ビタミンDでがんの術後5年生存率が改善

スポンサーリンク
【日 時】2019年10月13日(日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:佐藤典宏先生「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」(仮)
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
10月9日(水)午前9時まで、参加申込み受付中
LINEで送る
Pocket

膵臓がん患者のコミュニティサイト「PanCafe」でビタミンDの話題が取りあげられています。

PanCafeの投稿

おーぐっちゃんが、神戸新聞の記事を紹介しています。

おーぐっちゃん さんのプロフィール写真

おーぐっちゃん が更新を投稿 2019年7月4日 12:48 PM

今日の神戸新聞朝刊に、ビタミンDのがん再発予防効果を臨床研究で示した慈恵医科大柏病院秋葉直志院長に、がん撲滅につながる優れた研究を顕彰する「後藤喜代子・ポールブルダリ科学賞」が授与されたとの記事が掲載されました。

非小細胞肺がん術後の155人をビタミンDサプリメント服用群とプラセボ服用群に分け、最長8年間の経過追跡をした結果、5年生存率に大きな有意差が認められたとの内容です。

「後藤喜代子・ポールブルダリ科学賞」は、フランス人ポール・ブルダリ氏が、肺癌で若くして他界した日本人の配偶者、後藤喜代子さんを偲び、癌(とりわけ肺癌)の撲滅を目指すべく、 日本人医学者の優秀な論文に対し顕彰を行うことをその事業目的と定め、国境を越えた夫婦愛の結晶の証として、平成24年3月14日に設立された財団です。

ビタミンDの臨床試験で5年生存率が改善

第7回(2018年度)「後藤喜代子・ポールブルダリ科学賞」を受賞したのは、慈恵医科大柏病院秋葉直志院長らが行った臨床試験です。

非小細胞肺がん患者155人を、手術後1年間、ビタミンDサプリメント(1,200 IU /日)を与えるグループとプラセボ群に分けて比較した無作為化二重盲検試験です。

再発および死亡はそれぞれ40人(28%)および24人(17%)の患者に発生した。全試験集団において、プラセボ群と比較してビタミンDに関して無再発生存期間(RFS)および全生存期間(OS)のいずれにおいても有意差は見られなかった。

しかしながら、分析を25(OH)Dが低い初期段階の腺癌を有するサブグループに限定することにより、ビタミンDグループはプラセボ群より、5年RFS(86%対50%、P= 0.04)およびOS(91%)が有意に優れていた対48%、P= 0.02)。

ビタミンDの血中濃度が低い患者に限れば、1日に1,200 IUのビタミンDサプリメントの摂取が5年生存率を改善するという内容です。

 ビタミンDの効果

近年、ビタミンDに関する科学的根拠(エビデンス)がどんどん出てきています。もちろん、効果がなかったという研究結果も同じようにあるのですが、だからこそ代替療法なわけです。


スポンサーリンク

ビタミンDに関する話題は、この記事の最後「このブログの関連記事」にまとめてあるので、興味のある方はご覧ください。

代替療法に関する私の考え方は、

  1. ヒトに関してある程度の科学的根拠(エビデンス)がある
  2. 重篤な副作用が無い
  3. 長く続けるためには、小遣い程度で購入でき高価でない

です。その意味では、ビタミンDは無視するには勿体ないものです。

ビタミンDは多くの食物に含まれているので、まずは食事から摂る。また、日光に当たることによって皮膚で産生されるので、肌を露出して1日15分以上は日光に当たることで充分な量のビタミンができます。

ただ、日本人の多くはビタミンD不足です。厚生労働省の推奨値は諸外国に比べて低すぎます。

外出の少ない方、冬場など太陽光線が少ない時期はサプリメントで補給することもよいでしょう。

私は1日1000IUのサプリメントを摂っています。おーぐっちゃんは、PanCafeへの投稿で、1日5000IUを摂っていると書かれています。

私はAmazonから購入しています。製造元は米国ですが、大塚製薬から販売されています。

ネイチャーメイド スーパービタミンD(1000I.U.) 90粒

合わせ買い対象品になっているので、EPA/DHA等と一緒に購入しています。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ビタミンDの新たなエビデンスビタミンDの新たなエビデンス 代替療法については、はっきりした結論が出るまでには肯定否定の両論が出るのが通常であり、だからこそ「代替療法」なわけですから、一喜一憂せずに患者としては次のように考えておけば良いで […]
  • ビタミンD不足は膵臓がんのリスクを高めるビタミンD不足は膵臓がんのリスクを高める 「日光の少ない地域では膵臓がんの発症リスクが高い」との研究があります。カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究です。 ステロイド生化学と分子生物学のジャーナルの4月3 […]
  • ビタミンDは、やはりがんに効果があったビタミンDは、やはりがんに効果があった このブログでもたびたび取りあげてきましたが、近年、ビタミンDの抗がん作用が、次々と明らかになっています。今回また、国立がん研究センターから、大規模なコホート(後ろ向き)研 […]
  • 今日の一冊(48)『ビタミンDは長寿ホルモン』 ビタミンDは長寿ホルモン―不足するとガン、脳、心血管病、糖尿病、関節症等を招くposted with ヨメレバ 斎藤 嘉美 ペガサス 2011-07  […]
  • 膵臓がんとビタミンD膵臓がんとビタミンD 昨年のMedエッジに『「暴れる膵臓がん」ビタミンDの刺激で治める』という記事がありました。 元になった論文は、2014年9月25日号の有力科学誌セル誌に掲載された「ビタミン […]
  • ビタミンDの必要量:国立環境研究所ビタミンDの必要量:国立環境研究所 8月30日付の毎日新聞に「ビタミンD不足:北日本は長時間の日光浴を」との記事が載りました。国立環境研究所の研究によれば、厚生労働省の基準で成人に最低限必要な1日5.5μgを日光浴 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です