スポンサーリンク

私の代替療法の選択基準:YouTubeにアップしました

LINEで送る
Pocket

代替医療のレベル階段

健康食品(サプリメント)よりも「心の平安」
健康食品を選択するなら、こんな基準で
統計的有意差=エビデンスがあるとはどういう意味か?

こんな話をYouTubeで動画にしています。

がんの食事療法の有効性をきちんとした科学的方法で評価することは難しい。薬の開発と違って、食事の有効性を証明したところで企業としての利益は見込めませんから、民間企業が食事を対象とした大規模な臨床試験を行うことはありえませんから、余計に難しいのです。

したがって現時点では、多くの食物や食事成分のがんに対する有効性は「統計的有意差がない」とされています。「統計的有意差がない」とはどういうことなのでしょうか。有意差のない代替療法は、有効ではないのでしょうか。

ずいぶん昔ですが、1978年New England Journal of Medicine (NEJM)に特別論文が掲載され、統計的な有意差がないために「Negative」とされた71編の臨床試験の結果のうち、点推定値と区間推定値で示すと、実は「Positive」な影響があったと思えるものが多数あることが分かったとし、βエラーを考慮することの重要性を強調しています。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • RCT・エビデンスはいつも信用できるか?RCT・エビデンスはいつも信用できるか? RCT(ランダム化比較試験)でなければエビデンス(科学的な根拠)ではないとか、エビデンス(科学的な根拠)がない治療は人体実験だとか、最近かしましいが、こんな記事がある。 「 […]
  • サバイバー5年生存率:1.3%に入るための治療法があるサバイバー5年生存率:1.3%に入るための治療法がある がんの治療法の選択は「ギャンブル」です。その治療法が、効果のあるのは49人なのか0人なのか、当たりくじが入った箱なのか、当たりくじのない、いかさまくじなのかを見極める知識が必要で […]
  • カテキンの薦めカテキンの薦め ライフライン21『がんの先進医療』の「食事と栄養」のページに、「緑茶でがん細胞の発生と成長を抑制する」というページがあり、半田えみ先生(医療法人社団 中成会 […]
  • 『がんの統合医療』(4) クルクミン『がんの統合医療』(4) クルクミン 『がんの統合医療』から、クルクミン(ウコン)に関する箇所を紹介します。クルクミンの有効性に関して、多くのエビデンスが揃ってきたようです。 […]
  • 腫瘍マーカーの試薬取り違え腫瘍マーカーの試薬取り違え 国立がん研究センター東病院で、4年間にわたって、腫瘍マーカーに使う試薬をよく似た名前のものと取り違えていたと、産経新聞が報道。 国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)の臨床検査 […]
  • 膵がん腹膜播種の形成をプラズマ活性乳酸リンゲル液で抑制-名大膵がん腹膜播種の形成をプラズマ活性乳酸リンゲル液で抑制-名大 膵がん腹膜播種治療の新たな治療戦略 膵がん腹膜播種の形成をプラズマ活性乳酸リンゲル液で抑制-名大 名古屋大学は11月21日、プラズマ活性乳酸リンゲル液が、膵がん腹膜播種治 […]
  • 腹膜播種でもあきらめない!腹膜播種でもあきらめない! 腹膜播種を伴う悪性疾患に対する通常の治療法(抗がん剤治療や姑息的手術)の生存率は非常に悪いことが知られていますが、適切な症例を選択したうえで播種病変を切除する腹膜切除術と温熱化学 […]
  • 暑いけど、バッテリー交換暑いけど、バッテリー交換 先日、車検でバッテリーが弱っていると指摘されました。前回の交換から4年半になるから、時期的にはそろそろですが、カーバッテリー寿命判定ユニット「LifeWINK」はLEDがときどき […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です