「膵臓がん患者と家族の集い」のご案内


10/23『膵臓がん患者と家族の集い』

【日 時】2022年10月23日(日) 14:00~17:00(開場:13:45)
【会場1】大田区産業プラザPiO 6階D会議室
【参加費】1,000円(会場1への参加者のみ)
【会場2】YouTubeでのオンライン同時配信:参加費は無料
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【定 員】合計 約 100名
【内 容】
第1部 講演:「膵臓がんから15年、治った理由」木下義高
第2部 患者さん同士の情報交換・交流会
リアル会場での参加とYouTube同時配信のハイブリッド開催となります。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

抗がん剤の副作用対策はどうする?

桜の便りもチラホラと聞こえてまいります。北国でも春が待ち遠しいことでしょう。

みなさん、がん治療は順調でしょうか。

『膵臓がん患者と家族の集い』でもよく質問されるのが、抗がん剤の副作用対策ですね。しびれ、吐き気、下痢。深刻な例も多いようです。

インターネットで抗がん剤副作用と検索すればたくさんの情報が出てきますが、玉石混交です。最も副作用は人によって様々で、重いものから軽いものまで。

対策も、ある人に効果があっても自分には全く効かないことなんかざらです。

まず最初は信頼のおける医療機関からの情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

ということで、私は静岡がんセンターのこちらのサイトをお勧めしております。

静岡がんセンターで使用している、患者さんのためのがん薬物療法説明書をダウンロードできます。

病気の種類・使用する薬の組み合わせ別に、患者さんに知っておいてほしい内容を1冊にまとめました。患者さんからは「具体的に書いてあり、安心感につながった」などの声をいただいています。ぜひ参考にしてください。

ただし、本冊子はあくまで一般論として記載しています。他医療機関の患者さんのご利用にあたっては、患者さんの状態を一番把握している担当医の指示を優先してください。

ページを下にスクロールすると、がんの種類を選ぶことができます。

「膵がん」をクリックすると、

薬剤ごと、術後補助療法・1次治療・2次治療以降などに分かれています。

「オニバイド+フルオロウラシル療法」もすでに追加で掲載されていますね。また、頻繁にバージョンアップをしています。

オニバイドの「処方別がん薬物療法説明書」

ご活用ください。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す