スポンサーリンク

白鶴からもでていた糖質ゼロの日本酒

LINEで送る
Pocket

出張から帰り、1週間ぶりの更新です。

晩秋の風も冷たくなり、世間は既にクリスマスツリーが飾られています。

こうなると、おでんで熱燗を一杯と、飲んべえは気がはやりますが、膵臓がほとんどない体には血糖値が心配。でも正月に向けて、おせちの友にも日本酒は欠かせません。

ところで、「おでん」の語源を調べてみました。

平安時代末期に中国より豆腐が伝来し、拍子木型に切った豆腐を串刺しにして焼いた料理が生まれた。その形が、田植えの時に田の神を祀り豊作を祈願する田楽の、白い袴をはき一本足の竹馬のような高足に乗って踊る田楽法師に似ているため「田楽」の名になったという。味噌田楽。

「おでん(御田)」は元々、「田楽」を意味する女房言葉である。田楽は室町時代に出現した料理で、種を串刺しにして焼いた「焼き田楽」のほか、種を茹でた「煮込み田楽」があった。江戸時代になって「おでん」は「煮込み田楽」を指すようになり、「田楽」は「焼き田楽」を指すようになった。

昨年までは月桂冠の糖質ゼロ日本酒を買っていましたが、今日スーパーに行くと白鶴からも糖質ゼロの酒がでていました。

20151122_161405

2リットルで998円と、月桂冠の1.8リットルよりも安い。

食後の血糖値を上げるのは糖質だけです。糖質を摂らなければ、急激な食後高血糖、いわゆるグルコース・スパイクは生じないので、糖尿病患者、膵臓がん患者にも優しいお酒です。

買ってきました。今日はこれで「一杯」です。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 「がんナビ」で紹介していただきました。「がんナビ」で紹介していただきました。 『膵臓がん患者と家族の集い』が「がんナビ」で紹介されています。 正直驚きました。私からは何の依頼もしていないからです。 佐藤先生は、ご存じのように、膵臓がん専門の外科医であり […]
  • ビタミンCビタミンC Linuxの開発者リーナル・トーバルズは、彼の父親がライナス・ポーリングの信奉者だったことから命名されたそうです。ポーリングは個人で二つのノーベル賞(化学賞、平和賞)を受けた数少 […]
  • 春が来た!春が来た! 暖かくなり、靖国神社の標本木もそろそろ開花するのでしょう。予報では21日となっているようで、今年は暖冬のために開花が遅れるのだとか。 ある程度の寒さと暖かさがないと、蕾が眼 […]
  • 新年の誓い10か条新年の誓い10か条 Evernoteのテンプレートに「新年の誓い10か条」というのがあったので、誓いをたててみた。 穆如清風(ぼくじょせいふう)とは、 『穆として清風の如し』と読む。『詩 […]
  • ノンアルコールビールも進化したものだノンアルコールビールも進化したものだ 大腸に18個のポリープが見つかり、先週二泊三日で入院をして切除してきました。 18個あるが、できれば一回ですましたという担当医の話に、私も同意しましたが、いざ内視鏡で切除を […]
  • トンデモ本 安保免疫学 (1)トンデモ本 安保免疫学 (1) 今後の癌との戦い方を考えています。 すい臓癌の5年生存率は5%ほど、手術が可能な場合はいくらかは生存率も良くはなるが、他の癌に比較するとやはり予後はあまり良くない。 であるならば […]
  • 国がネオアンチゲン療法の効果を認めた?国がネオアンチゲン療法の効果を認めた? この前の記事「医師の闘病から読み解く がんを生きる新常識2」にイチリキさんからコメントをいただいていますが、返信は長文になりそうなので、こちらに載せます。 イチリキさんのコ […]
  • 数ヵ月前の私は、私ではない数ヵ月前の私は、私ではない 福岡伸一の「もう牛を食べても安心か」(文春新書)には、ナチズムから逃れてアメリカに亡命したユダヤ人の生化学者シェーンハイマーによる水素の安定同位元素H-2を使ったねずみの […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です