スポンサーリンク

やっと退院

LINEで送る
Pocket

2度目の手術・入院からやっと退院しました。

「脊柱管狭窄症の手術なんて、膵臓がんに比べたらかすり傷」と考えていたのですが、傷口から黄色ブドウ球菌に感染し、39度の熱に、炎症反応を示すCRPが9.3mg/dL(基準値は0.3以下)にもなっていました。

診断で緊急オペとなり、30分後には手術室に入りました。手術は1時間ほど、部分麻酔でしたが、元の傷口をすべて開けて洗浄しました。

脊髄の手術は舐めたらいきませんね。神経にまで菌が入れば、あやうく下半身不随になるところでした。

二日目には外出許可も出て、カメラ散歩三昧。「元気すぎる患者」と言われてました。しかし、傷口はまだ痛いし、貼ってあるテープが痒い。

主治医も慎重になって、15日間の入院となりましたが、体力を維持するためにも毎日2時間は歩いていました。

これから暑くなるけど、汗をかいたら傷口を綺麗にして、再び感染しないように気をつけます。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 定期検査6年目定期検査6年目 がん研の庭から がん研での定期検査でした。腫瘍マーカーのCEA、CA19-9はともに正常値内。HbA1cも6.4(NGSP)と前回の6.8より改善。肝機能も […]
  • 静けさと平和を得るためには静けさと平和を得るためには 老子 […]
  • 長生きするのは善なのか?長生きするのは善なのか? 高倉健さんに続いて菅原文太さんが亡くなった。高倉健さんは83歳、菅原文太さんは81歳であった。そして、悪性リンパ腫と転移性肝がんという、二人ともがんでお亡くなりになった。妻の菅原 […]
  • 心が免疫系に与える影響(2)心が免疫系に与える影響(2) ライト氏の事例に続いて、もうひとつの驚異的回復の例です。これは免疫細胞療法(LAK療法)の開発者であるローゼンバーグ博士(米国国立がん研究所所長)が自伝的著書『ガンの神秘の扉をひ […]
  • 「一日一万歩」は健康に悪い!「一日一万歩」は健康に悪い! よく一日一万歩歩け、と言いますが、かえって健康にはよくないという説があります。 「1日1万歩で健康になる」は大きなウソだった 東京都健康長寿医療センター研 […]
  • 今日の一冊(41)『がんとともに、自分らしく生きる』 ブログを書いている膵臓がんの方にも、強烈な副作用に耐えて抗がん剤を続けている方もいる。自分の価値観に従って、抗がん剤はしないという選択をした方もいる。抗がん剤は続けるけど、副 […]
  • 保安院が認める 福島第一は地震で配管損傷保安院が認める 福島第一は地震で配管損傷 今朝の東京新聞「こちら特報部」が衝撃的な記事を掲載しています。これまで脱原発派の技術者、田中三彦・後藤政志らが主張してきた、福島第一原発は津波の到達前に地震で重要な配管が損傷し、 […]
  • 今日の一冊(76)『マチネの終わりに』今日の一冊(76)『マチネの終わりに』 恋愛小説はそれとして、平野のクラシック音楽に関する描写力には驚いた。音楽を文字で表現するのは難しい。どうしてもありきたりの、使い古された表現になってしまう。恩田陸の『蜂蜜と遠雷』 […]
LINEで送る
Pocket

やっと退院” に対して2件のコメントがあります。

  1. せい より:

    2度目の手術・入院をされていたのですね。
    お疲れ様でした。退院おめでとうございます。

    以前、膵癌闘病中の母と就活中の自分を
    報告させていただいた者です。
    母は痛みはあるも生活リズムは一定しています。
    自分は希望職種とは別ですが来月から派遣の仕事が決まりました。

    今日のような暑い日は大変かと思いますが、
    体調お気をつけください。

    1. キノシタ より:

      せいさん。
      お母さまも安定した闘病を続けているようすで、新しいお仕事にも就かれたこと、おめでとうございます。
      インターネットの世界も日進月歩、ついていくのも並大抵ではありませんね。
      AIに参入したけれど、失敗する企業もちらほら出ているようです。

      人生、いろいろと困難もありますが、まぁ、努力していればなんとかなるものです。
      思い通りにはいかなくても、日々生きていかれることに幸せを感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です