スポンサーリンク

膵臓がんが切除可能かどうか。放射線科医で大きな違い

膵臓がんは手術ができるかどうかで、生存期間に大きな差が出ます。患者としては、手術できることに大きな期待を抱きます。

初期検査時の膵臓がんの局所切除可能性の正確な評価は、先行手術、術前補助療法、または緩和療法に際して、最も適切な管理戦略を決定するために重要です。

しかし、CT画像で切除可能かどうかを判定する放射線科医(レビューア)によって、その判断には大きな違いがあることが分かりました。

  • 評価された患者は110人(平均年齢、61歳±11人、男性60人)でした
  • 経験レベルの異なる8人の委員会認定放射線科医(経験豊富、6年以上、 n = 4;経験不足、1年生または2年生、n= 4)CT画像をレビュー
  • 癌を切除可能、境界線切除可能、または切除不能として分類した
  • すべてのレビューアから同じ切除可能性分類が与えられた患者はわずか30.0%(110人中33人)でした
  • 経験のあるレビューアは、経験の浅いレビューアよりもカテゴリの割り当てで高い一致を示しました

結論:経験豊富な放射線科医の間でさえ、膵臓がんの局所切除可能性割り当てにはかなりの観察者間変動が存在します。

手術はできませんと言われても諦めずに、CT画像データをもらってセカンドオピニオンを受けることが、治癒への可能性を広げることになります。

経験豊富な放射線科医に診てもらうのが良いが、医者を選べないのなら若い医者を避ける、放射線治療の経験が豊富な医療機関を選択するなどを考えた方が良さそうです。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 膵臓がんの生存率の改善膵臓がんの生存率の改善 Medical Noteに静岡県立静岡がんセンター 上坂克彦先生のインタビュー記事が載っています。 膵臓がんの生存率を大きく変える「JASPAC […]
  • チェロ仲間が膵臓がんサバイバーに 外は雪、東京は今年二度目の雪です。昨夜は3ヶ月ぶりのチェロのレッスンでした。少しがんばりすぎたのか、左の上腕筋が痛いです。曲はディズニー映画『アラジン』の「ホール・ニュー・ワール […]
  • 観ました「地球交響曲第7番」、霊性について がんになる前は、東京都写真美術館には良く足を運んだものでした。数々のすばらしい写真展を観てきましたが、しかしここしばらくは足が遠のいていました。『地球交響曲第7番』を鑑賞するため […]
  • デジタルオーディオの奥は深いデジタルオーディオの奥は深い パソコン内蔵のBlu-ray・DVDドライブが故障した。先月は外付けのNASディスクが不調になり交換したばかり。音楽CDをリッピングしようとしたら、まったく認識しなくなった。まだ […]
  • 「死」は種の生存と他者の「生」のためにある「死」は種の生存と他者の「生」のためにある 『遺伝子の夢』 帯に(利他的な遺伝子)と書いてある。ドーキンスの『利己的な遺伝子』はよく売れた本であるが、そのパクリか?と思って読み始めたが・・・。「人間は遺伝子を運ぶ舟 […]
  • 『膵臓がん患者と家族の集い』丸山ワクチン講演の報告『膵臓がん患者と家族の集い』丸山ワクチン講演の報告 丸山ワクチンは「古くて新しい免疫療法」として、最近その効果のある科学的な根拠などが研究をされております。丸山ワクチンは樹状細胞に働きかけて、がん細胞によって抑制された樹状細胞の攻 […]
  • オリゴメタ説なら転移したがんも治療できるオリゴメタ説なら転移したがんも治療できる オリゴメタ説(小数転移説)とは 標準治療によるがん治療では、転移が1ヵ所でもあったら全身に無数に転移しているという〝全身転移説〟をとっている。『がん情報サービス』でも、この立場 […]
  • 多摩川台公園のアジサイ多摩川台公園のアジサイ 昨日、アジサイの撮影に多摩川台公園のアジサイ園に行ってきました。 鎌倉を予定しているのだが、土日はひどい込みようだろうから行く気はしない。平日の都合の良い日は雨ばか […]

膵臓がんが切除可能かどうか。放射線科医で大きな違い” に対して2件のコメントがあります。

  1. みのさん より:

    木下さん
    自分の場合、全くこの通りでした。内科医は初診当初より手術は不能と告げましたし、後の医師間のレビューでも無理と判断され、家内には密かに余命は2ヶ月から3か月と告げられていました。
    しかし、当時、病院長であった外科医がレビューに反して手術を決断し、その結果7.5年超を再発もなく過ごせております。
    この勇気と腕のある外科医、その後の経過が良好な幸運に感謝しています。

    私の場合は、自分自身で他の手段を探したわけではありませんが、”医師の判断の揺れ”が生きるか死ぬかの岐路を分けたことは事実です。

    そこから、がん患者が”可能性を見つける努力を払う”のは、生き延びる手段を見つけ出すことにもつながることが学べるのではないかと思います。

    1. キノシタ より:

      みのさん。
      経験豊富な放射線科医に判断してもらうこと。
      セカンドオピニオンも考えてみることが大事でしょうね。
      諦めないで。
      みのさんは幸運でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です