ウイルス療法の第3相試験に中止勧告

スポンサーリンク
【日 時】2020年3月15日(日) 13:00~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:佐藤典宏先生「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら

1月25日(土)6:00から申込み受付を始めます。

LINEで送る
Pocket

日経バイオテクによれば、フランスのウイルス治療薬の第3相試験が中止勧告を受けたそうです。

フランスTransgene社は、2019年8月2日、ウイルス療法であるPexa-Vec(JX-594)の肝臓癌に対するフェーズIII(PHOCUS試験)において、得られたデータの中間解析を行っていた独立データ監視委員会(IDMC)が、無益性の評価を完了したことを明らかにした。

効果が期待できず、中止勧告を受けてしまいました。

この治療法も2000年頃の開発初期には「夢の治療法」とマスコミでも取りあげられました。

遺伝子組み換え技術などを使って、がん細胞だけを破壊するウイルスを人工的に造り、患者に投与する治療方法です。

Wikipediaの「腫瘍溶解性ウイルス」の項によれば、「2014年7月時点で、少なくとも12種類のウイルスで臨床試験が実施されている」と記載されています。

しかし、

T-VECは、2015年12月(進行悪性黒色腫の治療薬として)最初に承認されたウイルスとなった。懐疑論者は、発表されなかった全生存期間(英語版)こそが最終的な判断の材料となることを理由に中間解析結果の臨床的妥当性について疑義を申し立てていた。

との見方もあり、実際に無憎悪生存期間の延長は証明できなかったのです。

日本では、東京大学医科学研究所附属病院 藤堂具紀教授らの研究グループが、第三世代のがん治療用ヘルペスウイルス G47Δ(ジーよんじゅうななデルタ)を用いた、膠芽腫(こうがしゅ、悪性脳腫瘍の一種)の患者を対象にした医師主導治験の第2相試験において、中間解析の結果、G47Δの高い治療効果を確認したので、患者登録を中止し、悪性神経膠腫を適応症としたG47Δの製造販売承認申請の準備を行っているとのこと。

フランスの対象は肝臓がんであり、日本は膠芽腫との違いはあるが、日本の場合は主要評価項目が1年生存期間であり、副次評価項目である5年生存率については、当然だが結果は出ていません。

すでに米国と欧州承認されている、がん溶解ウイルス製剤 (T-VEC)” タリモジーン・ラハーパレプベックは、悪性黒色腫(メラノーマ)の組織内に注射すると、がん細胞だけを破壊し、大きな腫瘍縮小効果があります。その意味ではとても良く効く薬です。

しかし、腫瘍が縮小=延命効果がある、とはならないのががん治療の世界です。

(T-VEC)も、無増悪生存期間(PFS)については統計学的有意差はなく(従って、全生存期間(OS)の延長効果も期待できない)という結果になっています。

その一方で「経済毒性」は顕著です。

「T-VEC+ヤーボイ」の一回の治療費は5600万円あまり、ヤーボイだけの治療費は1500万円ですから、T-VECの治療費は4000万円ということになります。

第2相試験で顕著な効果が認められても、第3相試験でだめになる臨床試験は掃いて捨てるほどあるという例です。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 新しいがん治療新しいがん治療 東京新聞って、朝日や読売に比べて医療記事が少ないのですが、本日の特集は「新しいがん治療」 CAR-T療法、光免疫療法、ウイルス療法の紹介でした。 CAR-T療 […]
  • 「先進医療」言葉の罠「先進医療」言葉の罠 重粒子線治療や陽子線治療、がんワクチン療法、リンパ球療法、多少点眼内レンズなどがこれに含まれています。 以前に膵臓がんの方で、手術ができる状態だったにもかかわらず、重粒子線 […]
  • 水虫の治療薬が胆道がん細胞の増殖を抑制水虫の治療薬が胆道がん細胞の増殖を抑制 慶應義塾大学の報道もまだ可能性の段階ですし、兵庫県西宮市の明和病院の園田医師らの臨床試験もまだ試験段階の治療法ですから、確かに効果があるとは断定できませんが、希望はありますね。水 […]
  • 今日の一冊(115)「免疫療法を超えるがん治療革命」今日の一冊(115)「免疫療法を超えるがん治療革命」 生きたがん細胞に過酸化水素(オキシドール)を注射して、リンパ球と同じ状態にしてやれば、放射線の効果がずっと続くのではないか。こう考えたのが小川恭弘医師でした。 ’06年にコータ […]
  • 「医師の闘病から読み解く がんを生きる新常識2」「医師の闘病から読み解く がんを生きる新常識2」 BSスーパープレミアム「医師の闘病から読み解く がんを生きる新常識2」の放送をみました。 がんになった6人の医師たちのがんと闘う極意。患者力、早期発見、笑いは魔法の […]
  • 抗がん剤の耐性を解除する記事の「まとめ」抗がん剤の耐性を解除する記事の「まとめ」   抗がん剤の耐性を解除する治療法について、何回か記事を書いてきましたが、それぞれの関連性や、要点をまとめてみました。 抗がん剤に耐性が付く […]
  • がん光免疫療法―消化器がんでも検討か? 東病院がん光免疫療法―消化器がんでも検討か? 東病院 小林久隆氏が開発したがん光免疫療法の治験が、がん研究センター東病院で進んでいます。この対象は、再発した頭頸部がんの患者を対象に、安全性を確認する試験です。 がん光免疫療法を […]
  • Eテレ:サイエンスZERO「生命維持の要 エクソソーム」Eテレ:サイエンスZERO「生命維持の要 エクソソーム」 今夜23時放送のEテレ、サイエンスZERO「生命維持の要 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です