静岡がんセンター:副作用対策の冊子を公開

スポンサーリンク
【日 時】2019年8月31日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:緩和ケア医 大津秀一先生「膵臓がんの緩和ケア~これだけはおさえておくこと~」(仮)
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
参加申込み受付中です。
LINEで送る
Pocket

静岡がんセンターが院内で使っている抗がん剤の副作用や対処法を説明した冊子を、全国のがん患者にも活用してもらおうと、2月21日に公開されました。

処方別がん薬物療法説明書【患者さん向け】← リンク先

静岡がんセンターで使用している、患者さんのためのがん薬物療法説明書をダウンロードできます。

病気の種類・使用する薬の組み合わせ別に、患者さんに知っておいてほしい内容を1冊にまとめました。患者さんからは「具体的に書いてあり、安心感につながった」などの声をいただいています。ぜひ参考にしてください。

ただし、本冊子はあくまで一般論として記載しています。他医療機関の患者さんのご利用にあたっては、患者さんの状態を一番把握している担当医の指示を優先してください。

ページを下にスクロールすると、がんの種類を選ぶことができます。

膵臓がんをクリックすると、

抗がん剤の組み合わせ別、使用する時期別に冊子がつくられています。

治療スケジュールや注意事項、副作用とその対処法だけでなく、医療者に報告する目安も書かれて1冊にまとめているので、患者にとっては使いやすい冊子になっています。

冊子を開くには、抗がん剤の種類が書かれているので、右にある「PDF」ファイルのマークをクリックして表示させます。

試しに、膵臓がんのFOLFIRINOXの冊子をダウンロードすると、例えば「しびれ対策」では、詳細にわかりやすく説明がされています。

対応方法も、具体的で、癌患者には役にたつ冊子です。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です