い時間を同じ姿勢で座っていると発症しやすい。がん患者が長時間のデスクワークをする場合は、2時間おきにスクワットなどの軽い運動をするよう通い。

水分が不足すると血液が凝固しやすいので、少量の水分を頻繁に摂るようにするとよい。

お薦めは、緑茶やコーヒーである。これらにはカテキンやポリフェノールが含まれているので、抗がん作用も期待でき、一石二鳥である。

京セラのお茶ミルで挽く深蒸し茶は、味も香りもよろしくて、茶葉の全てを吸収できる。また、茶葉も少量で良いので経済的である。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • がんと自己組織化臨界現象 (1)がんと自己組織化臨界現象 (1) これまでに何度か複雑系について書いてきました。門外漢の私が、しかもがん患者がどうして複雑系という数理科学に関心を持つようになったのか。ひと言で言えば「がんは複雑系だから」というこ […]
  • 今日の一冊(150)『免疫の守護者 制御性T細胞とはなにか』今日の一冊(150)『免疫の守護者 制御性T細胞とはなにか』 制御性T細胞は免疫の守護者 内容紹介 私たちの免疫系は、なぜ自己の細胞や抗原に対して反応しないのか? […]
  • 低コレステロールはがん死を増加させる低コレステロールはがん死を増加させる 本当に暑いです。熱中症を心配しながらウォーキングする季節になりました。ま、あまり無理せずに気温の高い日にはウォーキングは休むことにします。 少し古い本ですが、大櫛陽一さんの『 […]
  • メトホルミンは膵臓がんに効くか?メトホルミンは膵臓がんに効くか? 少し前ですが、長尾和宏先生にブログに「メトホルミンと膵臓がん」との記事がありました。 ある大病院の「まだ表には出せない」という研究では、術後、メトホルミンを投与 […]
  • プラシーボ効果は体内の「製薬工場」プラシーボ効果は体内の「製薬工場」 プラシーボ効果(プラセボ効果)とは、偽薬効果とも呼ばれており、本来は薬効として効く成分のない薬(偽薬)を投与したにもかかわらず、病気が快方に向かったり治癒することを意味します。 […]
  • SPEEDI(環境防災Nネット)SPEEDI(環境防災Nネット) 緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)といういかめしい名前のシステムが立ち上がっているはずだと検索したのですが、「環境防災Nネット」として存在していました。 […]
  • 競馬予想とがん治療競馬予想とがん治療 競馬は先週で最後と書いたのですが、JRA-VANの無料試用期間がまだ残っているようだったので、今日の安田記念に挑戦してみました。 1着10番モズアスコット、2着4番 […]
  • 腹膜播種でもあきらめない!腹膜播種でもあきらめない! 腹膜播種を伴う悪性疾患に対する通常の治療法(抗がん剤治療や姑息的手術)の生存率は非常に悪いことが知られていますが、適切な症例を選択したうえで播種病変を切除する腹膜切除術と温熱化学 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です