スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第11回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年10月10日(日) 13:00~15:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】無料
【定 員】30名
【内 容】患者さん同士の交流会のみの開催です。迷っていること、気になることなど、同じ病気の仲間と気軽におしゃべりしましょう。

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

今日の一冊(134)『お茶の科学』

お茶には強力な抗酸化作用があることが知られています。抗酸化作用によってがん細胞を死滅させることができます。

このブログでは何度もお茶とカテキンについて書いてきました。

今日は、「お茶博士」と言われている大妻女子大学名誉教授で、大妻女子大学「お茶大学」校長である大森正司氏の『お茶の科学』です。大森正司氏は「ギャバロン茶」の開発者でもあります。

抗がん作用を期待してお茶を飲み続けるには、美味しく淹れることが大切です。美味しくなければ続きません。

お茶の本当の美味しさを知る。

「お茶のフルコース」として、お茶の美味しい淹れ方を冒頭に紹介しています。

  • 緑茶の茶葉10g(ティースプーン5杯)を急須に入れる
  • 冷蔵庫で冷やした水を約100cc入れ、15分待つ
  • 水出しのお茶の出来上がり。甘みと旨味が凝縮した玉露のようなお茶になる。
  • 次に急須に40~50℃のぬるま湯を100cc入れ、1分待つ
  • 少し渋みの加わった爽やかな味になる
  • 残った茶殻に熱湯を注いで1分で濾し分ける
  • 少しの苦味の加わった違った味が楽しめる

本文にはお茶の種類ごとに美味しい淹れ方も解説されています。

お茶の起源や種類など、知らなかったことがたくさんありました。お茶の起源は中国雲南省の奥地、ミャンマー、ラオス、タイとの国境付近、いわゆる黄金の三角地帯であろうと言われており、20年前に雲南省では樹齢3500年の「香竹菁(しゃんつーちん)大茶樹」が発見されました。

香竹菁大茶樹
スポンサーリンク

このような知識を持ってお茶を楽しむのもまた格別です。

お茶の抗がん作用

緑茶は「栄養の宝庫」といわれるほど、さまざまな成分を含んでいます。含有量は微量でも、一杯のお茶から数多くの成分を一度に吸収でき、成分同士の相乗作用によっても高い健康効果を期待できます。

カテキン・テアニン・カフェインは、「渋み、うま味、苦味」の3要素であり、特にカテキンは強力な抗酸化作用で生活習慣病やがんを予防する効果が認められています。

カテキンには多くの種類がありますが、中でもエピガロカテキンガレート(EGCG)はビタミンEの20倍、ビタミンCの80倍の抗酸化作用があります。

インフルエンザの予防にも効果があります。鼻や喉の粘膜細胞にインフルエンザウイルスが付着して増殖することによって感染しますが、ウイルスはスパイクと呼ばれる表面突起で粘膜細胞と結合します。カテキンはその構造の中にOH基をたくさん含んでおり、これがこのスパイクを被覆してウイルスと粘膜細胞の結合を阻止するのです。

10倍ほどに薄めたお茶や紅茶でうがいをすることが、インフルエンザの予防には効果的です。

カテキンの滞留時間

カテキンは私たちの体にとっては「異物」です。血液に入ったカテキンが腎臓にくると、グルクロン酸と結合してグルクロン酸抱合体になりすぐに排出されてしまいます。

カテキンの摂取後、体内に留まる時間は3~4時間です。そのため、カテキンの健康効果の恩恵を受けるためには、毎日お茶をこまめに飲むことが肝心です。

私のお茶

私も、膵臓がんの術後すぐにカテキンの抗がん作用に注目して、毎日お茶を飲んでいます。お茶は静岡の深蒸し茶、これをお茶ミルで挽いています。

夏は冷茶、それ以外は熱いお茶です。深蒸し茶はカテキンの含有量も緑茶よりは多く、茶葉が細かいのでお茶ミルで挽くには最適です。100gが1000円程度のお茶でも、こうして美味しくいただくことができます。

今一番気に入っているお茶は、こちらの「茜富士」です。お安く飲むのなら「錦富士」ですかね。

単品購入ならこちらから

  1. 【送料無料】道場六三郎監修 深蒸し煎茶錦富士
  2. 【メール便送料無料】道場六三郎監修 深蒸し煎茶 茜富士

京セラのお茶ミルは、一度買っておけば10年以上は使えます。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • がん患者とサプリメントがん患者とサプリメント 厚生労働省の研究班の実態調査によると、がん患者の45%が健康食品を含む補完代替医療を利用していて、その96%を健康食品が占めているそうです。1人あたり平均月5万7 […]
  • 今日の一冊(102)「糖尿病と膵臓がん」長尾和宏今日の一冊(102)「糖尿病と膵臓がん」長尾和宏 膵臓に関心がない糖尿病専門医 「20年間も大病院の糖尿病専門外来に通っていたのに、気づいたら膵臓がんの末期でした」とか、「糖尿病の治療はずっと続けていたけれど、膵臓の検査を […]
  • 術後24時間経った術後24時間経った 脊柱管狭窄症の手術が終わり、動けば傷口が少し痛いけど、徐々に治まってくるらしい。狭窄で圧迫されていた神経は、少し圧迫が少なくなったのか、手足のしびれ感がなくなったような気がします […]
  • 患者会に参加することで生存率が高まる患者会に参加することで生存率が高まる 「患者会」あるいはオフ会に参加することはどのような効果があるのか、考えてみます。もちろん、同じ膵臓がん患者として、どのような治療法をやっているのか、副作用対策はなど、これ […]
  • 膵臓がんのオリゴメタ(少数転移)膵臓がんのオリゴメタ(少数転移) オリゴメタとは がんが他の臓器に転移をしている場合、仮に転移した腫瘍を手術で切除したとしても、すでにがん細胞が全身に回っているため、次から次へともぐらたたきのように新しい転移巣 […]
  • 今日の一冊(55)帚木蓬生『受難 』 実験の計画やデータ整理があり多忙なのに、ついつい読みふけってしまいました。 帚木蓬生は『三度の海峡』以来、ほとんどの作品を読んでいます。今回の『受難』もまた、朝鮮を […]
  • 映画「あなたへ」を観て映画「あなたへ」を観て DP2 Merrill F9.0 1/500秒 ISO200 映画「あなたへ」を観た。 刑務所の指導技官 […]
  • 「がん免疫治療薬」が効く人、効かない人を予測「がん免疫治療薬」が効く人、効かない人を予測 ヨミドクターの記事ですけども、この内容の国立がん研究センターの発表は昨年の9月ですよね。既に承知の方も多いとは思いますが、読売新聞に掲載されたということで改めて紹介して […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です