鹿児島大学病院:膵臓がん対象に、腫瘍溶解性ウイルスの医師主導治験


【日 時】2020年8月16日(日) 13:30~15:30(開場:13:15)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】無料
【定 員】 約50名
【内 容】ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

参加申込受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

鹿児島大学病院が、独自に開発を進めている腫瘍溶解性ウイルス「サバイビン反応性m−CRA−1」を用いた膵臓がんの医師主導治験を開始したと発表したよ。

腫瘍溶解性ウイルス(Oncolytic Virus)とは、がん細胞だけで増殖し、これを破壊するウイルスのことです。使われるウイルスは、風邪を引き起こす「アデノウイルス」や口唇ヘルペスの原因となる「単純ヘルペスウイルス」など。正常細胞では増殖しないよう遺伝子改変が施されており、正常細胞を傷つけることはありません。高い有効性と安全性を兼ね備える治療法として期待されています。

国内では第一三共やタカラバイオが開発中です。タカラバイオは昨年3月にメラノーマの適応で申請しています。

免疫チェックポイント阻害薬を凌ぐ革新的ながん免疫・遺伝子治療薬として期待が集まっています。

膵臓がんでの治験ですから、大いに期待したいものです。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 膵臓がんのWeb交流会、開催します!膵臓がんのWeb交流会、開催します! 二ヶ月ぶりですが、先日のアンケートを踏まえて『膵臓がん患者と家族の集い』のWeb交流会を開催します。 アンケートでは、オンラインでの開催を希望する声を多くいただきま […]
  • アンケートのお願いアンケートのお願い 新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。全国の感染者数は、東京都も大阪も愛知に福岡、1日の陽性患者数としては過去最高を更新し続けています。 東京都は一気に366 […]
  • 『膵臓がん患者と家族の集い』アンケートの結果『膵臓がん患者と家族の集い』アンケートの結果 コロナ禍でも「膵臓がんの集い」をどのようにして開催し、運営していったら良いのか、皆さんにお願いしたアンケートですが、19名の方からご意見をいただくことができました。 具体的 […]
  • AIを使って膵臓がんを早期発見AIを使って膵臓がんを早期発見 自覚症状がなく、見つけにくい膵臓がんですが、ステージ0やⅠで早期発見されれば、生存率は大きく向上します。 日本では「尾道方式」などの現場での工夫がされていますが、ア […]
  • 大豆食品で膵臓がんのリスクが上がる大豆食品で膵臓がんのリスクが上がる 国立がん研究センターなどの多目的コホート研究グループは、さまざまな食品とがんとの関連を研究し、発表しています。 中でも大豆食品に関しては、心血管疾患や一部のがんのリ […]
  • オニバイドは一次治療から使っても効果は同じで副作用は少ないオニバイドは一次治療から使っても効果は同じで副作用は少ない オニバイド(ナノリポソーム型イリノテカン製剤(nal-IRI)、一般名:イリノテカン塩酸塩水和物)が、がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な膵がんに対して承認され、使われ […]
  • 腹膜転移を有する膵がんに対する腹腔内投与併用療法腹膜転移を有する膵がんに対する腹腔内投与併用療法 「腹膜転移を有する膵がんに対する […]
  • AIで膵臓がんを分子レベルで見分けるAIで膵臓がんを分子レベルで見分ける ビッグデータ、AI・・・医療の分野も人工知能や機械学習が応用され、個別化医療がますます広がる様相になってきました。 機械学習の「教師なし学習」を使って、膵臓がんを分子レベル […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です