スポンサーリンク

がんワクチンの話題

LINEで送る
Pocket

膵臓がんのペプチドワクチン「エルパモチド」の第三相臨床試験で有意差が出なかったことで、急速に期待感がしぼんでしまったがんペプチドワクチン。最近はその情報にもあまり接することがなくなっている。プレジデントOnLlineに『がんワクチンは個別型から汎用型へ』と題した記事が載り、最近の事情を紹介している。

がんワクチンは個別型から汎用型へ。決定版は「再生医療」か

現在でも、膵臓がんのワクチンは国内で2つ(OCV-C01とOCV-101)が、海外(ノルウェー)でTelovocの臨床試験が進んでいる。このうちOCV-C01とTelovocは第三相試験である。エルパモチドも胆道がんの臨床試験が進行中である。

Img_58

オンコセラピー社はエルパモチドと新たに開発したがん特有抗原「オンコアンチゲン」など複数の成分をブレンドした「カクテルワクチン」の臨床試験を進めている。膵臓がんを対象とした「OCV-C01」は第III相試験が進行中。昨年の中間解析では大きな副作用は認められず、安全性が確認されている。あとは朗報を待つばかりだ。

私としては、京都大学再生医科学研究所の河本教授らの、iPS細胞から大量の元気なT細胞を誘導するという研究に注目している。

理研、iPS細胞技術で同じがん抗原のT細胞を大量に分化誘導することに成功

免疫クリニックが自由診療で行っている、リンパ球を体外で増殖させる「活性化自己リンパ球療法」や樹状細胞に自身のがん細胞を体外で取り込ませる「樹状細胞療法」などがあるが、これらは科学的に効果があると証明されているものではない。

卵巣癌で亡くなった米原万里さんの『打ちのめされるようなすごい本 (文春文庫)』には「癌治療本を我が身を以て検証」という章があり、「活性化自己リンパ球療法」の体験談を辛らつに書いている。治療費は高いけどこの程度の効果である。担当した医師がリンパ球療法よりも手術を薦めるのは、ある意味では良心的とも言えるし、自信のなさの表れとも言えようか。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 瞑想で遺伝子のスイッチをオフにできる。 瞑想で遺伝子のスイッチをオフにできる。こんなことが近年科学的に実証されつつあります。 瞑想は遺伝子の表現型を変えると判明!炎症反応が抑えられるとの研究結果 ヨガ・メディテーシ […]
  • 門司港レトロ門司港レトロ 小倉での講演を終えて、翌日ぶらりと門司港へ。レトロな門司港駅の駅舎は工事中でその姿を見ることができなかった。 スライドギャラリー『レトロ門司港』 門司港には2005年 […]
  • 膵癌術後化学療法は、GEMからTS-1になるだろう膵癌術後化学療法は、GEMからTS-1になるだろう 久しぶりにDP1 Merrillで散歩。自販機の背景の絵は新潟県十日町市の美人林でしょうか? […]
  • 今日の一冊(54)『期待の膵臓癌治療─手術困難な癌をナノナイフで撃退する! 』今日の一冊(54)『期待の膵臓癌治療─手術困難な癌をナノナイフで撃退する! 』   久しぶりの「今日の一冊」ですが、まだ発売前の本です。膵臓がんへのナノナイフ手術の第一人者森安史典医師へのインタビューをまとめた本です。 森安史典( […]
  • 『科学』8月号 学校給食は10Bq/kg以下に『科学』8月号 学校給食は10Bq/kg以下に DP2 Merrill F5.0 1/80秒 ISO100 C-PL使用 ずっと変化のなかった体重が、62kgから64.5kgに、2.5kgも増加した。原因は? […]
  • 1ヶ月で追い出される緩和ケア病棟1ヶ月で追い出される緩和ケア病棟 先日の『膵臓がん患者と家族の集い』では大津秀一先生の講演がありましたが、たくさんの方から「役立った」「今必要な知識でした」という反響を頂いています。 講演が終わった […]
  • 雨上がりに咲く向日葵のように 「人はいつ死ぬかわからない」「与えられた時間は有限である」私はがんにそう学んだことで、がむしゃらに生きるのが正解だと思い、そう生きてきました。しかし、その結果、生き急ぐ毎日を送る […]
  • 糖質制限食のディベートー勝負あり 12月2日の「肥満とがん&糖質制限食」で紹介した第15回日本病態栄養学会年次学術集会(国立京都国際会館)でのディベートの報告が、江部先生のブログにアップされています。この学術集会 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です