スポンサーリンク

糖尿病患者:死因の1位はがん

LINEで送る
Pocket

糖尿病のクリニックに行くと、先生からは高血糖が続くと血管がもろくなって心血管障害が起こりやすくなるなどと言われます。

膵臓がんを治療している患者さんにも、血糖値管理を注意深くやっている方が多いことと思います。

糖尿病は膵臓がんのリスク要因だと言われますが、それだけではありません。逆の関係もありそうです。

死因の第1位はがん

糖尿病患者さんの死因の第1位はがんなんです。

少し古いですが日本糖尿病学会の調査では死因第1位は悪性新生物(がん)で38.3%、第2位には感染症17.0%、第3位になって初めて血管疾患14.9%が出てきます。

つまり糖尿病患者は「がんになりやすい」ということです。さらには「致命的になりやすい」とも言えます。

がんの中で最も多かったのは肺がんで、続いて肝臓がん、そして膵臓がんでした。ロールアップ

死因の変遷

糖尿病患者の死因の変遷は、悪性新生物(がん)の割合は1970年代から1990年代まで日本人一般、糖尿病患者とも上昇し続けていました。2001~10年では日本人一般で上昇が止まったのに対して、糖尿病患者ではさらなる上昇(38.3%)がみられています。

血管障害の割合は1970年代以降、日本人一般、糖尿病患者ともに低下しているが、低下の勾配は糖尿病患者の方が急峻でした。

海外でも同様で、イギリスでの調査によれば死因のの第1位としてがんが浮上してきたと報じられています。

英国・2001~18年の疫学的解析で判明

これまで糖尿病患者の主な死因は心血管疾患とされてきたが、近年は様相が異なり、がんが浮上していることが示された。

メディカル・トリビューン

膵臓がん患者さんにおいては血糖値管理には十分気を付けてはいると思いますが、膵臓がんの治療がうまくいっていたとしても、もしかすると二次がん、三次がんの可能性すらあるのかもしれません。

食事と運動

そうした事態を避けるためにも、バランスの良い食事と運動です。これはがんにも糖尿病にも効果のある方法です。結局、健康的な食事というのはがんにも糖尿病にも良いんですよね。

地中海食は癌にも良い

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ガンの患者学研究所 (5)ガンの患者学研究所 (5) 川竹氏は「ガン患研は事業収益を上げることに熱中しているのではないか」との疑問に、次のように答えています。 それでもなお、次のようにおっしゃる方もいます。「ガン患研は事業が多い。 […]
  • 『医者に殺されない47の心得』『医者に殺されない47の心得』 近藤誠氏の『医者に殺されない47の心得 […]
  • 「全ゲノム検査」に期待する「全ゲノム検査」に期待する 免疫チェックポイント阻害薬もCAR-T療法も、T細胞免疫の力を借りているわけですが、欠点としては腫瘍特異的ではないこと。つまりがん細胞にだけ攻撃をするのではないので、この点の研究 […]
  • 心と癌と量子力学の関係(3)心と癌と量子力学の関係(3) 沫雪(あわゆき)の中にたちたる三千大千世界(みちあふち)またその中に沫雪ぞ降る 良寛にこんな歌があります。三千大千世界を「みちあふち」と読ませ ていますが、三千大千世界とは、仏教 […]
  • 今日の一冊(149)『名僧たちは自らの死をどう受け入れたのか』今日の一冊(149)『名僧たちは自らの死をどう受け入れたのか』 死はやってくる 「死は受入れられない」。 釈迦が説く生老病死から人間は決して免れることができないのだから、たとえ悟りをひらいた名僧、高僧だって死は恐怖であるは […]
  • 未熟の晩鐘未熟の晩鐘 […]
  • 癌治療学会:膵がん治療の概観癌治療学会:膵がん治療の概観 切除不能膵癌の二次治療として、オニバイドが6年ぶりに承認され、膵臓がんの予後改善に期待されます。 コロナ禍のなか、第58回日本癌治療学会がハイブリッドで10月に開催 […]
  • カテキンが膵臓がん細胞の代謝を変えるカテキンが膵臓がん細胞の代謝を変える 緑茶に含まれるEGCG(没食子酸エピガロカテキン)と呼ばれるカテキンの一種が、がんと密接にかかわる酵素LDHDを阻害するのだという。それにより、膵臓がん細胞の代謝を変えることがわ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です